« [No.643-2]心にシール | トップページ | [No.644-1]ちいさなしあわせ »

ホタル通信 No.261

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.383  雨女VS晴れ女
実話度:★☆☆☆☆(20%)
語り手:女性

最近はあまり書いてはいませんが、当ブログでは定番の
雨女(雨男)ネタですね。

いきなり手前味噌にはなりますが、他の小説よりも一般
受けしそうな感じで仕上がることが多く、この小説もなか
なか良いオチだと思っています。
実話度は雨女であるということだけが事実なので、20%
でも多いくらいでしょうか。

さて、オチの意味は分かりますか?
それほど複雑な話ではないのですが、擬音で表すとすれ
ば、一瞬「へっ!?」みたいな感じなるオチです。
少し説明すれば、雨女(小説上の私)の神通力が弱くな
っていたのではなく、晴れ女の神通力が私を上回ってい
た。だからこそ、晴れ女の力にあやかって、晴れて欲しい
“ここぞというイベント”には晴れ女を誘う。

・・・なのに、私の歓迎会には、晴れ女は呼ばれなかった。
つまり、裏を返せば私の歓迎会は“どうでもよかった”こと
になります。これがオチです。
でも、最初からオチが決まっていたのではなく、いつもの
ように何となく書き始めた上でのオチなんですよ。

手前味噌・・・と思っているのは、何の構想もなく書き始め
ても時々「!」のようなオチに行き着くことがあることに対し
てです。それに、小説は会社の昼休み時間中に1本仕上
げていますので、そのスピード感もなかなかだとは思って
います。
T261

web拍手 by FC2

| |

« [No.643-2]心にシール | トップページ | [No.644-1]ちいさなしあわせ »

(110)通信No.251~275」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.261:

« [No.643-2]心にシール | トップページ | [No.644-1]ちいさなしあわせ »