« [No.641-1]それでも好きだよ | トップページ | ホタル通信 No.260 »

[No.641-2]それでも好きだよ

No.641-2

「・・・それで?」
「赤ら顔のスタンプが返ってきた・・・かなり時間を置いて」

つまり、彼は返事に困ったのだろう。
今までの流れで行けば、同じものを返す必要があるからだ。

「がっかりした?」
「・・・どうだろうね」

スタンプからすれば決して悪い反応ではない。
けど、彼女としては“好きだよ”という文字を期待していたはずだ。

「彼も“好きだよ”って応えることは出来たと思う」
「だって、同じものを返しただけと言えば済むことだもん!」

それをあえて外した。
この場合、どう考えれば良いのだろうか・・・。
彼は彼で意識した?それとも・・・。

「スタンプの通り、照れてただけじゃないの?」
「そうかもしれないけど・・・ただね」

それから今日までLINEの反応がないらしい。

「既読にはなってるんだけど」

いわゆる既読スルーってやつだ・・・確かに心配にもなる。

「嫌われちゃったかな・・・私」

確かに告白のタイミングを誤ったかもしれない。
彼にして見れば試されている感があったのだろう・・・けど・・・。

「素直に“ごめんね”と送ってみたら?」

そしたら、同じものを返してくれるはずだ。
S641
(No.641完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
 ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| |

« [No.641-1]それでも好きだよ | トップページ | ホタル通信 No.260 »

(026)小説No.626~650」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.641-2]それでも好きだよ:

« [No.641-1]それでも好きだよ | トップページ | ホタル通信 No.260 »