« [No.635-2]忘れられない夜 | トップページ | [No.636-1]遠回りして »

ホタル通信 No.257

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.301  進化論
実話度:☆☆☆☆☆(00%)
語り手:女性

久しぶりの実話度ゼロの小説です。とは言え、話のキッカケ
となるものはありました。

自分で言うのも変ですが、内容的には“狙った”感が満載の
作品です。つまり「良いこと書いてるでしょ?」的な一種の作
者のエゴですね。このような小説は往々にして、オチにエピ
ソードを無理矢理くっつけて行くような作り方になります。
ですから、どこかスッキリしない出来栄えです。今回、読み
返してみて、自分でも「何なんだろうね・・・」と感じてしまうほ
どです。

実はオチの部分は経験談なんです。つまり、前述した話の
キッカケです。
運命的な出逢い・・・と思っていても、ちゃっかり記憶の中で
は取捨選択しています。決して好みのタイプじゃないけど、
好きになった人とかもいました。でも、いつの間にか「そんな
人は居なかった」のようになっていました。

運命の出逢いは、それこそ奇跡の出逢いではなく、在り来た
りな出逢いを繰り返して行く中で“その他もろもろ”は自分の
中で自然淘汰された産物です。
だからこそ、タイトルが“進化論”とさせてもらいました。進化
ではなにせよ“淘汰”されるのは自然の掟ですから。

T257

web拍手 by FC2

| |

« [No.635-2]忘れられない夜 | トップページ | [No.636-1]遠回りして »

(110)通信No.251~275」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.257:

« [No.635-2]忘れられない夜 | トップページ | [No.636-1]遠回りして »