« [No.661-2]未来を覗く | トップページ | [No.662-1]そんな関係 »

ホタル通信 No.270

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.207 長靴の想い出
実話度:★☆☆☆☆(20%)
語り手:男性

実話度は、散りばめられている小さな事実を寄せ集めて
何とか20%程度です。

冒頭、実話度に触れた通り、何か大きな事実があったわ
けでもなく、いくつかの事実を混ぜ合わせたような小説に
なっています。
小説に登場する景子(けいこ)は、実在する人物をモデル
にしていますが、雨の想い出は彼女のものではありませ
ん。つまり、このようなことが“混ぜ合わせた”小説と記載
した所以です。

今は少なくなりましたが、当時は無理矢理にでも恋愛系
の話に仕立てていました。それなりの背景があったから
なのですが、この小説もそれが色濃く出ています。
手前味噌ですが、それらしくラストを迎えることができて
いるので、まぁ、悪くはない出来栄えです。
結果的に、景子は僕に好意を寄せていてくれたと言うこ
とになるんでしょうか・・・。

“新しい長靴を履きたいがために雨を心待ちにしていた”
ことと同じ意味で、雨宿りを位置づけています。
でも、最初からこれを狙って、そう展開させたわけでは
なく、いつもの通り、二人の会話は成り行きに任せてい
ます。
創作物なのに、成り行きに任せるのは、おかしな表現だ
と思われるかもしれませんが、「冬のホタル」の結末は、
展開次第なんです。
その展開は作者ではなく、登場人物たちが決めることな
んですよ。
T270

web拍手 by FC2

| |

« [No.661-2]未来を覗く | トップページ | [No.662-1]そんな関係 »

(110)通信No.251~275」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.270:

« [No.661-2]未来を覗く | トップページ | [No.662-1]そんな関係 »