« [No.684-2]意味のない行動 | トップページ | [No.685-2]同じ匂い »

[No.685-1]同じ匂い

No.685-1

登場人物
女性=牽引役  男性=相手
-----------------------------
香りで季節を感じる。
私の中では、小さい頃からの定番のひとつだった。

「今日さぁ、学校に来る途中に・・・」

色鮮やかな花々が咲き誇る、家の前を通った。

「知ってるよ、あの家だろ?」

友達が、窓の外を指差した。

「あっ!ここから見えるんだ」
「目立つからな」

確かに良い意味で、ひときわ異彩をはなっている。
遠くからでも赤や黄色がまぶしい。

「その家がどうした?」
「いい香りがするんだよね」

当たり前だが人工的ではない自然な花の香りがする。

「それが、なんとも言えなくて」

季節が変わるたびに香りも変わる。

「そう言われるとそうだよな」

その気がなくても、体が覚えているようだった。

「でしょ!」
「今朝もいい香りがしてたよな」

ただ、何の香りかまでは分からなかった。

(No.685-2へ続く)

|

« [No.684-2]意味のない行動 | トップページ | [No.685-2]同じ匂い »

(028)小説No.676~700」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.685-1]同じ匂い:

« [No.684-2]意味のない行動 | トップページ | [No.685-2]同じ匂い »