« [No.673-2]私たちの見出し | トップページ | [No.674-1]きっかけはお風呂から »

ホタル通信 No.276

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.367 姓名判断
実話度:★★★☆☆(60%)
語り手:男性

冬のホタルではお馴染みの、結末を中途半端に終わらせ
て、皆さんに考えてもらうような手法です。

さて、その中途半端な結末につながる流れをあらためて
解説しますね。ポイントは大きく三つあります。
一つめは、占いの反対のことが起きているということです。
占い上では僕は不幸に、そして彼女は幸せに恵まれると
でます。一方、現実ではそれぞれ逆になっています。つま
り、僕は幸せで、彼女は不幸であると・・・。

二つめは、“ある名前”がなんであるかということです。
多分、姓名判断をした人なら、一度や二度、試したことが
あると思います。
そうです・・・僕の“姓と”彼女の“名”を組み合わせて試し
てみたんです。その理由は言うまでもありません。
そして三つ目は、彼女も僕と同じ組み合わせを試していた
ことです。

つまり、僕の“姓”と彼女の“名”の組み合わせで占った場
合、端的に言えば彼女は“不幸に”なる結果が出ていたん
です。
普通なら、落胆するはずなんでしょうが、占いと現実が逆
になっているということを彼女自身が知っていたため、「余
裕の表情だった」わけです。

そして、1年後・・・。
あえて組み合わせなくても、彼女は堂々と姓名判断ができ
るようになったんです。占い上では不幸に、そして現実では
幸せに・・・でも、残念ながらこの部分は創作というか叶いま
せんでした。
T276

web拍手 by FC2

| |

« [No.673-2]私たちの見出し | トップページ | [No.674-1]きっかけはお風呂から »

(111)通信No.276~300」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.276:

« [No.673-2]私たちの見出し | トップページ | [No.674-1]きっかけはお風呂から »