« [No.657-2]LINEの涙 | トップページ | [No.658-1]うちのタマ知りませんか? »

ホタル通信 No.268

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.368 夢の中
実話度:★★☆☆☆(40%)
語り手:女性

夢の中の出来事を描いた小説で、冬のホタルでは比較的
珍しいジャンルの話です。

特に夢の中の話が嫌いなわけではありませんが、これを
題材にすると“何でもあり”になってしまうので、意識的に
控えるようにしています。
今回の夢は、目が覚めても鮮明に覚えていたことに加え
て、小説のネタとして笑える要素が含まれていたことから
採用することにしました。

小説に登場する二人で夢の話について会話した事実は
ないのですが、夢のことやそれにまつわる話は、ほぼ事
実です。
夢をきっかけに好きになる・・・さすがに「友人、知人」で
ということはほとんどないのですが、芸能人なら良くあり
ます。急にファンになってしまうことは。

さて、今回の話は夢そのものにオチが付いているような
ものでしたから、サクサクと書き進めることができました。
言うなれば赤の他人の夢を見ているようなものですから
それならば、その通りに描いてしまおうと思いました。
もちろん、普通に書くのではなく、“抱き合っている二人と
も赤の他人である”と言う事実は隠したままの上でです。

事実ベ-スとは言え、冬のホタルらしくない、商業的な作
りの小説です。ですが、年も明けて最初に読み直して頂
ける小説としては、クスっと笑えるのではと思っています。
T268

web拍手 by FC2

| |

« [No.657-2]LINEの涙 | トップページ | [No.658-1]うちのタマ知りませんか? »

(110)通信No.251~275」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.268:

« [No.657-2]LINEの涙 | トップページ | [No.658-1]うちのタマ知りませんか? »