« [No.633-2]節目のとき | トップページ | [No.634-1]ひとりカラオケ »

ホタル通信 No.256

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.205  特別な関係
実話度:★★☆☆☆(40%)
語り手:男性

“冬のホタル”らしい作品です。発表時期はNo.205と比較的
時間は経過していますが、エピソードは初期のものです。

前半はほぼ実話です。彼氏の悪口を本気で言う、彼女。
それを聞く立場の僕・・・。
その時、僕は一言で言えば「信頼されている特別な立場」
の人間だと思っていました。
誰にも話せないことも含めて話してくれる・・・もしかしたら
信頼以上のことが何かあるんじゃないかと期待をしていま
した。
小説にも書いた通り、その特別感は一種の優越感でもあり
本気で「彼氏に勝った」と思っていました。前述した通り、信
頼以上の期待、つまり“好意”を勝ち取ったのだと勘違する
ことになった瞬間でもあります。

後半は創作で、前半の実話を回想する形で展開して行きま
す。話は反れますが、今では珍しい登場人物が3名のパタ
ーンですね。
女友達から女子の立場でアレコレ意見も貰って、色々と気
付かされて行きます。創作ですからもちろんそんなやりとり
は実際には行われていません。あえて“気付かされる”過程
を描いてみました。
前半に登場する人物は、冬のホタルの主役と言ってもいい
「せいじゅうろう」シリーズに登場する、“菜緒(なお)”なんで
すよ。
ただ、作者は“菜緒”なのか、“僕”なのかは想像にお任せし
ますね。
T256_2
web拍手 by FC2

|

« [No.633-2]節目のとき | トップページ | [No.634-1]ひとりカラオケ »

(011)小説No.251~275」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.256:

« [No.633-2]節目のとき | トップページ | [No.634-1]ひとりカラオケ »