« ホタル通信 No.281 | トップページ | [No.684-2]意味のない行動 »

[No.684-1]意味のない行動

No.684-1

登場人物
女性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
私が大学に在籍していたときの話だ。

「意味のない行動?」
「うん・・・帰省した時に」

地元を離れ一人暮らしをしながら大学に通っていた。

「地元の友人と遊ぶんだけど」

とは言え、大型連休ともなればそう毎日とは行かない。
友人は友人で用事がある。
私が知らない“友人”との用事が・・・。

「・・・それ分かる」
「ちょっと、切なくなるよね」

今でも親友であることに変わりはない。
けど、昔は私たちの間に入り込む者は居なかった。

「なんとも言えない気持ちになるのよね」

適切な言葉が見つからない。
それに、友人もそのまた友人も悪いわけではない。

「時が流れていることに、私が鈍感だっただけ」

私の時間だけが、昔のままだった。

「それより、意味のない行動って?」
「ごめん、ごめん、そうだったわね」

友人の言葉を借りれば“切なさの”穴埋めだったのかもしれない。
私の行動は・・・。

(No.684-2へ続く)

|

« ホタル通信 No.281 | トップページ | [No.684-2]意味のない行動 »

(028)小説No.676~700」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.684-1]意味のない行動:

« ホタル通信 No.281 | トップページ | [No.684-2]意味のない行動 »