« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

2016年1月

[No.663-2]かみのお告げ

No.663-2

「そう思うと・・・ね」
「・・・そうね」

たかがゴミひとつでも、少し寂しい気分になった。

「あっ!もちろん、今日は拾ったわよ」
「えらい!」

さすがに素通りは出来なかった。

「出来そうで出来ないことよ、案外」

けど、褒められても複雑な心境だ。

「とにかく今度から足を止めるようにするわ」
「そうね・・・私も」

大袈裟だけど、それなりの覚悟は必要だ。

「でも、これってかみのお告げだったのかもしれない」
「・・・神?・・・“紙切れだけに”ってこと?」

実はゴミを拾った瞬間に、あることを思い出した。

「昨日、帰る間際に・・・」

資料を一枚印刷した。
それを、とり忘れていたことを思い出した。

「内容が内容なだけに大急ぎで回収したわ」

紙を拾い、恐れながら神に拾われたのかもしれない。
S663
(No.663完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
 ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.663-1]かみのお告げ

No.663-1

登場人物
女性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
戻ろうと思えば戻れる。
でも、足が止まらなかった。

「・・・ゴミ?」
「うん、昨日帰ろうとしたら」

廊下の真ん中に紙切れが落ちていた。
そこそこ目立つ大きさだった。

「私は気付かなかったけど・・・」

建物の外に出る通路はいくつかある。
それにゴミが落ちた時間にもよる。

「・・・私はね、気付いたんだけど・・・」

急いでいたこともあり、拾えなかった。
いや・・・正確に言えば拾わなかった。

「なんか、それにすごく罪悪感を感じてさぁ」

それこそ、見て見ぬふりをした。

「ただ・・・ね」

今日もそのゴミがそこにあった。

「・・・誰も拾わなかったんだ?」
「人のことは言えないけど・・・そうみたい」

私が帰った後も大勢の人がそこを通ったはずなのに。

(No.663-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.662-2]そんな関係

No.662-2

「彼と水族館に行ったのね」

(ん・・・彼なんて居たっけ?)

「夢だから、“彼”は知らない人だったけど」

夢ではよくある話だ。

「で、帰ろうとしたら何か怪獣みたいなのが襲ってきたの」
「水中から・・・」

突拍子もない展開が実に夢らしい。
ある意味、安心して聞いていられる。

「それで、あなたがそいつに足蹴り!ってわけね」
「うん、だって彼の足に喰らいついてきたんだもん!」

現実世界と変わらない勇敢さだ。

「夢中で何度も何度も足蹴りにしたわ!」

女子らしからぬ行動も彼を思ってのことだろう。

「それで怪獣は?」
「もちろん撃退したわよ!こてんぱんにね!」

怪獣が弱いのか、友人が強すぎるのかは聞かないでおこう。

「それで体が動いちゃったんだ?」
「うん、それで隣に寝ていた彼を何度も蹴ってたみたい」

彼にしてみれば、そりゃ、災難もいいところだ。
・・・あれ?

「・・・今、“彼”って言ったよね?」
S662
(No.662完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
 ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.662-1]そんな関係

No.662-1

登場人物
女性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
「・・・どうかしたの?」
「う、うん・・・別に」

その言葉とは裏腹に、何かあったのは見え見えだ。

「話、聞こうか?」

友人の顔がパッと明るくなった。
よほど聞いて欲しかったらしい。

「夢に合わせて体が動いたことない?」
「・・・どういうこと?」
「例えば・・・」

夢で“平手打ち”したら、現実でも手が動く・・・。
そんなことを言いたいらしい。

「例え話がリアルね~」

例え話が友人らしくて笑える。

「でさぁ・・・昨日、その“体が動く夢”を見たの」
「平手打ち?」

少しからかってみた。

「ううん、足蹴り」
「え、えぇーっ!!」

平手打ちどころじゃない。

「なに驚いてるのよ?あくまでも夢の話よ」
「そ、そうだったわね・・・」

友人が言うと、妙にリアリティに溢れているからこわい。

(No.662-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

ホタル通信 No.270

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.207 長靴の想い出
実話度:★☆☆☆☆(20%)
語り手:男性

実話度は、散りばめられている小さな事実を寄せ集めて
何とか20%程度です。

冒頭、実話度に触れた通り、何か大きな事実があったわ
けでもなく、いくつかの事実を混ぜ合わせたような小説に
なっています。
小説に登場する景子(けいこ)は、実在する人物をモデル
にしていますが、雨の想い出は彼女のものではありませ
ん。つまり、このようなことが“混ぜ合わせた”小説と記載
した所以です。

今は少なくなりましたが、当時は無理矢理にでも恋愛系
の話に仕立てていました。それなりの背景があったから
なのですが、この小説もそれが色濃く出ています。
手前味噌ですが、それらしくラストを迎えることができて
いるので、まぁ、悪くはない出来栄えです。
結果的に、景子は僕に好意を寄せていてくれたと言うこ
とになるんでしょうか・・・。

“新しい長靴を履きたいがために雨を心待ちにしていた”
ことと同じ意味で、雨宿りを位置づけています。
でも、最初からこれを狙って、そう展開させたわけでは
なく、いつもの通り、二人の会話は成り行きに任せてい
ます。
創作物なのに、成り行きに任せるのは、おかしな表現だ
と思われるかもしれませんが、「冬のホタル」の結末は、
展開次第なんです。
その展開は作者ではなく、登場人物たちが決めることな
んですよ。
T270

web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.661-2]未来を覗く

No.661-2

「結構、悩んでたよね?」

バケツのような入れ物にそれがいくつか入れられていた。

「結構、種類があるみたいね・・・」

パッケージの色が異なっている。

「だからどれにしようか迷ってたんだ」
「・・・多分、買えるのはひとつだろうから」

どうしても自分の小さい頃と重なってしまう。
私もよく迷っていたからだ。

「小さい頃はみんなそうなんじゃない?」
「小銭握りしめてさぁ・・・」

子供の頃の方がお金の有難味を知っていた・・・。
それは今の私たちを見れば分かる。

「それサプリメント?」
「あなたこそ・・・」

それに、化粧品も買うつもりだった。
春に向けた新作を・・・。

「まだ、前のが残ってる」
「・・・私も」

なんだか、自分の行動が恥ずかしくなってきた。

「女の子・・・嬉しそうね」
「やっぱり、お母さん、居たね!」

母親と手を繋ぎレジに並ぶ女の子に教えられた。
S661
(No.661完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
 ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.661-1]未来を覗く

No.661-1

登場人物
女性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
「・・・どうしたの?」
「あっ・・・うん・・・」

目線の先に居る、女の子の行動が気になっている。

「・・・あの子?」
「うん」

場所がら存在が見合わなくもない。
おそらく母親と一緒だと思う。

「見てて・・・きっとこの後・・・」
「・・・ほら!」

私の予想通り、何かを手に店の奥に走って行った。

「よく分かったわね!?」
「だって、ドラッグストアよ?」

およそ子供が一人でくるところではない。

「それもそうね」

ただ、子供が喜ぶ物も売ってはいる。

「それが、手に持ってたものね?」

何を持って行ったのか、直接は分からない。
でも、さっき覗いていたものを見れば間接的に分かる。

「・・・やっぱり」
「だね」

ある人気キャラクターのお菓子だった。

(No.661-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.660-2]呼び捨て

No.660-2

「確かに子供には理解しがたいことね」

今じゃ、それを器用に使いこなしている自分に笑える。

「難なく、ウチとソトを・・・ね」
「あんな僕が成長したかと思うと笑えるよ」

子供の頃が懐かしいくらいだ。

「そうね・・・それは褒めてあげる」
「そうかなぁ」

多少、褒められて照れくさくもある。

「そうよ」
「ありがとう、・・・さん」

もちろん、ウチなので、同僚も“さん”付けが基本だ。

「・・・まだ決まらない?」
「もうちょっとだけ待って・・・ねぇお願い!」

これだから女性と買い物に行くのは好きじゃない。
迷いだしたら、とどまることを知らない。

「会社だと、スパッ!と決められるのにな」
「この前の話じゃないけど、決断にもウチとソトがあるの!」

そんなことはどうでもいいから、早く決めて欲しい。

「おい、優子!早く決めろよ」
S660
(No.660完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
 ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.660-1]呼び捨て

No.660-1

登場人物
男性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
それは小さい頃の素朴な疑問だった。

「“社長を呼び捨てにしてる!”なんて思ってた」

テレビを見ていると、よくそんなシーンを見掛ける。
ドラマでも現実のニュースでも。

「それって、普通だよね?」
「今は・・・な」

ただ、小さい頃はそれを理解できなかった。

「だってさ、社長だよ、社長!」
「それを、社長の○○は!とか呼び捨てにするんだから」

小さいながらにも、社長は絶対的な存在だと思っていた。
その存在感たるや今の比じゃない。

「まぁ、分からなくもないわね」
「とりあえず、偉い人には間違いないから」

正直、今でも小さい頃の名残で違和感を覚えなくもない。
けど、さすがにそれを表に出すことはない。
・・・でなければ社会人として失格だ。

「いわゆるウチとソトを使い分けてるせいだよね?」
「・・・だな」

社内では呼び捨てにはしない。
あくまでも○○社長だ。
呼び捨てにするのはソト・・・つまり社外の人に紹介するときだ。

(No.660-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

ホタル通信 No.269

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.322 英国屋
実話度:★★★☆☆(60%)
語り手:男性

とあるカフェ・・・説明する必要もなく英国屋です。正しくは
“英國屋”ですね。

舞台となっているのは、大阪市内のとある英国屋です。
もちろん、今も存在しています。そこで何があったのかは
小説に書いてある通りで、衝撃的なことを色々と聞かされ
ました。
今の時代、離婚のひとつやふたつ、大した出来事ではな
いのかもしれませんが、微塵もそんなことを感じることが
できなかったので、かなり驚いたのを覚えています。

でも、そんなことがあったにもかかわらず、その場所の存
在を完全に忘れていました。ですから、その英国屋を目に
した時もかなり驚きました。
この小説はそんな瞬間を描いたものです。想い出の中の
“彼女”は、冬のホタルの主人公とも言えるあの彼女です。

相手の過去を知ることはある意味、秘密を共有したようで
もあり、ふたりの距離がグッと縮まった気がしていました。
でも、小説の通り、それは逆効果でした。
お互いの想いが大きくなればなるほど、距離は縮むどころ
か、離れて行きました。ふたりとも、そこから先には進めな
い立場にあったからです。

今では良い想い出・・・と、清々しく言える立場ではありませ
んが、苦しくも儚い時間を共有できたことに感謝しています。
今の自分が、かくもこうして小説を書いているのも、彼女の
存在があったからです。
T269

web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.659-2]初夢

No.659-2

「えっ!?大変な事実?」

年が変わったこともあり、カレンダーをめくった。
その時、あることに気付いた。

「え・・・なに・・・」
「・・・1928年1月のカレンダーだったの」

和暦で言えば、実に昭和3年だった。

「それ、冗談のつもり?」

もちろん両親に確認した・・・何かの冗談なのかと。

「でもね、逆にポカ~ンとされたの」
「それで慌てて、新聞やスマホを見てみたら」

全て1928年だった。

「違和感の正体・・・これだったのだと思う」

それに今流れているニュースも変だ。
ニュースによれば瞬間移動装置の故障が相次いでいるらしい。

「ねっ!絶対変でしょ?」
「変なのはあなたの方よ、実際、その装置はよく故障するもん」
「え・・・なに言ってるのよ・・・」

友人までがおかしなことを言うようになった。

「それに今日は1928年1月3日でしょ?」
「ちょ、ちょっと冗談はやめてよ・・・あ・・・あれ・・・意識が・・・」

1928年のはずがない・・・いつもの風景と変わりはないからだ。
例の装置のことは別にしても。
遠のいて行く意識の中で、そんなことを考えていた。

「・・・う、ううん・・・ん・・・あれ・・・ハッ!」
S659
(No.659完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
 ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.659-1]初夢

No.659-1

登場人物
女性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
「何となく、いつもと違うのよね・・・」

これと言って、変わったところはない。
けど、言い知れぬ違和感を感じる。

「違和感?」
「うん、最寄駅に降りた時からなんだよね」

疎外感とでも言えばいいのだろうか・・・。
大勢の中に居ながらも、ひどい孤独を感じる。
自宅に帰る道中も、その違和感は拭えなかった。

「でね・・・そう思いながらも家に着いたんだ」

当たり前だが、いつもの家族がそこに居た。
両親に妹・・・そして見慣れないものまで。

「・・・何が居たの?」
「犬よ・・・確かチワワかな?」

その犬は昨日まで家には居なかった。

「買ったの?それとも預かってたわけ?」
「ううん、それがよく分かんなくて・・・」

私がそれについて聞かなかったせいもある。
だけど、誰もそのことについて触れようともしなかった。

「せめて一言、あってもいいんじゃない?」
「結構、大きな出来事じゃん!」

普通はそうだろう。
少なくても、私は何も聞かされていないのだから。

「それはそうと、肝心の違和感はどうなったの?」
「実は・・・」

この後、大変な事実を知った。

(No.659-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.658-2]うちのタマ知りませんか?

No.658-2

「でもさぁ、どうして紙袋なの?」
「・・・逆にその方が“ダサい”ような気もするけど」

確かに今はそう思う。
紙袋と言っても、今のようなおしゃれなものじゃない。

「理由は分からない」
「誰かが始めたのをマネたんじゃないかな?」

気付けば誰もが紙袋を提げていた。

「けど、あまり丈夫じゃなくて」

教科書も束になると重い。
そうこうしている内に、底が破けてくる。

「だから、面倒だけど頻繁に交換しなきゃダメなんだよね」

そんな時、ある紙袋に出会った。

「それが・・・これなの!?」
「うん、今でもキャラクターが残ってると思わなかったよ」

洒落じゃないが、“たまたま”ネットで見掛けた。

「当時は世の中に出たばっかりの頃だと思う」

それでも多少、注目の目を集めた。
もちろん、そんな狙いは無かった。

「自分で買ったの?」
「いや、彼女からのプレゼント・・・も、もちろん当時の!」

いつも思う・・・なぜ、分かるのだとうかと。
S658
(No.658完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
 ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.658-1]うちのタマ知りませんか?

No.658-1

登場人物
男性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
なぜ、そうなったのか、理由は分からない。
“流行だったから”としか、記憶に残っていない。

「紙袋?」
「そう・・・当時の流行は」

学生だった頃、紙袋が流行った。
カバンの代わりとして。

「一応、指定のカバンは持ち歩いてるんだけど」

中身はほぼ入っていない。
そのほとんどは紙袋に入れてある。

「・・・どうして?」
「教科書とか入れてるとカバンが膨らむだろ?」

つまり、その分だけ、カバンが分厚くなる。
それは当時、“ダサい”とされていた。

「ほら、なんか優等生っぽくてさぁ・・・」

中身が詰まっているからと言って優等生とは限らない。
ただ、そう思わせるものはあった。

「実際、近くに進学校があったので」

版で押したように、皆カバンは分厚かった。

「その反発心もあったんじゃないの?」
「・・・まぁ・・・ね」

多少はないとも言い切れない。

(No.658-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

ホタル通信 No.268

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.368 夢の中
実話度:★★☆☆☆(40%)
語り手:女性

夢の中の出来事を描いた小説で、冬のホタルでは比較的
珍しいジャンルの話です。

特に夢の中の話が嫌いなわけではありませんが、これを
題材にすると“何でもあり”になってしまうので、意識的に
控えるようにしています。
今回の夢は、目が覚めても鮮明に覚えていたことに加え
て、小説のネタとして笑える要素が含まれていたことから
採用することにしました。

小説に登場する二人で夢の話について会話した事実は
ないのですが、夢のことやそれにまつわる話は、ほぼ事
実です。
夢をきっかけに好きになる・・・さすがに「友人、知人」で
ということはほとんどないのですが、芸能人なら良くあり
ます。急にファンになってしまうことは。

さて、今回の話は夢そのものにオチが付いているような
ものでしたから、サクサクと書き進めることができました。
言うなれば赤の他人の夢を見ているようなものですから
それならば、その通りに描いてしまおうと思いました。
もちろん、普通に書くのではなく、“抱き合っている二人と
も赤の他人である”と言う事実は隠したままの上でです。

事実ベ-スとは言え、冬のホタルらしくない、商業的な作
りの小説です。ですが、年も明けて最初に読み直して頂
ける小説としては、クスっと笑えるのではと思っています。
T268

web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »