« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

2016年4月

ホタル通信 No.282

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.218 願いがかなったら
実話度:★★☆☆☆(40%)
語り手:女性

比較的、初期の話と言うこともあり、内容が散らかってい
る感が半端ないですね。

散らかっている感・・・言い換えれば狙い過ぎと言いましょ
うか、ナチュラル感がないので、読んでいると疲れます。
時々、「良いことを言うぞ!書くぞ!」的な発想が優先さ
れ、結果、何とも残念な作品が生まれることがあります。

さて、それでも実話度はそこそこ高めで、会話の主軸で
ある「信号に引っ掛からなかった話」は事実です。
それを珍しいこと→ホールインワンと結び付けてしまった
のが失敗だったのかもしれませんね。
ただ、それ自体、問題はなかったのでしょうが、後半、遠
回しに“もったいぶる”表現が増えたので、何を言わんと
しているか、作者でさえもよく分かりません。
それでも、よくよく読み返してみると、運を使い果たしたよ
うに見せかけて・・・からの告白成功!がオチみたいです
ね。自分で言うのもおかしいですが。

冒頭にも書きましたが、初期の頃は何でもかんでも恋愛
に結び付けよう・・・みたいな作風だったのは否めません。
今でも多少はそのなごりはありますが、昔ほど強烈では
なくなりました。これも時の流れなんでしょうか?
T282

web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.685-2]同じ匂い

No.685-2

「けど、俺は焼肉の匂いとかの方がいいけどな」
「もぉ!」

(やっぱり、男子に“花”の話をしても無駄か・・・)

まさしく“花より団子”かもしれない。

「仕方ないだろ?食べ盛りなんだし」
「それは否定しないけど・・・」

まぁ、ここまで話に付き合ってもらっただけでも良しとしよう。

「・・・あれ?」
「なんだよ?」

そう言えばどうして彼にそんな話をしたのだろう。
まだ、彼のことを良く知らない・・・それは彼も同じだろう。

「こんなに話したの、初めてだよね?」

同じクラスになって1年も経つのに、彼とまともに話した記憶がない。

「・・・だよな」

不思議と彼に話したくなった。

「やっぱり・・・花、好きじゃないよね?」
「えっ!いや・・・別に嫌いじゃないというか・・・好きかも」

さっきまでの悪態とは打って変わったような反応だった。

「それなら帰りに、見に行こうよ・・・一緒に」

これが事実上の告白になった。
S685
(No.685完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
 ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.685-1]同じ匂い

No.685-1

登場人物
女性=牽引役  男性=相手
-----------------------------
香りで季節を感じる。
私の中では、小さい頃からの定番のひとつだった。

「今日さぁ、学校に来る途中に・・・」

色鮮やかな花々が咲き誇る、家の前を通った。

「知ってるよ、あの家だろ?」

友達が、窓の外を指差した。

「あっ!ここから見えるんだ」
「目立つからな」

確かに良い意味で、ひときわ異彩をはなっている。
遠くからでも赤や黄色がまぶしい。

「その家がどうした?」
「いい香りがするんだよね」

当たり前だが人工的ではない自然な花の香りがする。

「それが、なんとも言えなくて」

季節が変わるたびに香りも変わる。

「そう言われるとそうだよな」

その気がなくても、体が覚えているようだった。

「でしょ!」
「今朝もいい香りがしてたよな」

ただ、何の香りかまでは分からなかった。

(No.685-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.684-2]意味のない行動

No.684-2

「友人と会わないときに」

電車を乗り継いで、遠くに出掛けた。
目的も目的地も決めていなかった。

「でも、海沿いの駅で降りることが多かったわ」
「それなら“海”が目的であり、目的地じゃん!」

確かにそうなる。
けど、そこに何があったのだろう・・・。

「何が?」
「うん、だからこそ“意味のない行動”なの」

特に何をするわけでもなく、ブラブラするだけだ。
心は上の空だった・・・それは今でも覚えている。

「ただ、海に惹かれるのは何となく分かるけどね」

ある意味、恋愛の聖地だ。
そこから恋が芽生えることもあれば、終わることもある。

「出会いを求めてた?」
「・・・どうだろう」

けど、それだと何だか表現がいやらしい。
心のすきまを埋めるために、男を漁っているように聞こえる。

「まぁ、行動には意味が無かったのかもしれないけど」
「成長するには意味があったんじゃない?」

その言葉通り、意味のない行動でも、意味があったと思いたい。
S684
(No.684完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
 ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.684-1]意味のない行動

No.684-1

登場人物
女性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
私が大学に在籍していたときの話だ。

「意味のない行動?」
「うん・・・帰省した時に」

地元を離れ一人暮らしをしながら大学に通っていた。

「地元の友人と遊ぶんだけど」

とは言え、大型連休ともなればそう毎日とは行かない。
友人は友人で用事がある。
私が知らない“友人”との用事が・・・。

「・・・それ分かる」
「ちょっと、切なくなるよね」

今でも親友であることに変わりはない。
けど、昔は私たちの間に入り込む者は居なかった。

「なんとも言えない気持ちになるのよね」

適切な言葉が見つからない。
それに、友人もそのまた友人も悪いわけではない。

「時が流れていることに、私が鈍感だっただけ」

私の時間だけが、昔のままだった。

「それより、意味のない行動って?」
「ごめん、ごめん、そうだったわね」

友人の言葉を借りれば“切なさの”穴埋めだったのかもしれない。
私の行動は・・・。

(No.684-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

ホタル通信 No.281

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.390 折れた定規
実話度:★☆☆☆☆(20%)
語り手:女性

最初に言ってしまえば、この折れた定規を今だに使って
います。

実のところ、小説で登場している物と実物は形状が異な
っています。小説だとごく普通の定規を思い浮かべると
思います。
説明し難いのですが、実物は折りたたみ式になっていて
開くと30cm、たたむと15cm程度になる代物です。
自分で言うのも変ですが、“こんなもの”まで小説のネタ
にしてしまうことにビックリです。
・・・とは言え、似たような小説を結構、発表しています。
捨てようにも捨てられない話、大事にしているつもりはな
いのに残っている話などです。
これには理由があります。特に自分では意識をしている
つもりはありませんが、そこに“人”を重ねてしまうことが
多いからです。
つまり、捨てる、捨てない、捨てられる・・・物ではなく人間
に置き換えても通じる言葉です。

今でも重宝して使っています、不思議なくらい。
そう考えると、30cmという長さも、折りたためることも必要
ないことになりますね。無理矢理言えば、“過剰な機能”
なのかもしれません。
最後になりますが、この小説もご多分にもれず、折れた
定規に“人”を重ねています。微妙な伏線を張りつつ、最
後の一行に全てをまとめました。
T281

web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.683-2]雪解け

No.683-2

「でも、彼もどうしたんだろうね?」
「返事を返すようになって」

良い方向へ向かう“心境の変化”があったと思いたい。

「ただ、まだ以前と同じレベルじゃない」

喧嘩する前は、返事をすぐに返してきてくれた。

「彼も仲直りしたいと思ってるんじゃない?」
「そうなのかな・・・」

言葉とは裏腹に、そう思いたい自分が居る。

「絶対、そうよ!ここまでこじれたら、言い出し難いじゃん」
「“ごめん”の一言が」

彼と喧嘩して半年が過ぎようとしていた。

「こじつけになるけど、そろそろ雪解けの季節でしょ?」

確かにこじつけだ。
けど、今の私たちの状態を、ピタリと言い当てている。

「喧嘩という冬の季節を終えて・・・ってこと?」
「あら、あなたも上手いこと言うじゃない!」

季節に呼応するかのように、返事も早くなってきた。
私たちの雪解けも、もうすぐかもしれない。
S683
(No.683完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
 ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.683-1]雪解け

No.683-1

登場人物
女性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
雪解けの水は、春の陽射しを受けてキラキラと輝いている。

「彼と仲直りできそう?」
「・・・ようやく、少し動き出したかも」

たわいもないことで、彼と喧嘩をしてしまった。
それ以来、音信不通になっていた。

「LINE送ったら、返信してくれるようになったの」

ただ、返信は数日後に忘れたように返ってくる。

「まずはよかったじゃん・・・」
「そう思うようにしてる」

今までは、なしのつぶて・・・いわゆる“既読スルー”だった。
そう考えれば随分、良くはなった。

「そう言えばさぁ・・・」
「結局、喧嘩の原因って何だったの?」

実は肝心の“それ”が分からない。
正確に言えば原因は分かっている。
けど、なぜそれに対して怒っているのかが分からない。

「聞いても教えてくれないから」

結局、お互い意地の張り合いに発展してしまった。
理由が分からぬまま・・・。

(No.683-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.682-2]超能力

No.682-2

「つまり、予知能力ってことね」

そうなると、次の車のナンバーに期待が掛かった。

「・・・でどうなったの?」

もちろん、次の車の予想をしようとした。

でも、友達に止められてしまった。

「どうして?」
「超能力だとしたら、余り力を使わない方が良いってことになって」

超能力にも限りがある・・・そんなことを友達が言い出した。

「・・・そうなの?」
「正直、分からないけど」

その時は、妙に納得できた。

「だから、3回目には挑戦しなかったんだ」

それもあって、自然とナンバー当てをしなくなって行った。

「いざと言う時に、その力をとっておけって」
「なんか、すごい展開になってたのね」

まるで、救世主かのような扱いだった。

「まぁ、中学生だからな」
「そうね・・・超能力とかUFOとかに興味がある年頃だもんね」

けど、今でも思うことがある。
あの時、挑戦していたらどうなっていたのか・・・と。
さすがに、3連続は偶然では片付けられない。

「じゃぁ・・・私たちの結婚記念日はいつになるのかしら?」
「その力を今、使ってよ」


僕は結婚記念日を当てることが出来た。
それもそのはずだ・・・そうなるように行動したからだ。
S682
(No.682完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
 ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.682-1]超能力

No.682-1

登場人物
男性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
「次は・・・5685!」

それは学校帰りの手軽な遊びだった。

「車のナンバー当て?」

春先は何かと学生時代の話に花が咲く。
いつも以上に彼らが“目立つ”からだ。

「うん、中学生の時、学校の帰りに友達と」

通り過ぎる車のナンバーを予想する。
そんなごくシンプルな遊びだった。

「でも、そう簡単には当たらない」
「そりゃそうよ、数学的に言えば」

たかが4桁の数字とは言え、当たらない。

「ところがさぁ・・・」

ある日、僕がナンバーを当てた。

「へぇ~すごいじゃん!」

もちろん、単に偶然と言うか、まぐれだ。
続けていればいずれ当たる・・・それだけに過ぎない。
ただ、この話には続きがあった。

「それで、調子に乗って、次の予想をしたら・・・」

これも当たってしまった。

「えっ!かなりの確立よ」

偶然以外の何物でもないことは承知している。
けど、2回も続くとなれば・・・。

「もう、大騒ぎになってさぁ」

僕に超能力でもあるんじゃないかと・・・。

(No.682-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

ホタル通信 No.280

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.392 片目の子猫
実話度:★★★★★(100%)
語り手:男性

たまに、登場人物が自分だけというパターンの話があり
ます。独り言であったり、回想であったり・・・。

今回の話は、人間としては自分だけですが、猫という相
手が居ます。終始、このペアだけで話が進むパターンは
この小説以外ないのかもしれません。
通常はすぐに舞台を「会社に来る前にね」とか「昨日ね」
とかに変えて、そこから人間同士の会話を、スタートさせ
ています。
その意味では自分で言うのもなんですが、非常に珍しい
小説のひとつと言えます。

さて、小説上の牽引役は男性になっていますが、実話度
は100%なので、恒例ですが本当かどうかは秘密です。
100%実話ですから読んで頂いた通りです。かなり忠実
に再現したつもりです。
動物・・・特にケガをしていたり、弱っている動物を見かけ
た時、なにもできない自分がいることに気付きます。どん
なにきれいごとを言っても、結局、行動に移せない・・・そ
んな想いもこの小説には込められています。

野生の掟、弱肉強食と言ってしまえばそれまでなんです
が、少なくとも人間社会の一員である彼らに対して、そう
簡単に割り切れるものでもありません。
あの時、動き出したことに対して“色んな意味”でホッとし
た自分を、今でも覚えています。

最後になりますが、小説のラストの一行・・・ある女性と重
なったのも事実です。その女性とは「せいじゅうろうシリー
ズ」に登場する“菜緒(なお)”なんですよ。
T280

web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.681-2]今年の始まり

No.681-2

「始めてから今年で何年目だっけ?」
「5年目よ・・・いじわるね」

家庭菜園を始めて今年で、もう5年目になる。
つまり、前の彼と別れてからも5年目になる。

「いい加減、忘れたら?」
「・・・忘れたわよ、もう」

この言葉に嘘はない。

「でも、彼の影響でしょ?」
「そうよ・・・けど、今は好きでやってるだけ」

彼を忘れたくないから続けているわけじゃない。

「それならいいけど」
「・・・そう言うこと!」

彼のことはもう忘れた・・・5年目にして、ようやく・・・。
そのことは言えないが。

「ところでさぁ、ゴーヤ好きだっけ?」
「嫌いじゃないよ」

嫌いじゃないけど、好んでは食べない。

「じゃあ、どうしてゴーヤを選んだの?」
「どうしてって・・・今年の夏を頑張るためよ」

そろそろ次の恋に進まなければいけない。

「さっき、芽が出てきたばかりと言ったでしょ?」
S681
(No.681完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
 ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.681-1]今年の始まり

No.681-1

登場人物
女性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
「もう始めた?」
「えっ・・・なにを!?」

友人が私に会うなり、問い掛けてきた。

「アレに決まってるじゃない?」
「アレ?・・・あぁ、アレね」

話を合わせたのではない。
本当にようやく気付けた。

「ごめん、ごめん!もう始めてる」
「もぉ!毎年のことでしょ?」

確かに毎年、今頃始める。

「芽が出てきたばかりよ」

春先の話題のひとつがこれだ。
家庭菜園も随分と板に付いてきたようだ。
友人に先を越されるようになったからだ。

「ところで、やっぱり・・・」
「ううん、新しいのにチャレンジしようと思って」

今年は、ブロッコリーとゴーヤに決めた。

「ブロッコリーとゴーヤ!?」
「そぉ!特にゴーヤなんて夏らしくていいでしょ?」

夏バテに効果があると聞いた。
今年は特にこれが必要になるはずだ。

(No.681-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.680-2]巣立ち

No.680-2

「僕の場合、休み時間に」

小学校が同じだった、隣のクラスの人と会っていた。

「なぜだか分かる?」
「・・・なんとなく、話の流れが見えてきたわ」

入学当初は、自分のクラスになかなか馴染めない。
それは、僕に限ったことじゃない。
他の人も休み時間になれば他のクラスの人に会いに行っていた。

「そう言えば、私もそのくちだったわ」

ただ、良い意味でそう長くは続かない。

「次第に、みんな自分のクラスで友達ができるんだよね」

それに、僕が会っていた人とは特別仲が良かったわけじゃない。

「向こうは向こうで・・・でしょ?」
「・・・だな」

お互い、利益が一致したんだと思う。
友達ができるまでの一時しのぎとして。

「けど、悪いことじゃない」

誰もが通る道であり、試練だと思っている。

「だから、彼らも・・・そうなのかな?って」

こうして彼らは入学したばかりなのに“巣立って”行くのだ。
S680
(No.680完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
 ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

お知らせ

『冬のホタル』に、ご訪問頂きありがとうございます

道端の石ころも、磨けば宝石に負けないくらいの輝きを生むことだって・・・そんなブログです。
ご訪問の足跡としてコメントや拍手を残して頂けましたら、大変嬉しいです。ごゆっくりと小説をお楽しみください。

当ブログはブラウザIEで文字サイズ「小」で最適化しています。

小説の楽しみ方について
・文字の色は話の牽引役が黒、その相手は茶、その他の登場人物が居る場合は適当に色を付けています。
・「話の牽引役」は主人公ではなく物語を“引っ張る人”です。つまり、一人称小説における語り手になります。
・登場人物は =男性 =女性 を表しています。
マークは現時点から時間や場所の変化があったり、回想シーンに入った時や戻って来た時にも挿入しています。尚、No.200~No.359までは、マークを使用しています。
マークは「No.200」より対応(これ以前は未対応)

「ホタル通信」について
・2010年01月からスタートさせたコーナーで掲載済み小説の舞台裏やエピソード、作者の想いなど紹介しています。
・小説の実話度に応じて、0%~100%の表示と「★マーク」を付けています(★ひとつの実話度は20%)
・小説の牽引役が語り手となり作者を代弁しています。

「せいじゅうろう」シリーズについて
・せいじゅうろうとは菜緒(なお)が名付けたリラックマの名前。
・彼女と彼?が繰り広げる、なんとも愉快な日常。そしていつもそれに巻き込まれてしまう“俺”・・・。

・2020/10/27
本日より再開します。
   
・2020/10/17 
都合により10月18日(日)~26日(月)迄お休みを
いただきます。再開は10月27日(火)を予定しています。
・2020/10/17 
いつもたくさんのFC2拍手をくれる方々本当にありがとうございます

web拍手 by FC2ブログランキングへブログランキングへにほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ

| | | コメント (28) | トラックバック (0)

[No.680-1]巣立ち

No.680-1

登場人物
男性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
ある意味、最初に訪れる試練とも言える。
それは僕も経験済だった。

「最近さぁ・・・」

朝、自宅近くの公園に、何人かの学生が集まり始めた。

「何の集まり?」
「単に学校へ行く前の待ち合わせだと思う」

多分、背格好からして中学生だろう。

「それに、新一年生だろうな」
「なぜ、わかるの?」

制服と体がマッチしていない。
まだ型崩れしていない制服の新品感が半端ないからだ。

「なるほどね!」
「それで・・・5、6人くらいかな?」

いわゆる“集団登校”をしている。

「別に珍しくはないよね?小学生じゃないにしても」

確かに同僚の言う通りだ。
ただ、1ヶ月もしない内に彼らは集まらなくなるはずだ。

「・・・どうして?」
「僕と同じ理由で」

シチュエーションは違えども本質は同じはずだ。

(No.680-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

ホタル通信 No.279

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.221 同居
実話度:★★☆☆☆(40%)
語り手:男性

小説では、“自宅に戻る”ことが主軸になっていますが、
実際には戻ることはありませんでした。

一人暮らしをしていること、そして、一人暮らしを始めた
理由についてはオブラートに包んではいますが、ほぼ
小説通りです。
一人暮らしを始めた理由を知った時、かなり驚きました。
今までそのような人と接することがなかったからです。

なぜ、自宅に戻る話にしたのか・・・正直、覚えていない
のが本音です。
ただ、ひとつ言えるのは“戻りたがっていた”ように見え
たからです。言葉の端々にそれが表れていました。
でも、幼い頃の悪い記憶とでもいいましょうか・・・そう思
っても体はその通りには動いてくれません。

全体的には、決して明るい話ではありません。むしろ前
述した通り、オブラートに包まなければ、聞くに堪えない
話があるほど、かなりダークな一面を持っています。で
も、それをさらっと話してしまう・・・そんな女性でした。
それもあってラストは、無理がない程度にコミカルに終
わらせています。
T279

web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.679-2]箱庭

No.679-2

「ここは、“妖精の街”って感じね!」

確かにその表現がしっくりくる。
妖精たちが、思い思いの街を作り上げている。

「色んな物を、集めて」
「競い合ってるのかもしれないね!」

本があったり、バケツがあったり・・・。
人間が捨てたものをどこかで、拾ってきたものだろう。
何となく・・・悪い気がしないでもない。

「まぁ・・・それでも、彼らは楽しそうじゃん!」

拾ってきている姿が目に浮かぶ。
みんな楽しそうだ。

「すごいよね、これ作った人・・・」
「そうね、色んなストーリーが詰まってる」

目を凝らせば、色んなところにストーリーが散りばめられている。
みんな思い思いに生きている。

「何時間みても飽きないよ」

実際、かなりの時間、ショーウィンドウの前に張り付いていた。

「癒されるよね」

もしかしたら大自然よりも、その効果が大きいのかもしれない。
ここでは全体を一望できるからだ。

「私も始めてみようかな・・・箱庭」

小さいながらもベランダがある。

「それなら・・・もう一度、夢と希望を詰め込んでみない?」
S679_3
(No.679完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
 ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.679-1]箱庭

No.679-1

登場人物
女性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
それは、箱庭と呼ぶのがためらわれる程の大きさだ。

「どれくらい?」
「・・・そうね」

スマホの写真と言葉だけでは伝わらない。
実際に目にしたスケール感を思い出す。

「幅は2メートルくらいで、高さは・・・それ以上かな?」

背の高い木も高さに入れるとそれくらいになる。

「結構な大きさよね?」
「うん、それが5つくらい展示してあったかな?」

話を戻せばそれはデパートのショーウィンドウの中にあった。
そのスペースを生かして、“小さな庭”が再現されていた。

「それぞれ、個性的でさぁ・・・」

リアルな庭ではなく、幻想的で何とも楽しげな庭だ。

「・・・この、白いのはなに?」
「あっ!これね」

色こそ違えども、雰囲気はカエルだ。
ただ、人間ぽく作ってある。

「私は、カエルの妖精だと思ってる」
「そう言われてみれば・・・」

この幻想的なスペースにこれ以上ないほどマッチしている。

「ほら、これなんか・・・」
「なにを話してるんだろうね!」

絶妙な表情と仕草がなんとも印象的だ。
どう見ても、楽しげに会話をしているとしか見えない。

(No.679-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »