« [No.649-2]○○が結んだ縁 | トップページ | [No.650-1]私の経験 »

ホタル通信 No.264

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.214 ワン切り
実話度:★★★☆☆(60%)
語り手:女性

今回の実話度は、衝撃度から見て少しパーセンテージを
上げてみました。

二人の会話は実際には行われていません。存在する事
実は“しばらく繋がらなかった番号に繋がってしまった”と
いうことだけです。
ただ、そのインパクトがかなり大きく、小説にも書いてある
通り、パニックに陥りそうになりました。

“元彼”と連絡が取れなくなった・・・正確に言えば、“彼”と
連絡が取れなくなりました。つまり、まだ付き合っている最
中に、連絡が取れなくなったわけです。
そこに至るまでの過程は割愛しますが、そうなる理由に心
当たりがないわけではありません。

ある日、何気なく元彼の電話番号を押してみました。
登録されている電話番号を整理するために、最後の確認
の意味で押したのが本音で、そこに何ら期待をしていませ
んでした。そこへ来て、呼び出し音が鳴り始めたものです
から、驚きは半端なものではありませんでした。
ただ、小説にも書いた通り、冷静になってみれば誰かがそ
の番号を引き継いだと考えるのが自然です。

それ以来、電話を掛けてみたことは一度もありませんし、
今後も掛けるつもりはありません。全く知らない人に、繋が
ってしまうはずですから・・・。
でも、スマホの中には今でも番号が残っています。
T264_2

web拍手 by FC2

| |

« [No.649-2]○○が結んだ縁 | トップページ | [No.650-1]私の経験 »

(110)通信No.251~275」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.264:

« [No.649-2]○○が結んだ縁 | トップページ | [No.650-1]私の経験 »