« ホタル通信 No.280 | トップページ | [No.682-2]超能力 »

[No.682-1]超能力

No.682-1

登場人物
男性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
「次は・・・5685!」

それは学校帰りの手軽な遊びだった。

「車のナンバー当て?」

春先は何かと学生時代の話に花が咲く。
いつも以上に彼らが“目立つ”からだ。

「うん、中学生の時、学校の帰りに友達と」

通り過ぎる車のナンバーを予想する。
そんなごくシンプルな遊びだった。

「でも、そう簡単には当たらない」
「そりゃそうよ、数学的に言えば」

たかが4桁の数字とは言え、当たらない。

「ところがさぁ・・・」

ある日、僕がナンバーを当てた。

「へぇ~すごいじゃん!」

もちろん、単に偶然と言うか、まぐれだ。
続けていればいずれ当たる・・・それだけに過ぎない。
ただ、この話には続きがあった。

「それで、調子に乗って、次の予想をしたら・・・」

これも当たってしまった。

「えっ!かなりの確立よ」

偶然以外の何物でもないことは承知している。
けど、2回も続くとなれば・・・。

「もう、大騒ぎになってさぁ」

僕に超能力でもあるんじゃないかと・・・。

(No.682-2へ続く)

|

« ホタル通信 No.280 | トップページ | [No.682-2]超能力 »

(028)小説No.676~700」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.682-1]超能力:

« ホタル通信 No.280 | トップページ | [No.682-2]超能力 »