« [No.667-2]流されている!? | トップページ | [No.668-1]・・・発明記念館 »

ホタル通信 No.273

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.215 予言なんてそんなもの
実話度:★★☆☆☆(40%)
語り手:女性

今更ですが、冬のホタルの作者は小説上の牽引役(ホタ
ル通信上の語り手)か、転勤した彼のどちらかになります。

当ブログは、登場人物が物語を進めて行きます。もちろん
ほぼ実在する人物であり、例外を除いて登場する人物の
どちらか片方は“作者”です。
小説のテーマから、登場人物の性別や学生、社会人など
の人物像を決めています。そのためには作者の性別や年
齢がどうしても邪魔になるために、今も正体不明のままで
通しています。

この小説ももしかしたら、牽引役の“私”は女性ではなくて
“男性”かもしれません。そうなると、転勤したのは“彼”で
はなく“彼女”なのかもしれませんね。また、相手の気持ち
や心の中を想像して書くこともあります。
つまり二人で体験したことを、自分の目線ではなく、あえて
相手の目線で書くんです。現実に起こった出来事なのに、
100%事実でもない・・・何とも不思議な小説が出来上がる
わけです。

もう最後ですが、ラストの「後でこじつけてみたら?彼と上
手くいったわけを」の意味は分かりますか?
もちろん、予言は“後からのこじつけ”であることを言いたい
のもありますが、“彼と上手く行ったらいいな”と、自分の願
望を友人の口を借りて声にしているんですよ。
T273

web拍手 by FC2

| |

« [No.667-2]流されている!? | トップページ | [No.668-1]・・・発明記念館 »

(110)通信No.251~275」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.273:

« [No.667-2]流されている!? | トップページ | [No.668-1]・・・発明記念館 »