« [No.647-2]カピカピ | トップページ | [No.648-1]月の欠片 »

ホタル通信 No.263

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.212 片付かないもの
実話度:★★☆☆☆(40%)
語り手:女性

小説では彼が進学のため引っ越すことになっていますが
現実での理由は違います。

また、本当は立場も反対で、小説上の私が転勤のために
引っ越すことになりました。従って、小説を読み直して頂く
際は、立場を入れ替えてみて下さい。
ただ、会話については事実と創作が入り乱れていますの
で、実話度は抑え気味にしています。

実話をベースにした話のわりには、アイデア的に良い感じ
で話を終えることができました。つまり、ラスト付近はほぼ
創作になります。
最初から荷物の整理と見せ掛けて心の整理・・・の流れは
考えていませんでした。あくまでも実話である引っ越し、荷
物の整理を主軸として描いていました。

とは言え、その背景に、彼との微妙な関係があったことで
荷物の整理と気持ち、心の整理を引っ掛けることを思い付
きました。実際に会話はありませんでしたが、微妙な関係
だっただけに、そんな雰囲気はあったんですよ。
その一言を言ってしまおうか・・・でも、言ったら始まるのか、
終わるのか・・・結局、言えずじまいでした。
T263

web拍手 by FC2

| |

« [No.647-2]カピカピ | トップページ | [No.648-1]月の欠片 »

(110)通信No.251~275」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.263:

« [No.647-2]カピカピ | トップページ | [No.648-1]月の欠片 »