« [No.684-1]意味のない行動 | トップページ | [No.685-1]同じ匂い »

[No.684-2]意味のない行動

No.684-2

「友人と会わないときに」

電車を乗り継いで、遠くに出掛けた。
目的も目的地も決めていなかった。

「でも、海沿いの駅で降りることが多かったわ」
「それなら“海”が目的であり、目的地じゃん!」

確かにそうなる。
けど、そこに何があったのだろう・・・。

「何が?」
「うん、だからこそ“意味のない行動”なの」

特に何をするわけでもなく、ブラブラするだけだ。
心は上の空だった・・・それは今でも覚えている。

「ただ、海に惹かれるのは何となく分かるけどね」

ある意味、恋愛の聖地だ。
そこから恋が芽生えることもあれば、終わることもある。

「出会いを求めてた?」
「・・・どうだろう」

けど、それだと何だか表現がいやらしい。
心のすきまを埋めるために、男を漁っているように聞こえる。

「まぁ、行動には意味が無かったのかもしれないけど」
「成長するには意味があったんじゃない?」

その言葉通り、意味のない行動でも、意味があったと思いたい。
S684
(No.684完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
 ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

|

« [No.684-1]意味のない行動 | トップページ | [No.685-1]同じ匂い »

(028)小説No.676~700」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.684-2]意味のない行動:

« [No.684-1]意味のない行動 | トップページ | [No.685-1]同じ匂い »