« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年2月

[No.671-1]おもければおもいほど

No.671-1

登場人物
女性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
「ねぇねぇ、アレ見た?」

いつものごとく、私を試すような聞き方だ。

「言っておくけど、アレじゃわかんないからね」

クイズ的なやりとりは面倒だ。
さっさと結論を導こう。

「もぉ!これからが良いところなのにぃ!」

ひとつ言える事は、かなり変化球を投げてくることだ。
アレは少なくともファッションやスイーツなどではない。

「で、なに?」
「重力波、ついに観測されたんだって!」
「・・・ジュウロクハ?」

もう一度、聞き直した方がよさそうだ。

「一応、ジュウロクハって聞こえたけど?」
「そうよ、それ」

合ってるらしい。
けど、何のことだが私にはさっぱり分からない。

「もしかして、アニメかなんかの必殺技?」

何となく聞き覚えがある言葉だからだ。

「それ・・・カメハメ波のこと、言ってる?」
「えっ!?・・・その親戚じゃないの?」

大いに違うらしい・・・友人の顔にそう書いている。

(No.671-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.670-2]あの日に帰りたい

No.670-2

「単純にできないだけよ」

かと言って、特段努力をしていないのも事実だ。

「変なオーラでも出てるのかしら?」
「まぁ・・・それは否定できないわね」

相変わらずストレートに答えてくれる。

「もぉ!一応、気にしてるんだから・・・」
「冗談よ、冗談」

けど、あながち外れてはいない気もする。

「昔の方がもてたなんて皮肉ね」

お世辞にも“イケてない”私だった。
地味な私に彼が出来たのは不思議としか言いようがない。

「そうね・・・今は“こんなん”だけど」
「それ、どう言う意味よ!?」

いつもこんな展開になってしまう。
でも、これはこれで楽しくもある。

「昔に帰りたい?」
「・・・どうだろうね」

昔に帰りたいと思ったりはしない。
ただ、あの日に帰りたいと思ったことはある。
S670
(No.670完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
 ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.670-1]あの日に帰りたい

No.670-1

登場人物
女性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
「また、来ちゃったわね」

今頃になると、あえて友人が口にする。

「もう、昔のことよ?」

7年前が“昔”なのかは意見が分かれるところだろう。

「けど、まだ忘れてないわけでしょ?」
「そうだけど、未練があるわけじゃないわよ」

学生時代の淡い恋だった。

「そう?私にはすごく似合いのカップルに見えたけどな」

同じクラスだったゆえに、何かと事情を知られている。

「あれから7年も過ぎてるのよ!?」
「・・・だからなに?」

こういう話になると友人の追及が激しい。
それも毎年、こんな調子だ。

「だから彼ができないんじゃないの?」

否定も肯定もしない・・・というより、自分でも分からない。

「そんなつもりはないんだけどね」

この言葉に嘘はない。

(No.670-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

ホタル通信 No.274

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.228 塩おにぎり
実話度:★★★★★(100%)
語り手:男性

多少の脚色はあるものの、実際の出来事をほぼ忠実に
再現してみました。

もちろん、実話度100%のお約束で、作者は小説の牽引
役である男性なのか、優衣(ゆい)なのかは秘密です。
さて、実話度100%なので、読んで頂いた通りの内容で、
悪く言えば、小説ではなく単なる日常会話に過ぎません。
ですが、日常会話の中から“ピン!”と来るものがあった
からこそ小説風に仕立てています。

以前も書かせてもらいましたが、何がテーマでも話を作
れる反面、そこから感じるものがなければ決して作ろうと
は思いません。
例えば、「No.667 流されている!?」を発表しました。水
鳥がただ泳いでいる話に過ぎませんが、流れに乗りスイ
スイ泳ぐ者もいれば流れに逆らう者も居る。これを目にし
た時、「人間社会と似てる、自分は・・・あっち側だろうな」
と感じた時、それが小説を書くきっかけになります。

話を戻すと、小説上の二人が初対面であったなら“意気
投合”してるわけですよね。そんな人、案外居そうでいま
せん。
だからこそ、細くとも永く付き合えるのかもしれませんね。
表面的なものではなく、深層の部分で意気投合できるの
は、ちょっとマニアックな世界に通ずるものがあります。

今でも彼女とは良い関係です。でも、意外と思われるか
もしれませんが、二人はかなり浅い関係でそうそう逢うこ
ともないんですよ。
T274

web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.669-2]時代は変われど

No.669-2

「聴いた装置と言うか製品と言うか・・・」

つまり、始めて聴いたのはカセットテープだった。
厳密に言えば、携帯型の製品で・・・だが。

「なんだぁ!そう言えばいいのにぃ」
「ごめん、ごめん!」

もちろん、CDからダビングしたものだ。

「・・・で、次はMDだったんだよね」
「懐かしいぃ!」
「歳・・・バレちゃうよ?」

避けていたはずの話題なのに二人で大笑いした。

「そ、そうだったわね」
「で・・・それから、また時は流れて・・・」

MDも時代の流れと共に表舞台から姿を消した。

「そ・れ・で、今はこれ」

いわゆるメモリー型のプレーヤーだ。

「昨日聴いた曲をカセットテープでも聴いたことがある」

それにMDでも聴いた。

「それを昨日、唐突に思い出しちゃって」
「・・・という話だったわけね」

彼女の歌声が眠っていた記憶を刺激したのかもしれない。
時代は変われど、彼女の歌声は何も色褪せていない。
S669
(No.669完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
 ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.669-1]時代は変われど

No.669-1

登場人物
女性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
「・・・あっ」

思わず小さな声を漏らしてしまった。
時々、唐突に何かを思い出すことがある。
もちろん、そのきっかけがあってのことだ。

「最近・・・のアルバムを買ったんだ」

いわゆるベスト版と言われるものだ。
けど、一般的に言われているものとは少し重みが違う。

「そうみたいだね・・・ファンだっけ?」
「ううん・・・特別そうじゃないんだけど」

それでも、好きでよく聴いていた。

「それでさぁ・・・昨日、聴いてたんだよね」

音楽を聴くときは、もっぱら専用のプレーヤーを使う。

「面倒だから私はスマホで聴いちゃうけどね」

スマホが主流になってからは友人のような人も多いだろう。
ただ、昔はそうはいかなかった。

「初めて聞いたのが・・・」
「やだ、今の歳がバレちゃう話?」

確かに話は昔にさかのぼる。
けど、結論はそこじゃない。

「・・・じゃなくて、聴いた物の話」
「キイタモノ?」

私の表現が悪かったようだ。

(No.669-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.668-2]・・・発明記念館

No.668-2

「なに描こうか?」
「せいじゅうろうに決まってるやん!」

あえて聞く必要もなかったみたいだ。

「・・・ほいっ!」
「なんだよ?“ほいっ!”て・・・」

菜緒(なお)が、容器を俺に差し出した。

「もしかして、“描いて”ってこと!?」
「うちな、ヘタクソなんやもん・・・」

ここに入る前とは別人のような、おしとやかさだ。
ただ、絵心がないとは意外な事実を知った。

「へぇ~知らなかった」

普段、描く機会がないこともその理由のひとつだろう。

「まぁ、いいけど・・・」

嫌々な雰囲気を出しながらも、内心は違う。
そこそこ自信があるからだ。

「・・・これでどうかな?」
「めっちゃうまいやん!」

一般的な基準ではなく、あくまでも菜緒の評価ではあるが。

「曲面だし、下書きなしだから難しいよな」
「せやかて、ええ記念になったやん!」

そう・・・確かに記念になった。
ある間違いがあったことも含めて。
Image1_2
(No.668完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
 ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.668-1]・・・発明記念館

No.668-1   [No.07-1]せいじゅうろう

登場人物
男性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
念願・・・ではないおにせよ、ようやく実現した。

「こっちやで!」

それもあってか、いつも以上に菜緒(なお)が元気だ。

(・・・こっちじゃないのかな?)

女性にしては珍しく、初めての場所でも臆することがない。
それに引き換え、俺は・・・。

「ちょっと待って!今、電波が悪いみたい」

スマホを片手にしても四苦八苦している。

「ほら、あれやん!」
「・・・ほんとだ・・・」

駅からさほど離れていないこともあり、あっさり見つけられた。
見つけたのは彼女だが・・・。

「もう人がいっぱいやん!」
「・・・意外にいぃ・・・ちょ、ちょっとぉぉ!」

言い終わる前に、猛烈な勢いで俺の腕を引っ張り始めた。

「わ、わかったから!」

言うなれば、ここではちょっとした工場体験ができる。
オリジナルのカップヌードルを作ることができるからだ。

「二階やて!」

案内板を見るや否や一目散で階段を駆け上がって行った。

(No.668-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

ホタル通信 No.273

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.215 予言なんてそんなもの
実話度:★★☆☆☆(40%)
語り手:女性

今更ですが、冬のホタルの作者は小説上の牽引役(ホタ
ル通信上の語り手)か、転勤した彼のどちらかになります。

当ブログは、登場人物が物語を進めて行きます。もちろん
ほぼ実在する人物であり、例外を除いて登場する人物の
どちらか片方は“作者”です。
小説のテーマから、登場人物の性別や学生、社会人など
の人物像を決めています。そのためには作者の性別や年
齢がどうしても邪魔になるために、今も正体不明のままで
通しています。

この小説ももしかしたら、牽引役の“私”は女性ではなくて
“男性”かもしれません。そうなると、転勤したのは“彼”で
はなく“彼女”なのかもしれませんね。また、相手の気持ち
や心の中を想像して書くこともあります。
つまり二人で体験したことを、自分の目線ではなく、あえて
相手の目線で書くんです。現実に起こった出来事なのに、
100%事実でもない・・・何とも不思議な小説が出来上がる
わけです。

もう最後ですが、ラストの「後でこじつけてみたら?彼と上
手くいったわけを」の意味は分かりますか?
もちろん、予言は“後からのこじつけ”であることを言いたい
のもありますが、“彼と上手く行ったらいいな”と、自分の願
望を友人の口を借りて声にしているんですよ。
T273

web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.667-2]流されている!?

No.667-2

「ほら、あれ見て・・・」
「・・・どれ?」

川の流れに乗って、スイスイ泳いでいる水鳥がいる。

「どう思う?」

友人の言いたいことは分かっている。
今は何でも仕事や社会に結び付けてしまう。

「私は無理かな・・・」
「・・・多分、私も」

なんとも不器用な私たちだ。
社会の流れに乗って、スイスイと泳げるはずもない。

「だけど、見方によっては流されてるよね?」

友人が意外な一言を投げてきた。

「・・・それもそうね」

確かに流されているように見えなくもない。
川の流れが結構早いからだ。

「もうやめようか、例えるの?」
「・・・だね!」

あらぬ不安を自ら助長してしまっている。

「ちょっと歩こうよ」
「うん!」

返事と共に重い腰を上げた、その時・・・。
視線の先に、別の水鳥の姿を見つけた。
川の流れに逆らうかのように、必死に泳ぐ二羽の水鳥を。
S667
(No.667完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
 ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.667-1]流されている!?

No.667-1

登場人物
女性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
「卒業まで、あと少しね」

友人の口調から、それを待ち望んでいないことは分かる。

「そうだね・・・」

それは私も同じだ。
社会に出ることへの不安が日を追うごとに増して来ている。

「キラキラ輝いてるのは、川面(かわも)だけね」

何となく川辺を歩きたくなって、二人でここに来てみた。

「ほんと・・・いやみのひとつでも言いたくなっちゃうね」

川面に反射する太陽の輝きさえ素直に見ることができない。

「入社式はいつ?」
「あなたと同じ4月1日よ」

とは言え、別々の会社だ。
それに友人は、この町を出ることになる。

「そっか・・・」

別に友人としての縁が切れるわけじゃない。
でも、頻繁にはもう逢えない。

「色んな意味で不安だね」
「・・・うん」

春の暖かい日差しが、逆に寂しさを演出する。

「いいね・・・水鳥は気楽で・・・」

数羽の水鳥が、何とものんびりと泳いでいる。

(No.667-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.666-2]気合

No.666-2

「別の理由?」
「あぁ・・・なんていうか・・・」

もっと精神的なものを感じていた。

「まぁ、あえて言うなら“気合”ってことかな」
「そう!それそれ!」
「でも、思ってるような気合じゃないと思うけどな?」

彼女の言葉とは裏腹に、皆くどいほど髪を整えていた。
一本足りとも、乱れぬようにと・・・。

「その上で、ゴムなんかで束ねてたぞ」

多少、見た目も気にした上でのことだとは思う。
けど、明らかにそれとは違う気配を感じた。

「それが気合だよ、気合!」

やはり、この言葉がピッタリ来る。

「真剣な眼差しも、また素敵だよな・・・」

普段の生活ではなかなか見せない表情だろう。

「さっき、“思ってるような気合じゃない”って言ったよね?」

「ん?あぁ・・・」

けど、気合は気合だ・・・特別、種類があるわけでもないだろう。

「真剣な眼差し・・・なんて、女子の常套手段よ」
S666
(No.666完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
 ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.666-1]気合

No.666-1

登場人物
男性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
その気になって観察すれば、結構そんな人が居る。
僕の前の人も、そそくさと整え始めた。

「昨日の試験、どうだった?」

会社に着くなり、開口一番がそれだった。

「少しは得点が上がっていると思うけど」

超スローペースだが、勉強は続けていた。

「良かったじゃない!」
「勉強の習慣も少しづつ付いてきたからな」

その結果、多少なりとも手応えを感じ始めた。

「ところでさぁ・・・ちょっと聞きたいことがあるんだけど」
「あらたまって、なに?」

昨日の試験会場での出来事だ。
試験前に、多くの女性が髪を後ろで束ね始めた。

「邪魔になるから・・・でしょ?」

確かにその通りだと思う。
束ねていたのは皆、髪がロングの人ばかりだ。

「試験って、下ばかり向いているでしょ?」
「だから、うっとうしくて」

意外と言えば意外だ。
同性として、別の理由を期待していたからだ。

(No.666-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

ホタル通信 No.272

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.306 背筋がピン!と 
実話度:★★☆☆☆(40%)
語り手:男性

あえて順番を付けるとすれば、登場する女性は当ブログ
で、登場回数が上位に位置する人です。

また、背景になっている場所は、大阪ではなく札幌です。
話は大きく反れますが、作者の正体・・・つまり、年齢や
性別等を知っており、かつブログの存在も知っている人
はこの世に一人しかいません。それが、小説に登場して
くれた女性です。

実話度はさほど高くはありませんが、実際に彼女は私の
前を歩くことが多かった・・・お互いそんな通勤習慣でした。
だからこそ、彼女の背中を必然的に見る・・・少し艶っぽく
言えば“背中を追っていた”のかもしれませんね。
話を少し戻すと、その彼女はこのブログの存在を知って
いるわけですから、ホタル通信でほぼ本音が語られてい
るのを見て驚いていると思います。

この話、朝のワンシーンを切り取っただけではなく、もう
ひとつ別の話を混ぜています。
それは「失恋したから・・・かな」と、唐突に展開して行く
あたりからです。
ただし、本当の意味での失恋ではなく、いわゆる憧れの
存在のような人を亡くされた話を聞いたことがあったので
これを置き換えています。

なぜ、置き換えたのか、明確な理由は覚えていません。
自然とそうなったような、そんな気がしています。
T272

web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.665-2]投稿職人

No.665-2

「特別扱い?」
「うん、投稿の常連だったから」

その雑誌に対する意見などを求められるようになった。

「他の雑誌にもよく掲載されたよ」

多少、掲載されるコツというか・・・ツボが分かっていた。

「まぁ、今思えば恥ずかしい内容も多かったけどね」

今でもいくつか覚えている。

「へぇ~それなら聞かせてよ?」
「言った通り、恥ずかしいからダメ!」

中学生が書く、それこそ幼稚で下品なネタだ。

「ますます聞きたくなってきたんだけど?」
「だから、ダメなのぉ!」

自分から言い出したことだけど話題を戻した方がいいだろう。

「ところでさぁ・・・」
「その動画、なにがおもしろいの?」

話題をさっきまで巻き戻した。

「ほら、これだよ」

スマホを私に向けた。

「えっ!?うそぉ・・・なにコレ~!」

何とも幼稚で下品な光景が映っていた。
けど、かつて文字にした私のネタはこれ以下だった。
S665
(No.665完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
 ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.665-1]投稿職人

No.665-1

登場人物
女性=牽引役  男性=相手
-----------------------------
「さっきから、何に見てるの?」
「ん?YouTubeだよ」

スマホのお陰で、退屈をしのぐバリエーションも増えた。

(・・・と、いうことは私と居ると退屈ってこと!?)

「まぁ・・・いいけど」
「何だよ?」

自分がそう思ってるだけだ。
あらぬ波風は立てないほうがいいだろう。

「なんでもないよ、ところでどんな動画?」
「それがさぁ、おかしくって!」

最近流行りの”おもしろ動画”らしい。
世界中の人が投稿している・・・笑いに国境はない。

「おれも投稿したくなっちゃうよ!」

彼の言葉を聞いてあることを思い出した。

「そう言えば、私・・・今で言う“投稿職人”だったかも?」

その昔、投稿と言えば専らハガキが主役だった。
雑誌にしてもラジオにしても。

「特に雑誌にはよく投稿したなぁ・・・」

ちょっとした体験談、イラスト、おもしろネタ・・・。

「へぇ~そんな風には見えないけどな?」
「さすがに今はしてないけどね」

当時、編集部から特別扱いされていたこともあった。

(No.665-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.664-2]既読スルー

No.664-2

「だから、“気にしてない”って言ったのよ」

言っては何だが、頻繁に送られてくる割には中身がない。
これから買い物に行くとか、帰ってきたとか・・・。

「さっきも言ったけど、何を返せばいいか困るでしょ?」

こうもストレートに言われると、否定するほうが逆に疑われる。

「まぁ・・・そうかな・・・」
「自覚してるし、それに好きだから送ってるしね」

それならそれで助かる。
LINEを送ること自体が好きならそれでよい。

「まぁ、俺も迷惑じゃないし」
「・・・ほんと?」
「あぁ」

流行のカフェで写真を撮ったりするのと同じ感覚なんだろう。
情報を共有したいと言うか・・・いかにも女子らしい行動だ。

「じゃ、あらためて言うけど、好きで送ってるから」
「ん?・・・あぁ、君さえ良ければ俺は構わないよ・・・」

内容はともかく、LINEをもらうこと自体は嫌いじゃない。

「俺も好きでもらってるから」
「なんだ・・・両想いだったんだね!」

どうしてこんな展開になったのか、理解できない自分が居る。
S664
(No.664完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
 ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.664-1]既読スルー

No.664-1

登場人物
男性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
この言葉はLINEと共に生まれたと言ってもいいだろう。

「急にあらたまって・・・なに?」
「いや・・・その・・・」

確かにあらたまると言い出し難い。

「ほら、LINEでさぁ・・・」

流行の言葉を借りれば、“既読スルー”をしている。
けど、本当の意味でのスルーをしているわけではない。

「・・・俺って、あまり返信しないだろ?」
「そうね、いつものことだけど」

予想はできたが、やはりそう思われていたようだ。

「気にしてないわよ・・・別に」

けど、本心はどうだか分からない。

「既読スルーしてるつもりはないんだけど・・・」

この言葉に嘘はない。
届いたLINEを無視したつもりも放置したつもりもない。

「たわいないことばかりだから、返事しにくいんでしょ?」
「えっ・・・あっ、うん」

あまりにも的を得たセリフに、つい本音がもれてしまった。

(No.664-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

ホタル通信 No.271

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.303 絡まる
実話度:★☆☆☆☆(20%)
語り手:女性

前回のホタル通信にも書きましたが、無理矢理恋愛話に結び
付ける類の小説です。

何度かホタル通信では紹介していますが、話のラスト・・つま
り、“オチ”を考えた上でストーリーを組み立てることはほとん
どありません。これは今も昔も変わりません。
ただ、方向として“恋愛系”に持って行こうとは考えていました。
ですが、恋愛話が好きだったからではありません。正直に言
えば当時の心境がそうさせました。楽しいことよりも苦しいこと
の方が多く、それが“冬のホタル”のベースになっていますし、
今も小説を書き続けることができる原動力にもなっています。

さて、実話度は低めです。無理矢理・・・というくらいですから、
“いつの間にかコードが絡んでいる”ことがある事実だけを頼
りにストーリーを展開させています。
基本的にはどんなネタでも話は作れます。ですが、見聞きし
たものを手当たり次第、小説にすることはありません。つまり
あえてネタを探す行為はしていません。

あくまでも見聞きしたもの、経験したことの中で心に“ピン!”
と来たものしか、小説化していません。
たかが“絡まる”ですが、知らず知らずのうちに、絡まり合い、
解くことに苦労する・・・どこか人間関係に置き換えて居たん
でしょうね。
今でも、自然にできた結び目を見つけると、この小説を思い
出します。あなたの結びは如何でしょうか?決して解けない
ように。
T271

web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »