« [No.675-2]忘れてたから思い出す | トップページ | [No.676-1]無駄な時間 »

ホタル通信 No.277

舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.336 温度差
実話度:★☆☆☆☆(20%)
語り手:女性

冬のホタルでは、“空き地”を題材にした小説が少なくあり
ません。

それこそ空き地なので、何もない所に小説を書くきっかけ
なんてあるの?と思うかもしれません。格好をつけるつも
りはありませんが、私にとってはきっかけの宝庫のひとつ
なんですよ。
その代表的なきっかけが、“空き地以前の姿”を覚えてい
ないということです。この小説以外にも、これを題材にした
小説がいくつかあります。

それこそ毎日目にしていたはずなのに、思い出せないこと
がよくあります。今回の小説もそれをベースに展開させて
少し強引ですが駄菓子屋の話へと繋げています。
実は、空き地と駄菓子屋は現実には全く違うところに存在
しています。
ただ、駄菓子屋も小説を書いたずっと以前に、無くなって
いました。
前述した通り、“空き地には何もない”はずなんですが、
そこには色々な思い出が詰まっていることを言いたかった
小説なんですよ。

最後にもうひとつ言わないといけないですね。
なぜ、タイトルが温度差なのか・・・名付けの親である私も
少し考えてしまいました。
でも、小説を読み返し、ラストの2行からすれば「あぁなる
ほどね!」と納得することができました。
T277

web拍手 by FC2

| |

« [No.675-2]忘れてたから思い出す | トップページ | [No.676-1]無駄な時間 »

(111)通信No.276~300」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.277:

« [No.675-2]忘れてたから思い出す | トップページ | [No.676-1]無駄な時間 »