« [No.682-1]超能力 | トップページ | [No.683-1]雪解け »

[No.682-2]超能力

No.682-2

「つまり、予知能力ってことね」

そうなると、次の車のナンバーに期待が掛かった。

「・・・でどうなったの?」

もちろん、次の車の予想をしようとした。

でも、友達に止められてしまった。

「どうして?」
「超能力だとしたら、余り力を使わない方が良いってことになって」

超能力にも限りがある・・・そんなことを友達が言い出した。

「・・・そうなの?」
「正直、分からないけど」

その時は、妙に納得できた。

「だから、3回目には挑戦しなかったんだ」

それもあって、自然とナンバー当てをしなくなって行った。

「いざと言う時に、その力をとっておけって」
「なんか、すごい展開になってたのね」

まるで、救世主かのような扱いだった。

「まぁ、中学生だからな」
「そうね・・・超能力とかUFOとかに興味がある年頃だもんね」

けど、今でも思うことがある。
あの時、挑戦していたらどうなっていたのか・・・と。
さすがに、3連続は偶然では片付けられない。

「じゃぁ・・・私たちの結婚記念日はいつになるのかしら?」
「その力を今、使ってよ」


僕は結婚記念日を当てることが出来た。
それもそのはずだ・・・そうなるように行動したからだ。
S682
(No.682完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
 ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

|

« [No.682-1]超能力 | トップページ | [No.683-1]雪解け »

(028)小説No.676~700」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.682-2]超能力:

« [No.682-1]超能力 | トップページ | [No.683-1]雪解け »