« [No.665-2]投稿職人 | トップページ | [No.666-1]気合 »

ホタル通信 No.272

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.306 背筋がピン!と 
実話度:★★☆☆☆(40%)
語り手:男性

あえて順番を付けるとすれば、登場する女性は当ブログ
で、登場回数が上位に位置する人です。

また、背景になっている場所は、大阪ではなく札幌です。
話は大きく反れますが、作者の正体・・・つまり、年齢や
性別等を知っており、かつブログの存在も知っている人
はこの世に一人しかいません。それが、小説に登場して
くれた女性です。

実話度はさほど高くはありませんが、実際に彼女は私の
前を歩くことが多かった・・・お互いそんな通勤習慣でした。
だからこそ、彼女の背中を必然的に見る・・・少し艶っぽく
言えば“背中を追っていた”のかもしれませんね。
話を少し戻すと、その彼女はこのブログの存在を知って
いるわけですから、ホタル通信でほぼ本音が語られてい
るのを見て驚いていると思います。

この話、朝のワンシーンを切り取っただけではなく、もう
ひとつ別の話を混ぜています。
それは「失恋したから・・・かな」と、唐突に展開して行く
あたりからです。
ただし、本当の意味での失恋ではなく、いわゆる憧れの
存在のような人を亡くされた話を聞いたことがあったので
これを置き換えています。

なぜ、置き換えたのか、明確な理由は覚えていません。
自然とそうなったような、そんな気がしています。
T272

web拍手 by FC2

| |

« [No.665-2]投稿職人 | トップページ | [No.666-1]気合 »

(110)通信No.251~275」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.272:

« [No.665-2]投稿職人 | トップページ | [No.666-1]気合 »