« ホタル通信 No.278 | トップページ | [No.678-2]言葉のちから »

[No.678-1]言葉のちから

No.678-1

登場人物
男性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
「“言葉のちから”ってすごいよね」
「どうしたの!?急に・・・」

最近、ある歌の歌詞を知った。
正確に言えば、昔から知っていた歌詞をあらためて噛み締めた。

「昨日さぁ、なにげなく、歌詞カードを見ていたら」

あるフレーズが飛び込んできた。
何度となく耳にしているのに、文字で見ると新鮮に映った。

「どんなフレーズなの?」
「“すりきれる程 聴いたアルバム”って、フレーズ」

これには多くの意味が含まれている。

「そもそも“今は”すりきれないだろ?」
「・・・たしかに」

もちろんアルバムとは、レコードのことを指している。

「若い世代なら意味が分からないかもな」
「そうね・・・“CDって、すり減っちゃうの!?”なんてね」

つまり、すりきれるほど、何度も聴いたことを意味している。

「針の説明も必要だけどな」
「で、なきゃ、すり減る理由が分からないもんね」

それはさておき、ここからが本題だ。

(No.678-2へ続く)

|

« ホタル通信 No.278 | トップページ | [No.678-2]言葉のちから »

(028)小説No.676~700」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.678-1]言葉のちから:

« ホタル通信 No.278 | トップページ | [No.678-2]言葉のちから »