« [No.678-2]言葉のちから | トップページ | [No.679-2]箱庭 »

[No.679-1]箱庭

No.679-1

登場人物
女性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
それは、箱庭と呼ぶのがためらわれる程の大きさだ。

「どれくらい?」
「・・・そうね」

スマホの写真と言葉だけでは伝わらない。
実際に目にしたスケール感を思い出す。

「幅は2メートルくらいで、高さは・・・それ以上かな?」

背の高い木も高さに入れるとそれくらいになる。

「結構な大きさよね?」
「うん、それが5つくらい展示してあったかな?」

話を戻せばそれはデパートのショーウィンドウの中にあった。
そのスペースを生かして、“小さな庭”が再現されていた。

「それぞれ、個性的でさぁ・・・」

リアルな庭ではなく、幻想的で何とも楽しげな庭だ。

「・・・この、白いのはなに?」
「あっ!これね」

色こそ違えども、雰囲気はカエルだ。
ただ、人間ぽく作ってある。

「私は、カエルの妖精だと思ってる」
「そう言われてみれば・・・」

この幻想的なスペースにこれ以上ないほどマッチしている。

「ほら、これなんか・・・」
「なにを話してるんだろうね!」

絶妙な表情と仕草がなんとも印象的だ。
どう見ても、楽しげに会話をしているとしか見えない。

(No.679-2へ続く)

|

« [No.678-2]言葉のちから | トップページ | [No.679-2]箱庭 »

(028)小説No.676~700」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.679-1]箱庭:

« [No.678-2]言葉のちから | トップページ | [No.679-2]箱庭 »