« ホタル通信 No.277 | トップページ | [No.676-2]無駄な時間 »

[No.676-1]無駄な時間

No.676-1

登場人物
女性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
「ふぅ~」

友人が聞こえるほどの大きな息を付いた。

「聞いて欲しいわけ?」
「えっ!いいの!?」

そのつもりだったことは百も承知だ。

「・・・で、何なの?」
「実は・・・彼のプロポーズを受けようと思ってるの」
「そ、そうなの!?」

友人に彼が居ることは知っている。
結婚まで秒読みだったことも含めて。

「いざ、口に出されるとビックリしたよ」
「そうよね・・・自分でも驚いてる」

友人の言葉にはそれなりの意味がある。
私たちは決して落ち着かないタイプに見えるからだ。

「遊びが一番!みたいな私が・・・家庭を持つんだよ?」
「それは私も同じよ」

仕事は仕事でキチンとしている。
けど、それ以上に遊びも“キチン”としている。

「けど、良かったじゃない?」
「・・・それが、さぁ・・・」

早くもマリッジブルーのような雰囲気が漂っている。

(No.676-2へ続く)

|

« ホタル通信 No.277 | トップページ | [No.676-2]無駄な時間 »

(028)小説No.676~700」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.676-1]無駄な時間:

« ホタル通信 No.277 | トップページ | [No.676-2]無駄な時間 »