« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

2015年12月

[No.657-2]LINEの涙

No.657-2

(間違いない)

相手は恐らく彼氏だろう。
どんな話をしていたのかは想像はできる。
それが今、途絶えたのだ。

(どうしよう・・・)

つい見ず知らずの女性に情が移ってしまった。
鼻をすする音は、完全に泣き声に変わった。
ただ、隣に居ないと分からないレベルの声だ。

そうこうしている内に、目的の駅が迫ってきた。
彼女のスマホを握り締める手にも力が入っている。

(・・・ええぇい!こうなったら)

「が、ん、ば、れ・・・」

空に向かって独り言のようにつぶやいてみた。
丁度、目的の駅にも到着した。

「・・・ありがとう」

僕が席を立つ瞬間、小さな声が背中越しに聞こえた。
S657
(No.657完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
 ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.657-1]LINEの涙

No.657-1

登場人物
男性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
(泣いてるのかな?)

小刻みな鼻のすすり方が妙に気になり始めた。
最初は、風邪でも引いているのかと思っていた。

(覗き込むわけにもいかないし・・・)

髪の毛が丁度、顔を塞ぐように垂れている。
彼女が下を向いているからだ。
正確に言えば、手に持っているスマホの画面を見ている。

(気になるな)

小さくとも鼻をすする音が電車内でも聞こえる。
なにせ、隣同士だからだ。
とは言え、たまたま乗り合わせたに過ぎないが・・・。

(もしかして・・・)

ある確証が出始めてきた。
彼女はLINEをしている・・・。
それが目にチラッと入ってきたからだ。

けど、ほどなくして彼女の手が止まった。
一瞬だけ漏れた嗚咽のような声と共に・・・。

(No.657-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.656-2]イニシエーション・ラブ

No.656-2

スマホもケータイも無い時代だ。
・・・と言うより、そもそもネットが無い。

「それでも楽しかったよな~」

もちろん、そこには涙もあった。
それも含めての話だ。

「そうよね、人と人とが・・・」
「・・・直接会うしかコミュニケーションが取れない時代だもん」

反面、ある意味、別れは残酷だった。

「残酷?」
「だってさぁ・・・会わなくなったら事実上、終わりだろ?」

唯一の電話も気軽に出来るものではない。
それに会えない時間を埋めるものがなかった。

「遠距離恋愛なんて、その典型だよ・・・映画のように」

最初はその距離間が、逆に二人を熱くする。
けど、いつしか、勘違いしていることに気付く。

「お互い悲劇のヒロインに酔っていただけだと」
「・・・そうなのかもしれないね」

それに気付いた時、もう冷める気持ちを止めることはできない。

「当然、それを乗り越えた人も居るけどね」

それは今も昔も変わらない。
会えない時間は、相手を想う気持ちで埋めるしかない。
S656
(No.656完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
 ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.656-1]イニシエーション・ラブ

No.656-1

登場人物
男性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
確かに予告通りの映画だった。
まんまと騙されていた。

「ある意味、衝撃的な内容だったよね」
「あのシーンからだよな・・・騙され始めたのは」

思い込みを利用した巧みなストーリー構成だった。

「多分、そう」

それに時より、テロップで表示される日付も曲者だった。

「そうそう!もう一度見たくなっちゃう」

でも、僕の興味は別のところにあった。

「それもあるけど、なんか懐かしい映画だったよな」

時代設定が、僕らの青春時代と重なる。

「・・・私もそう感じてた」

ボディコン、ワンレン・・・昔のトレンドも、もはや死語に近い。

「カーステレオ、見た?」
「カセットテープだっけ?」

単にそれだけじゃない。

「そのテープ、確か金色に輝いていたよな?」
「・・・アレだよね」

年齢がバレる一品とも言える。

(No.656-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

ホタル通信 No.267

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.387 ラーテスカ
実話度:★☆☆☆☆(20%)
語り手:男性

高校生の時、クラスメートのひとりから何気に聞かれま
した「“ラーテスカ”ってなに?」と。

もちろん、聞かれた瞬間は何のことだかさっぱり分かり
ませんでしたが、話を聞けばすぐに分かりました。
屋台を始めて見た子供がそれを言うのなら分かるので
すが、高校生ですからね・・・。
今までずっと、疑問に思っていたのかもしれませんが、
とにかく大爆笑したのを覚えています。

カステーラと言っても、“あの”カステラではありません。
ひとつひとつがたこ焼きサイズで、生地はホットケーキ
ぽいやつです。ちまたで、ベビーカステラと呼んでいる
ものがそうだと思います。
確かに、見た目はカステラではないので、それこそ外人
さんなら「Oh!カステ~ラ~!」なんて言いそうですね。
それに、祭りの屋台ですから、新種の食べ物が登場し
ても不思議ではありませんから。

オチは“超超”強引だと思っています。何の伏線もなく、
唐突に告白していますからね。
ただ、それを少しでも緩和するために「理解力と行動力
に、脱帽した」を最後に持って来ています。
日常生活には伏線なんてものはありませんから、会話
の中で流れを理解し、行動に移す・・・これがラストシー
ンになっています。
S267

web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.655-2]どんぐり

No.655-2

「小学生の時に男子の間で、ちょっとしたブームがあって」

学校の敷地内に、どんぐりの木が植えられていた。
今頃の季節は、同じように大量のどんぐりが落ちていた。

「いかに大きなどんぐりを探しあてるか、競争してたんだ」

その気になってみれば多少、大きさにバラツキがある。

「誰が始めたの?」
「・・・さすがに記憶にないな」

自然とそうなったような気がする。

「まぁ、子供がすることだからな」

大して意味の無いことに一生懸命になる。

「・・・で、一番になったらどうなるの?」
「自分が好きな女子の隣の席に座れるんだ」

担任の方針で、頻繁に席替えをしていた。
そこに目をつけた。

「席は自分たちで好きに決めてよかったので」

唯一のルールは男子と女子が隣同士に座ることくらいだった。

「・・・それなら、ストレートに言えばいいじゃん!」
「えっ!?なにがだよ」

彼女が手を差し出す。

「探してきたんでしょ?一番大きなどんぐり」

・・・だとしても残念ながら君じゃない。
S655
(No.655完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
 ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.655-1]どんぐり

No.655-1

登場人物
男性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
「・・・あっ」

思わず声が出るほど、足元から嫌な感覚が伝わってきた。

「やだ・・・汚い」
「違う!違う!アレじゃない・・・」

当然ながら勘違いしている。

「じゃぁ・・・なによ?」
「どんぐりだよ、どんぐり!」

通学途中の道に、大量のどんぐりが落ちていた。
もちろん、木に実っていたものだ。

「それを踏んづけちゃったんだ」

あれだけ大量に落ちていると、踏んづけない方が難しい。

「・・・と、言う話・・・」

彼女が不服そうな顔をしている。
まぁ、予想は出来た。

「わざわざする話?」
「季節感があって、いいじゃん」

少し前は、アレじゃないけど、似たものを踏んづけていた。
アレと同じ臭いがするものを・・・。

「・・・と言うのもあるけど、小さい頃にな」

どんぐりにはちょっとした想い出がある。

(No.655-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.654-2]おばあちゃんの記憶

No.654-2

「・・・でさぁ・・・」

思い出すのは、嫌な記憶だ。

「嫌な記憶?」

ただ、おばあちゃんがその原因だったわけじゃない。

「あぁ・・・結構、わがまま言ってた」

朝食がどうとか、あれがどうしたとか・・・。

「甘えているようで、甘えていないような」

母親が居ない寂しさをぶつけていたようにも思える。

「男の子って、そんなとこあるよね?」

結局、そんな思い出しか残らなかった。

「だから、申し訳ないことしたなって・・・」

そんなことを唐突に思い出した。

「たかが小学生レベルでしょ?」
「そんなの気にしてないわよ、おばあちゃんは」

そにしてもなぜ、唐突に思い出したのだろう・・・。
選んだパンをトレイに乗せながら、そんな疑問が頭をよぎった。
S654
(No.654完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
 ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.654-1]おばあちゃんの記憶

No.654-1

登場人物
男性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
唐突に、あることを思い出した。

「・・・おばあちゃんの記憶?」

単に祖母の記憶というわけではない。

「小学生の時かな・・・一度だけ祖母が家に来たんだよね」
「それって珍しいこと?」

そう聞かれるのも当然だろう。

「いつも、僕が祖母の家に行ってたんだ」

夏休みになると、家族と共に訪れていた。
それは親戚も同じだった。

「だから、家に来ることはなかったんだよね」

逆にそこに居なくてはならなかった。

「ところで来た理由は覚えてる?」
「もちろん!」

来た理由どころか、その時の光景が目に浮かぶほどだ。

「母が病気で数日間、入院したので」
「・・・代わりで」

つまり、母の代わりに僕たちの面倒を見てくれた。

(No.654-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

ホタル通信 No.266

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.397 宇宙の始まり
実話度:☆☆☆☆☆(00%)
語り手:女性

実話度はほぼ0%です。ふとわいた疑問を小説風な展開
にしてみました。

とは言え、唐突にわいて来た疑問ではありません。多少、
そっち系に興味があったので、日頃から疑問に思ってい
ました。
小難しい話はさておき、誰もが一度は考えたことがあるで
あろう「宇宙の果て」「宇宙の始まり」を会話の中で展開さ
せています。その流れの中で、“何かに属する”という会話
がオチに対する伏線の役割を果たしています。
ですが、オチが決まった上で、あえて伏線を用意したので
はありません。

つまり、いつもの通り、会話の流れに沿うようなオチを付け
ただけに過ぎません。ですから、先を見て物語を書き進め
ることはありません。
従って、時にはオチが出てこなくて、相当悩むことも少なく
はありません。そんな時は“思わせぶり”なオチで、逃げて
います(笑)

ところで、今回のオチは分かりますでしょうか?
この小説は、就職活動に勤しむ二人の女性・・・詳細な人
物設定はしていませんが、まぁ、大学生とでも考えて頂け
れば結構です。
なかなか属せない(=就職活動がうまく行かない)ことを少
しコメディタッチで描いたものです。
T266

web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.653-2]節目のとき~それから~

No.653-2

「・・・で、僕らの関係はテレビと同じ扱いなんだ?」

どんどん悪い方向へ話が進んで行く。
このままでは本当に壊れかねない。

「ごめん、それについては謝るから・・・」
「“それ”以外もだろ?」

そうだけど、喧嘩の原因はハッキリしない。
お互いのすれ違いが招いたものだ。

「だけど、なんで私たち言い争ってるの!?」
「きっかけは?・・・私が一方的に悪いの!?」

抑えていた感情を吐き出した。

「そ、それは・・・」

今度は彼が気後れしている。

「ごめん、言い過ぎた」
「・・・う、うん」

展開の早さに、私も一気にクールダウンした。

「あっ・・・そうだ!」

その話で思い出したことがあった。

「“大切なものほど壊れやすい”って書いてあった」
S653
(No.653完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
 ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.653-1]節目のとき~それから~

No.653-1    [No.633-1]節目のとき

登場人物
女性=牽引役  男性=相手
-----------------------------
友人との会話が現実のものとなった。
形を変えて・・・。

喧嘩の理由は、覚えていない。
・・・というより、目立った理由が見つからない。

「・・・なんだよ、その壊れるって?」
「う、うん・・・」

話の流れで、つい口から出てしまった。

「半年くらい前から・・・」

友人に話した内容をもう一度、彼にも話した。
身近な物が壊れて行く話しを。

「・・・で、なにが言いたい?」

彼の口調がやけにきつい。
答えを分かっていながら、あえて聞いているのだろう。

「あなたとの関係も・・・壊れちゃったのかな・・・って」

この話は明らかに失言だった。

「だろうな、その流れなら」
「けど、そんなつもりじゃ・・・」

彼の表情はますます厳しさを増して行った。   

(No.653-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.652-2]三輪車の犬

No.652-2

「サイズは三輪車くらいだよね?」

昔は知らなくても、“今なら”私も話ができる。

「多分そう・・・犬用の車椅子みたい」

確かに以前調べて見たら、売り物もあった。
ただ、それについてはどうも手作りっぽい。

「見た目はイマイチなんだけど・・・」

それには飼い主の愛情が込められているように感じる。

「その犬も何だか楽しそうなんだもん!」

それに懸命に歩く姿が愛おしくもある。

「それ以来、いやでも目につくじゃん、やっぱり」
「あなたが言った通り、確かに愛おしく感じるわね」

ただ、そうなる原因を作ったのは人間でもある。
ある意味、矛盾した表現だ。

「それにしても、今頃気付くなんて遅いわよ」
「だって、丁度散歩の時間に重ならなかったから・・・」

おそらく、私よりも“散歩の時間”の方が正確だろう。
その気になれば毎朝、会えるはずだ。

「だから、今度聞いて見ようかと思って!」

そう、聞いてみたいことがある。
“今、幸せ?”ってことを。
S652
(No.652完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
 ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.652-1]三輪車の犬

No.652-1

登場人物
女性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
最近、頻繁に出逢うようになった。

「・・・知ってるよ」
「私も時々、見かけるから」

学校の近くだから、見かけている人も多いのだろう。

「転校してきたから、知らないと思うけど・・・」

友人が“その昔”を話してくれた。

「当たり前だけど、自分の足で歩いていた頃もあったのよ」
「・・・事故?」
「詳しくは知らないけど、そうみたい」

しばらくの間、見かけなくなったらしい。
でも、それを気にする人はいなかったようだ。

「特別、目立っていたわけでもないし・・・」
「単に“近所の犬”って感じだもん」

友人が冷たいわけじゃない。
飼い犬なんて、学校の周りだけでも掃いて捨てるほど居る。

「そうね、単なる一匹に過ぎなかったんだけど・・・」
「・・・だけど?」

ある日、状況が一変した。

「だって、車輪を付けて散歩してるんだもん!」

ふたつの車輪が、後ろ足の代わりだった。

(No.652-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

ホタル通信 No.265

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.305 不安のタネ
実話度:★☆☆☆☆(20%)
語り手:女性

手前味噌ですが、ラストは良くできた作りになっています。
ただ、読み直してみると“あること”が頭をよぎりました。

作者は他の方々の作品を読むことが殆どありません。そ
れは作風に影響を受けたくないからではなく、アイデアに
影響を受けたくないからです。
“冬のホタル”は超短編なので、人や情景などの細かな描
写には拘っていません・・・というより、省略しています。
ですからブログの売りはスピーディな展開とアイデアだと
思っています。

従って、他の方々の小説からアイデアを盗用しないように
読まないようにしています。決してそんなつもりはなくても、
無意識にそうしてしまうこともありますから・・・。
小説を読み直してみると、ラスト付近の展開は私が初めて
書いたのではなく、既にどなたかが、書いているような・・・
そんな気がしてきました。これが、冒頭に書いた“あること”
なんです。

最後に、実話度は低めです。このような会話があったわけ
ではありません。これと似たプレッシャーが掛かる出来事
があっただけです。
それを何とか乗り越えようと、私が思い悩んで居る時に、浮
かんだストーリーです。
T265

web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »