« [No.685-2]同じ匂い | トップページ | [No.686-1]謝恩会 »

ホタル通信 No.282

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.218 願いがかなったら
実話度:★★☆☆☆(40%)
語り手:女性

比較的、初期の話と言うこともあり、内容が散らかってい
る感が半端ないですね。

散らかっている感・・・言い換えれば狙い過ぎと言いましょ
うか、ナチュラル感がないので、読んでいると疲れます。
時々、「良いことを言うぞ!書くぞ!」的な発想が優先さ
れ、結果、何とも残念な作品が生まれることがあります。

さて、それでも実話度はそこそこ高めで、会話の主軸で
ある「信号に引っ掛からなかった話」は事実です。
それを珍しいこと→ホールインワンと結び付けてしまった
のが失敗だったのかもしれませんね。
ただ、それ自体、問題はなかったのでしょうが、後半、遠
回しに“もったいぶる”表現が増えたので、何を言わんと
しているか、作者でさえもよく分かりません。
それでも、よくよく読み返してみると、運を使い果たしたよ
うに見せかけて・・・からの告白成功!がオチみたいです
ね。自分で言うのもおかしいですが。

冒頭にも書きましたが、初期の頃は何でもかんでも恋愛
に結び付けよう・・・みたいな作風だったのは否めません。
今でも多少はそのなごりはありますが、昔ほど強烈では
なくなりました。これも時の流れなんでしょうか?
T282

web拍手 by FC2

| |

« [No.685-2]同じ匂い | トップページ | [No.686-1]謝恩会 »

(111)通信No.276~300」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.282:

« [No.685-2]同じ匂い | トップページ | [No.686-1]謝恩会 »