« [No.681-2]今年の始まり | トップページ | [No.682-1]超能力 »

ホタル通信 No.280

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.392 片目の子猫
実話度:★★★★★(100%)
語り手:男性

たまに、登場人物が自分だけというパターンの話があり
ます。独り言であったり、回想であったり・・・。

今回の話は、人間としては自分だけですが、猫という相
手が居ます。終始、このペアだけで話が進むパターンは
この小説以外ないのかもしれません。
通常はすぐに舞台を「会社に来る前にね」とか「昨日ね」
とかに変えて、そこから人間同士の会話を、スタートさせ
ています。
その意味では自分で言うのもなんですが、非常に珍しい
小説のひとつと言えます。

さて、小説上の牽引役は男性になっていますが、実話度
は100%なので、恒例ですが本当かどうかは秘密です。
100%実話ですから読んで頂いた通りです。かなり忠実
に再現したつもりです。
動物・・・特にケガをしていたり、弱っている動物を見かけ
た時、なにもできない自分がいることに気付きます。どん
なにきれいごとを言っても、結局、行動に移せない・・・そ
んな想いもこの小説には込められています。

野生の掟、弱肉強食と言ってしまえばそれまでなんです
が、少なくとも人間社会の一員である彼らに対して、そう
簡単に割り切れるものでもありません。
あの時、動き出したことに対して“色んな意味”でホッとし
た自分を、今でも覚えています。

最後になりますが、小説のラストの一行・・・ある女性と重
なったのも事実です。その女性とは「せいじゅうろうシリー
ズ」に登場する“菜緒(なお)”なんですよ。
T280

web拍手 by FC2

| |

« [No.681-2]今年の始まり | トップページ | [No.682-1]超能力 »

(111)通信No.276~300」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.280:

« [No.681-2]今年の始まり | トップページ | [No.682-1]超能力 »