« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月

[No.678-2]言葉のちから

No.678-2

「・・・本題?」

どうして、“すりきれる程”聴いたのだろうか?

「どうして・・・って」

単に好きなだけかもしれないが、歌にするならインパクトは弱い。
ありがちかもしれないが、それには“涙”がよく似合う。

「失恋や別れとか?」
「そうだな・・・少なくても明るいイメージではないよな」

この歌の歌詞もそうだ。
“あの頃たった一人の友達だった”と続いている。

「友達が居なかったと言うより・・・」
「孤独感を強調したんだと思う」

もともと、恋愛の歌だ。
苦悩している姿が時間の流れと共に描かれている。

「話は戻るけど、CDならこうはいかない」
「傷が付くほど・・・とは意味が違うもんね」

このフレーズは大いに想像力をかきたててくれる。

「すごいよね、“言葉のちから”って」

この歌は最後にこう締めくくられている。
“明日への希望へと変えてゆこう”と。

(No.678完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
 ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.678-1]言葉のちから

No.678-1

登場人物
男性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
「“言葉のちから”ってすごいよね」
「どうしたの!?急に・・・」

最近、ある歌の歌詞を知った。
正確に言えば、昔から知っていた歌詞をあらためて噛み締めた。

「昨日さぁ、なにげなく、歌詞カードを見ていたら」

あるフレーズが飛び込んできた。
何度となく耳にしているのに、文字で見ると新鮮に映った。

「どんなフレーズなの?」
「“すりきれる程 聴いたアルバム”って、フレーズ」

これには多くの意味が含まれている。

「そもそも“今は”すりきれないだろ?」
「・・・たしかに」

もちろんアルバムとは、レコードのことを指している。

「若い世代なら意味が分からないかもな」
「そうね・・・“CDって、すり減っちゃうの!?”なんてね」

つまり、すりきれるほど、何度も聴いたことを意味している。

「針の説明も必要だけどな」
「で、なきゃ、すり減る理由が分からないもんね」

それはさておき、ここからが本題だ。

(No.678-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

ホタル通信 No.278

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.217 変えない理由
実話度:★★★☆☆(60%)
語り手:女性

軽く読み直して気付きました。さて、この小説のモデルは
誰だったのか?・・・と。

だからと言って、その人が思い浮かばないのではなく、逆
に該当する人がふたり存在し、どちらの人のことを描いた
ものか最初、区別が付きませんでした。
それもそのはずです・・・よくよく読んでみるとそのふたりの
話が混在していたからです。

そもそもメアドを変えない理由は、Aさんの存在があった
からです。小説に書いた通り“来るかもしれないメール”を
待っていたからです。
“落ち着いて気が向いたらメールして”は、Bさんに対して
言ったセリフです。このふたつが意図的ではないにせよ、
混ざってしまいました。シチュエーションが、比較的似てい
たために、混同してしまった感は否めません。

さて、そのメアドの“今は”と言いますと・・・。
今も当時と変わっていません。理由は今も昔も同じです。
ですが、さすがに“来るかもしれないメール”を待っている
わけではありません。
今は“来るはずのないメール”を待っていると言ったほうが
正解ですね。

全体的に少しブルーな話だっただけに、ラストはコミカルタ
ッチで締めくくってみました。
T278

web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.677-2]今、この経験が・・・

No.677-2

富士山を通り過ぎようとする頃だった。
話題はいつしか、趣味の話になっていた。

「ブログを書くのも趣味のひとつかな?」
「え~!?どんなのですか?」

2009年から、日常を小説風にしたブログを始めた。

「あくまでも小説“風”なので」
「でも、すごいすごい!」

ことのほか、驚いてくれた。
それに褒め上手と言うか、盛り上げ上手と言うか・・・。

「例えばどんなのですか?」

最近の小説をいくつか紹介した。

「日常のささいなネタから、作っているんですよ」
「・・・じゃあ、こんなのはネタになりますか?」

彼女が身の回りで起こった話をし始めた。

「・・・どうでしょうか?」
「そ、そうですね・・・」

見知らぬ人に、小説のネタを提供されている。
もちろん、初めての経験だ。

「どんな話でも、ラストは悲しい涙では終わらせない」
「・・・それがポリシーなんですよ」

つい、熱く語ってしまった。

「そうなんだぁ・・・素敵ですね!」
「じゃぁ・・・もうひとつ・・・こんなのはネタになりますか?」

いやいや・・・それより、今、この経験自体がネタになる。
S677
(No.677完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
 ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.677-1]今、この経験が・・・

No.677-1

登場人物
男性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
「昨日と違って、今日は冷えますね?」
「そうですね」

座席に着くなり、隣の知らない女性に話しかけられた。
まるで知り合いかのような自然な口ぶりだ。
それは・・・不思議と僕も同じだった。

「どちらまでですか?」
「新大阪までです」
「じゃあ、一緒ですね!」

もしかして・・・
新手の“勧誘”なんだろうか?

「お仕事ですか?」
「えぇ・・・昨日から東京に出張だったので、その帰りです」

怪しげな雰囲気を感じながらも、つい正直に話してしまった。

「あなたは?」
「私は遠距離の彼に久しぶりに・・・」

なるほど、そういうことか・・・。

「明日、彼の誕生日なので」

嬉しさを隠せず、つい、話しかけてしまったのだろう。

「・・・あっ!すみません、さっきからベラベラと・・・」
「僕は構いませんよ」

ただ、本音を言えば寝かして欲しい。
でも、そう言うわけにも行かないだろう。
目が輝いているからだ。

「よかったぁ!それでね・・・」

大阪までの約2時間半の旅がこうして幕をあけた。

(No.677-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.676-2]無駄な時間

No.676-2

「心配ごとでもあるの?」

聞いたのはいいが、“ない”ほうが珍しいのかもしれない。

「ほら、私、料理とか・・・何もできないじゃない?」
「まぁ、私もだけどね」

花嫁修業らしきことは一切していない。
毎日をただ、おもしろおかしく生きてきた。

「今になって、ちょっと後悔してる」
「・・・」

友人と過ごしてきた日々はそれはそれで楽しかった。
けど、後に残るものがないのも事実だ。

「無駄な時間を過ごしてきたのもしれない」
「・・・そうね、私たち」

友人のプロポーズ話が、思わぬ方向に向かった。

「でも・・・ね」

確かに何も残らない日々を過ごしてきた。

「それもそのはずよ」
「・・・どういう意味?」

私たちの今は、無駄な時間でできている。
言い換えれば、無駄な時間を燃料にして走ってきた。

「いつだって、完全燃焼だったでしょ?私たちって!」
S676
(No.676完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
 ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.676-1]無駄な時間

No.676-1

登場人物
女性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
「ふぅ~」

友人が聞こえるほどの大きな息を付いた。

「聞いて欲しいわけ?」
「えっ!いいの!?」

そのつもりだったことは百も承知だ。

「・・・で、何なの?」
「実は・・・彼のプロポーズを受けようと思ってるの」
「そ、そうなの!?」

友人に彼が居ることは知っている。
結婚まで秒読みだったことも含めて。

「いざ、口に出されるとビックリしたよ」
「そうよね・・・自分でも驚いてる」

友人の言葉にはそれなりの意味がある。
私たちは決して落ち着かないタイプに見えるからだ。

「遊びが一番!みたいな私が・・・家庭を持つんだよ?」
「それは私も同じよ」

仕事は仕事でキチンとしている。
けど、それ以上に遊びも“キチン”としている。

「けど、良かったじゃない?」
「・・・それが、さぁ・・・」

早くもマリッジブルーのような雰囲気が漂っている。

(No.676-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

ホタル通信 No.277

舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.336 温度差
実話度:★☆☆☆☆(20%)
語り手:女性

冬のホタルでは、“空き地”を題材にした小説が少なくあり
ません。

それこそ空き地なので、何もない所に小説を書くきっかけ
なんてあるの?と思うかもしれません。格好をつけるつも
りはありませんが、私にとってはきっかけの宝庫のひとつ
なんですよ。
その代表的なきっかけが、“空き地以前の姿”を覚えてい
ないということです。この小説以外にも、これを題材にした
小説がいくつかあります。

それこそ毎日目にしていたはずなのに、思い出せないこと
がよくあります。今回の小説もそれをベースに展開させて
少し強引ですが駄菓子屋の話へと繋げています。
実は、空き地と駄菓子屋は現実には全く違うところに存在
しています。
ただ、駄菓子屋も小説を書いたずっと以前に、無くなって
いました。
前述した通り、“空き地には何もない”はずなんですが、
そこには色々な思い出が詰まっていることを言いたかった
小説なんですよ。

最後にもうひとつ言わないといけないですね。
なぜ、タイトルが温度差なのか・・・名付けの親である私も
少し考えてしまいました。
でも、小説を読み返し、ラストの2行からすれば「あぁなる
ほどね!」と納得することができました。
T277

web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.675-2]忘れてたから思い出す

No.675-2

「“忘れてた”ってことよね?」
「あっ・・・」

友人も驚きを隠せないようだ。

「今まで考えたこともなかったよ」
「私もよ」

思い出すのは、忘れていた証拠でもある。
あえて“悪者”にしようとは思わないけど事実だ。

「だから、忘れちゃいけないこともあるよね・・・きっと」
「でも、忘れなきゃいけないこともあるよね?」

どれくらいの時間だろうか・・・しばらく沈黙が続いた。

「仕方ないよ・・・引き出しの数はたくさんあっても」
「常に開けていられるのは僅かしかないんだもん」

何かを開けたら、何かを引っ込めなきゃならない。
思い出はそんなものだと思ってる。

「そうね、忘れてたんじゃなくて、ただ閉まってるだけ」
「それを開ける鍵が、例えば“卒業証書”というわけね?」

いつになく真面目な会話をしている。

「そう!思い出の鍵はみんな持っている」

だから、決して忘れていたわけじゃない。

「けどさ、あえて捨てた鍵もあるでしょ?」

友人が何を言いたいのか想像は付いている。
S675
(No.675完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
 ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.675-1]忘れてたから思い出す

No.675-1

登場人物
女性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
それは新聞の社説に書かれていた。

「思い出す?」
「うん・・・その行為に何か引っ掛かるものはない?」

すぐに結論を言ってしまうのはもったいない気がする。
それだけインパクトがあったからだ。

「特にないけど・・・思い出すことが何か?」
「“思い出す”ってことは?」

答えが出るまでもう少し引っ張りたい。

「・・・ってことは、思い出を持ってるから?」

思い出や思い出す行為に悪い印象を持つ人はいないだろう。
私も新聞記事を目にするまではそうだった。

「例えば今なら、卒業式のこと、思い出さない?」
「まぁ・・・そうかな」

もう少しすれば、卒業証書を抱えた学生を目にするだろう。

「4月になったらなったで・・・」

今度は着慣れない真新しい制服を着た学生で溢れ返るだろう。

「そろそろ答えを教えてくれてもいいんじゃない?」
「ごめん!ごめん!」

何かのきっかけで思い出す。
今までの話なら、卒業証書であり、真新しい制服だ。
つまり・・・。

(No.675-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.674-2]きっかけはお風呂から

No.674-2

「とにかく・・・面倒になったってこと!」

けど、良い所もある。

「良い所?」
「うん、妙に落ち着くのよね・・・」

古いからと言って、ボロボロではない。
古いなりの手入れがキチンとされている。

「全然、今風じゃないから、逆にそれがいいのかもね」

格好よく言えば、ノスタルジックに浸れる。

「おばあちゃんの家を思い出す?」
「・・・それもあるね」

昔を思い出すこともあれば、この先を考えることもある。

「ひとり暮らしを始めてから」
「何だか色んなこと、考えるようになったなぁ・・・」

それが先か、お風呂が先かは分からない。
でも、そのきっかけはお風呂が作ってくれた。

「何だか、そのお風呂に興味が出てきたよ」
「そう?・・・なんなら家に入りにくる?」

この会話なら自然な流れだ。

「いいの?入って?」
「言っとくけど、い、いっしょじゃないからね!!」

とにかくこのお風呂は色々なきっかけを作ってくれる。
S674
(No.674完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
 ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.674-1]きっかけはお風呂から

No.674-1

登場人物
女性=牽引役  男性=相手
-----------------------------
(まっ、こんなものか・・・)

下見をしていたとは言え、いざ住んでみると・・・。

「お風呂?」
「一応、付いてはいるんだけど・・・」

大学への進学を期に、ひとり暮らしを始めた。

「古いアパートだから中身もそれなりなんだよね」

それでも今の私にはそれが精一杯な状況だ。
親の仕送りには頼らない・・・そう決めたこともあるからだ。

「そんなにひどいんだ?」
「“ひどい”と言うわけではないんだけど」

良く言えば昭和テイストだ。
小さい頃、祖母の家に泊まった時と同じ“匂い”がする。

「ほら、極端に言えば・・・」
「お湯なんて蛇口をひねれば出るじゃない?」

私たちの世代はそんな環境で育った。

「でも、今のアパート・・・ちょっと面倒で」

シャワーを使うには瞬間湯沸かし器を動かす必要がある。
お風呂は水を入れて、それを沸かすタイプだ。

「経験ないよ!」

私も最初はそうだった。

(No.674-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

ホタル通信 No.276

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.367 姓名判断
実話度:★★★☆☆(60%)
語り手:男性

冬のホタルではお馴染みの、結末を中途半端に終わらせ
て、皆さんに考えてもらうような手法です。

さて、その中途半端な結末につながる流れをあらためて
解説しますね。ポイントは大きく三つあります。
一つめは、占いの反対のことが起きているということです。
占い上では僕は不幸に、そして彼女は幸せに恵まれると
でます。一方、現実ではそれぞれ逆になっています。つま
り、僕は幸せで、彼女は不幸であると・・・。

二つめは、“ある名前”がなんであるかということです。
多分、姓名判断をした人なら、一度や二度、試したことが
あると思います。
そうです・・・僕の“姓と”彼女の“名”を組み合わせて試し
てみたんです。その理由は言うまでもありません。
そして三つ目は、彼女も僕と同じ組み合わせを試していた
ことです。

つまり、僕の“姓”と彼女の“名”の組み合わせで占った場
合、端的に言えば彼女は“不幸に”なる結果が出ていたん
です。
普通なら、落胆するはずなんでしょうが、占いと現実が逆
になっているということを彼女自身が知っていたため、「余
裕の表情だった」わけです。

そして、1年後・・・。
あえて組み合わせなくても、彼女は堂々と姓名判断ができ
るようになったんです。占い上では不幸に、そして現実では
幸せに・・・でも、残念ながらこの部分は創作というか叶いま
せんでした。
T276

web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.673-2]私たちの見出し

No.673-2

「それで、手前味噌なんだけど」

抜群のセンスを発揮した。
あまり褒めない先生が絶賛したほどだ。

「みんなは見出しの意味をよく理解してなくて」

単なるタイトルになっていた。

「ほら、見出しって、それだけで伝わるだろ?」
「うん・・・濃縮してるって感じよね」

多くの言いたいことをグッとおさえて、ギュと詰め込む。

「なんか、それも見出しっぽい!」
「・・・ところで、覚えてる?その見出し」

さすがにほんの一部しか覚えていない。

「確か・・・」

とにかく、最後は“青春”で終わる。
これだけは、ハッキリと覚えている。

「古き良き時代だったか・・・輝かしい時代だったか・・・」

こんな風なフレーズが先行したように記憶している。

「ふ~ん、なるほどね・・・」

「じゃあ・・・今の私たちに見出しを付けるとしたら?」
「えっ!?」

ある意味、試されている気がした。
センスをじゃない・・・僕たちの関係を・・・だ。
S673
(No.673完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
 ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.673-1]私たちの見出し

No.673-1

登場人物
男性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
「じゃぁ・・・今の私たちに見出しを付けるとしたら?」
「えっ!?」

ある意味、試されている気がした。

「なに見てるの?」
「ん?あぁ、アレだよ」

いつ見ても感心する。
週刊誌の見出しほど興味をそそる言葉はない。

「中吊り広告?」
「あぁ・・・」

買うかどうかは別にしても記事を読んで見たくなる。

「そうね、女性誌も同じよ」
「ううん・・・それ以上かな?」

彼女曰く、読むだけに留まらないと言う。

「ほら、ファッションとか化粧品とか」
「試したくなると言うか、ついには買っちゃうんだよね」

なるほど・・・そう言うことか。

「恐るべし、見出し!って感じね」
「・・・だよな・・・そう言えば・・・」

高校の授業でそんなことがあった。

「授業で?」
「うん、国語の時間にな・・・」

新聞の見出しのようなものを考える授業があった。

(No.673-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.672-2]消えた帽子

No.672-2

「明日も暖かかったら手袋も卒業ね!」

これを“前向き”と言っていいのかは別にしても・・・
意味も無く、羨ましく思う。

「私は・・・どうかな・・・」

寒さに弱いせいなのか、単に優柔不断なのか・・・。

「明後日もなら、薄手の上着に変えてこようかな?」

まるで季節の変わり目を楽しんでいるかのようだ。

「そうだね・・・私もそうしようかな」

決められないのなら、友人と行動を共にしよう。

「大丈夫?」
「も、もちろん大丈夫よ!」

寒さに弱くても優柔不断でも、決めたことはやり抜くタイプだ。

「じゃ何でもいいから、今日からひとつずつ卒業ね」
「今日から?・・・今日は無理よ」

あいにくマフラーも手袋もしてきている。

「えっ?だって、今日はいつもの帽子・・・被ってないじゃん?」
S672
(No.672完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
 ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.672-1]消えた帽子

No.672-1

登場人物
女性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
「・・・どうしようか・・・」

季節の変わり目は服装を決めるのも一苦労だ。

「おはよう!」
「おはよう!あっ・・・」

いつもと変わらない朝だ。
けど、友人の服装がいつもと違う。

「マフラーやめたんだ?」
「うん、悩んだけど、暖かくなるみたいだから」

ここ数日、昼間は春の陽気だ。
かといって、朝晩はまだまだ寒さが残る。

「まずはマフラーから卒業かな・・・って」

それだけでも随分と印象が変わる。
毎日、見慣れていただけに。

「私もまずはそれからかな・・・って思ったんだけど」

まだ手放す決心が付かなかった。

「・・・寒さに弱いし、それに今日も風が強いみたいだったから」

夏になったらなったで、今度は暑さに弱い。

(No.672-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

ホタル通信 No.275

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.394 はやさの時代
実話度:★★☆☆☆(40%)
語り手:女性

ホタル通信を書くにあたって読み直していると、あることに
気付きました。

世相を反映した小説を書くことはあっても、それを皮肉った
りするようなものを作ることはありません。あえて避けてい
るわけでもなく、自然とそこに結論が向かないだけです。
ただ、この小説はちょっと世の中を皮肉った内容になってい
ますね。

その昔、ホームページを表示するまでに、しばらく時間を要
したり、動画なんてダウンロードしようものなら、たかが数メ
ガのファイルでも何十分も掛かったりしていました。ところが
今はその程度なら、ほぼ一瞬ですよね。
それに、ダウンロードどころか、リアルタイムで再生できたり
するわけですから、小説に書いたとおり、もはや“待つ”とい
うこともありません。

・・・だからなんでしょうか?
表示が遅いネットにイライラ、エレベータにイライラ・・・して
いる自分に気付きました。
行列ができるお店に並ぶのとはわけが違うんですよね・・・。
スムースに表示したり、来たりするものが“そうならないと”
と、イライラしてしまう。
でも、急いでみたところで得するわけでもなく、結果が変わ
るわけでもないんですよね。

確かに今でもすごいスピードで世の中は変わっています。
けど、街角の片隅に目を向けてみると、そこにゆっくりとした
時間が流れていることに気付きます。
T275

web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.671-2]おもければおもいほど

No.671-2

「重力よ、重い力の・・・その波ってこと」
「あぁ・・・なるほど」

何がなるほどなのか、自分でも良く分からない。

「まぁ、いいわ・・・説明してあげるから」

それから、苦痛でしかない1時間が過ぎた。

「・・・で、分かった?」
「うん、いやと言うほど・・・」

聞き終わってみれば、理解している自分が居る。

「特に質量が大きいと時空が歪む話なんて・・・」
「そう!その歪が公転をもたらしてるんだよね」

さっきまで、必殺技と言っていたとは思えない理解度だ。
友人の説明が上手いのか私の理解が早いのか・・・。

「それが引力というか重力なんだね」

時空なんて、目の前にいくらでも存在している。
けど、その存在を感じることはできない。

「うん!さっきあなたが言ったように重ければ重いほど・・・ね」
「重ければ、重いほど・・・か・・・」

何か引っ掛かるものがある。

「人間もだよね?」
「そうね・・・軽いけど一応、質量があるからね」

おもければおもいほど・・・か。
S671
(No.671完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
 ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »