« [No.645-2]子供っぽさの反対 | トップページ | [No.646-1]もがく先には »

ホタル通信 No.262

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.344 時計
実話度:★☆☆☆☆(20%)
語り手:女性

とある想い出を語り合うパターンの小説ですが、読み返し
て見ると、あらためて懐かしさが込み上げて来ます。

まず実話度ですが、想い出自体は事実に基づいて構成
されていますが、それを二人で語り合うことは創作です。
従って、全体的には事実の部分が多いのですが、あくま
でも実話度は「現実に会話が行われたか?」をベースに
していますので、20%と低めです。

さて、当時は待ち合わせで、もめた記憶がありません。
小説にも書いた通り、そもそも「何時に」なんてものが、
なかったからかも知れません。
みんな時計や、その代わりになるものを持っていません
でしたから、逆に「何時に」と言われてもそれに合わせる
のも困難だったと思います。
それに今思えば、真っ暗になるまで遊び、家に着いた後
に「時計を見てビックリ!」なんてこともシバシバ・・・。
待ち合わせ時間もそうですが、時間を気にせずに遊んで
いた結果なんでしょうね。

ラスト付近は昔を懐かしみながら、今、自分達が置かれ
ている状況を嘆いている・・・そんな感じです。
ただ、このままラストを迎えると、少し湿っぽくなりそうだ
ったので、ありがちですが“腹の虫”を登場させました。
ここまでの流れなら、それでも不自然さはないと考えた
結果です。
T262

web拍手 by FC2

| |

« [No.645-2]子供っぽさの反対 | トップページ | [No.646-1]もがく先には »

(110)通信No.251~275」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.262:

« [No.645-2]子供っぽさの反対 | トップページ | [No.646-1]もがく先には »