« [No.679-2]箱庭 | トップページ | [No.680-1]巣立ち »

ホタル通信 No.279

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.221 同居
実話度:★★☆☆☆(40%)
語り手:男性

小説では、“自宅に戻る”ことが主軸になっていますが、
実際には戻ることはありませんでした。

一人暮らしをしていること、そして、一人暮らしを始めた
理由についてはオブラートに包んではいますが、ほぼ
小説通りです。
一人暮らしを始めた理由を知った時、かなり驚きました。
今までそのような人と接することがなかったからです。

なぜ、自宅に戻る話にしたのか・・・正直、覚えていない
のが本音です。
ただ、ひとつ言えるのは“戻りたがっていた”ように見え
たからです。言葉の端々にそれが表れていました。
でも、幼い頃の悪い記憶とでもいいましょうか・・・そう思
っても体はその通りには動いてくれません。

全体的には、決して明るい話ではありません。むしろ前
述した通り、オブラートに包まなければ、聞くに堪えない
話があるほど、かなりダークな一面を持っています。で
も、それをさらっと話してしまう・・・そんな女性でした。
それもあってラストは、無理がない程度にコミカルに終
わらせています。
T279

web拍手 by FC2

| |

« [No.679-2]箱庭 | トップページ | [No.680-1]巣立ち »

(111)通信No.276~300」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.279:

« [No.679-2]箱庭 | トップページ | [No.680-1]巣立ち »