« [No.653-2]節目のとき~それから~ | トップページ | [No.654-1]おばあちゃんの記憶 »

ホタル通信 No.266

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.397 宇宙の始まり
実話度:☆☆☆☆☆(00%)
語り手:女性

実話度はほぼ0%です。ふとわいた疑問を小説風な展開
にしてみました。

とは言え、唐突にわいて来た疑問ではありません。多少、
そっち系に興味があったので、日頃から疑問に思ってい
ました。
小難しい話はさておき、誰もが一度は考えたことがあるで
あろう「宇宙の果て」「宇宙の始まり」を会話の中で展開さ
せています。その流れの中で、“何かに属する”という会話
がオチに対する伏線の役割を果たしています。
ですが、オチが決まった上で、あえて伏線を用意したので
はありません。

つまり、いつもの通り、会話の流れに沿うようなオチを付け
ただけに過ぎません。ですから、先を見て物語を書き進め
ることはありません。
従って、時にはオチが出てこなくて、相当悩むことも少なく
はありません。そんな時は“思わせぶり”なオチで、逃げて
います(笑)

ところで、今回のオチは分かりますでしょうか?
この小説は、就職活動に勤しむ二人の女性・・・詳細な人
物設定はしていませんが、まぁ、大学生とでも考えて頂け
れば結構です。
なかなか属せない(=就職活動がうまく行かない)ことを少
しコメディタッチで描いたものです。
T266

web拍手 by FC2

| |

« [No.653-2]節目のとき~それから~ | トップページ | [No.654-1]おばあちゃんの記憶 »

(110)通信No.251~275」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.266:

« [No.653-2]節目のとき~それから~ | トップページ | [No.654-1]おばあちゃんの記憶 »