« [No.629-2]ラジコンカー | トップページ | [No.630-1]ふるさと »

ホタル通信 No.254

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.307  蜘蛛の糸
実話度:★★☆☆☆(40%)
語り手:女性

蜘蛛の糸が自転車に張られていたことは事実ですが、二度
も張られたことは創作です。

蜘蛛の糸そのものだけでは小説になりにくいですが、そこに
場所が加わると話が大きく展開してきます。
今回は自転車という思わぬ場所に糸が張られていたことが
小説を書くきっかけです。いつも通り、自転車で会社に行こ
うとしたら・・・と言う訳です。

別に蜘蛛がかわいいとは思いませんが、けなげに糸を張っ
ている姿を見ると、少なくとも“殺意”は芽生えません。
蜘蛛って決して害虫ではないわけですし、逆に特に家の中
にいる蜘蛛って大げさですが、“家の守り神”的な存在です。
ですから、多少気持ち悪くても「殺しちゃいけない」という心
理が家の外でも働いたと思っています。

冒頭記載した通り、小説では糸を二度張られていますが、
事実ではありません。
どうして、二度目の展開にしたかと言えば、少しだけ罪悪感
があったからです。つまり、折角の居場所を奪ってしまった
ことに対する“お詫び”みたいなものでしょうか・・・。

最後に話は少しそれますが、似たテーマで言えば時期的
に“セミ”の季節ですね。それも、これから・・・ではなく、命
が終えるほうです。ここ数年、彼らも小説のテーマを私に
与えてくれてるんですよ。
S254

web拍手 by FC2

| |

« [No.629-2]ラジコンカー | トップページ | [No.630-1]ふるさと »

(110)通信No.251~275」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.254:

« [No.629-2]ラジコンカー | トップページ | [No.630-1]ふるさと »