« [No.639-2]再起動 | トップページ | [No.640-1]おいしいオナラ »

ホタル通信 No.259

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.398  きゅうりちん
実話度:★★★★☆(80%)
語り手:男性

自分で言うのもおかしいですが、何てことはない小説風の
小説ですね。

もともと日常をテーマにしているので、よほどじゃない限り
気の利いた話は作れません。
確かに、一般受けしそうな小説を書くことも少なくはありま
せんが、概ね、このような日常を切り取ったような話になり
ます。
気の利いた話にならない分、ネタにはあまり困らないのが
メリットです。

さて、内容に触れて行けば実話度が示すとおり、ほぼ事実
です。
ある日、メールのやり取りの中で、きゅうりを“きゅうり君”と
呼ぶようになりました。なにがそうさせたのかは分かりませ
んが、無機質に“きゅうり”と呼ぶよりは、よほど愛着が持て
ました。
単なる物体ではなく、植物とは言えやはり生き物ですから。

スクスク育つ・・・まるでそこに赤ん坊の姿を映したのでしょ
うか?だからこそ“君”ではなく、幼い響きがある“ちん”にし
たのかも知れませんね。
これについては、突っ込んで聞いたことがないので、真相
は分かりません。

もうかれこれ、4年くらいになるんでしょうか・・・家庭菜園を
誘われて始めてから。
今年のシーズンは終わって、ベランダは空のプランターが
置いてあるだけです。でも・・・ひとつ楽しみが生まれました。
それが、「No.631 夏の終わり」なんですよ。
S259

web拍手 by FC2

| |

« [No.639-2]再起動 | トップページ | [No.640-1]おいしいオナラ »

(110)通信No.251~275」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.259:

« [No.639-2]再起動 | トップページ | [No.640-1]おいしいオナラ »