« [No.651-2]悔しいから悔しいけど | トップページ | [No.652-1]三輪車の犬 »

ホタル通信 No.265

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.305 不安のタネ
実話度:★☆☆☆☆(20%)
語り手:女性

手前味噌ですが、ラストは良くできた作りになっています。
ただ、読み直してみると“あること”が頭をよぎりました。

作者は他の方々の作品を読むことが殆どありません。そ
れは作風に影響を受けたくないからではなく、アイデアに
影響を受けたくないからです。
“冬のホタル”は超短編なので、人や情景などの細かな描
写には拘っていません・・・というより、省略しています。
ですからブログの売りはスピーディな展開とアイデアだと
思っています。

従って、他の方々の小説からアイデアを盗用しないように
読まないようにしています。決してそんなつもりはなくても、
無意識にそうしてしまうこともありますから・・・。
小説を読み直してみると、ラスト付近の展開は私が初めて
書いたのではなく、既にどなたかが、書いているような・・・
そんな気がしてきました。これが、冒頭に書いた“あること”
なんです。

最後に、実話度は低めです。このような会話があったわけ
ではありません。これと似たプレッシャーが掛かる出来事
があっただけです。
それを何とか乗り越えようと、私が思い悩んで居る時に、浮
かんだストーリーです。
T265

web拍手 by FC2

| |

« [No.651-2]悔しいから悔しいけど | トップページ | [No.652-1]三輪車の犬 »

(110)通信No.251~275」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.265:

« [No.651-2]悔しいから悔しいけど | トップページ | [No.652-1]三輪車の犬 »