« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

2015年9月

[No.635-1]忘れられない夜

No.635-1

登場人物
女性=牽引役  男性=相手
-----------------------------
「今日は、楽しかったよな!」

付き合い始めて間もない彼をドライブに誘った。
ある目的のために・・・。

「うん!」

もちろん彼は本当の目的を知らない。

「すっかり、遅くなっちゃったな」

誤解されるかもしれないが、それも計画のうちだ。
逆に遅くならないと困る。
特に日が長い夏は・・・。

「平気だから、安全運転でお願いね」
「もちろんだよ!」

ハンドルを握り直す手が頼もしくもある。

「それにしても夕焼け空が綺麗だよね」
「・・・だな」

後、1時間もすれば目的の場所だ。
その場所を通り過ぎる頃は、辺りは真っ暗になっているだろう。
それまでは“それらしく”会話をしていればいい。

そろそろ目的の場所だ。
何度も通り過ぎているから暗くても分かる。

「あれ・・・何かしら?」
「・・・ん?どうした?」

知っているのにわざとらしく前方を指差した。

「ほら、あの光・・・」

(No.635-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.634-2]ひとりカラオケ

No.634-2

「でもさぁ、なんでひとりで?」
「最初はね・・・」

純粋に練習だった。
音痴でもないけど、高音が上手く出せない。

「お気に入りの歌が上手く歌えたらいいなぁ・・・なんて」

近所にひとりカラオケの店があったのも理由だ。

「週一で通いだしたら・・・」

いつの間にか、程よいストレス解消になっていた。

「今はそっちの方が目的かもしれない」

大きな声で好きな歌を歌う。
想像以上にスッキリすることがわかった。

「昨日は時間があったので、つい・・・」

普段よりも余計に歌ってしまった。

「へぇ~ストレスねぇ・・・」
「そりゃ、私だってそれなりにあるわよ!」

どうやらストレスとは無縁に見えるようだった。

「でもそれで解消できるならよかったじゃん!」

ただ、たまに行けない日があると、それがストレスになる。
S634
(No.634完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
 ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.634-1]ひとりカラオケ

No.634-1

登場人物
女性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
最初は純粋に練習のつもりだった。

「どうしたの・・・風邪?」
「えっ・・・とね」

ガラガラ声で話していたら、そう言われてしまうだろう。

「・・・風邪じゃなくて」

“今の時代”なら隠す必要もないだろう。
正直に話しておこう。

「・・・カラオケ?」
「もしかして歌い過ぎってやつ?」

「う、うん・・・恥ずかしながら」

毎週木曜日は、カラオケの日と決めている。

「で、誰と?」
「・・・私ひとりで」

若干、場の空気が張り詰めたような気がした。

「そうなんだ・・・」

今やひとりカラオケは珍しくはない。
それ専門の店やブースもあるくらいだ。
ただ、市民権を得ているかは微妙なところだ。

「そんなタイプには見えないけどね」

その言葉には色んな意味が込められているのだろう。

(No.634-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

ホタル通信 No.256

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.205  特別な関係
実話度:★★☆☆☆(40%)
語り手:男性

“冬のホタル”らしい作品です。発表時期はNo.205と比較的
時間は経過していますが、エピソードは初期のものです。

前半はほぼ実話です。彼氏の悪口を本気で言う、彼女。
それを聞く立場の僕・・・。
その時、僕は一言で言えば「信頼されている特別な立場」
の人間だと思っていました。
誰にも話せないことも含めて話してくれる・・・もしかしたら
信頼以上のことが何かあるんじゃないかと期待をしていま
した。
小説にも書いた通り、その特別感は一種の優越感でもあり
本気で「彼氏に勝った」と思っていました。前述した通り、信
頼以上の期待、つまり“好意”を勝ち取ったのだと勘違する
ことになった瞬間でもあります。

後半は創作で、前半の実話を回想する形で展開して行きま
す。話は反れますが、今では珍しい登場人物が3名のパタ
ーンですね。
女友達から女子の立場でアレコレ意見も貰って、色々と気
付かされて行きます。創作ですからもちろんそんなやりとり
は実際には行われていません。あえて“気付かされる”過程
を描いてみました。
前半に登場する人物は、冬のホタルの主役と言ってもいい
「せいじゅうろう」シリーズに登場する、“菜緒(なお)”なんで
すよ。
ただ、作者は“菜緒”なのか、“僕”なのかは想像にお任せし
ますね。
T256_2
web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.633-2]節目のとき

No.633-2

「で、結果は?」

目立って良いことは書いていなかった。
けど、決して“悪い”前兆ではないらしい。

「節目というか・・・何かが変わり始めてるんだって」

確かに、いくつか大きな変化が押し寄せている。
その内、いくつかはもう渦中にいる。

「それとね」

壊れた物が身代わりになっているとも書いてあった。

「へぇ~・・・身代わりね・・・」
「私の代わりに不幸をしょってくれてるんじゃないかと」

そう都合よく捉えている。

「案外、ロマンティックな話じゃない!」

実際、ことが大きくならずに済んでいる。

「それなら決まりじゃん!」
「だから、壊れた物に感謝してる」

それこそ科学的な根拠がないメルヘンやホラーの世界だ。
けど、今はそう思いたい。

「次、何が壊れるんだろうね!」
「ちょ、ちょっと・・・楽しんでない?」

本当は神妙な話にするつもりが、少し方向が変わってきた。

「だって、私の出番が増えるわけでしょ?」
S633
(No.633完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
 ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.633-1]節目のとき

No.633-1

登場人物
女性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
「あっ・・・」
「・・・あっ」

二度、声が出たのには、わけがあった。

「昨日、テレビが壊れちゃって・・・」
「それなら、メーカーにクレーム付けようか?」

今更ながら、友人の性格を知った。

「ま、待って!買ってからもう10年くらい経ってんだから・・・」
「・・・10年か」
「10年もてば良い方でしょ!」

この話はここまでにした方が良いだろう。
彼女の中では10年でも短いみたいだ。

「それより、これで何個目かな・・・」

昨日、驚きの声を二度あげた。
一回目はテレビが壊れてしまったことによる驚き。

「よく考えたら最近、物がよく壊れるんだよね」

二回目はそれが続いていることに気付いた驚きだ。

「始まりは半年前くらいかな・・・」

それからというもの、身近な物が壊れ始めた。

「・・・やだ・・・そんな季節は終わったじゃん」

クレームを付けることにはめっぽう強くても、そっち系は弱いらしい。

「うん、さすがに気持ち悪くて・・・」

少しネットで調べてみることにした。

(No.633-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.632-2]おねいちゃん

No.632-2

「せっかくの機会だから、連絡先交換しない?」
「LINEしてる?」

考えることもなく、返事はOKだ。

「じゃぁ・・・えっ・・・と・・・」
「それなら、こうすればいいよ」

けど、偉そうな割にはほとんど使ったことがない機能だ。

「えっ!すごい!」

スマホを借りて、“ふるふる”してみた。

「これでOKだと思う」
「へぇ~」

よくよく考えればこれが始めてかもしれない。
親戚の電話番号が入ることが・・・。

「これでいつでも会えるね」
「今度、“いとこ会”しようよ!」

通夜にも関わらず、控え室は賑やかだった。
変に湿っぽくなるよりは良い。

(おばさんも、聞いてくれてたら嬉しいな・・・)

人とのつながりは不思議だ。
僕はまた、おねいちゃんとつながることができた。
S632
(No.632完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
 ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.632-1]おねいちゃん

No.632-1

登場人物
男性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
それこそ何十年ぶりかの再会だった。

「小学生・・・以来だよね?」
「多分、そうだと思う」

記憶は定かではない。
ただ、残る写真に中学生以降に写した写真はない。

「変わったでしょ?」
「それはお互いさま」

親戚のおばさんが亡くなった。
今日はその通夜だった。

「こんな形でみんなと再会するとはね」

歳を重ねるごとに自然に足が遠のいて行った。

「仕方ないでしょ?簡単に会える距離でもないし」

遠く離れていることを理由にしていたと思う。
その気になれば何とでもなったはずなのに。

「随分とお世話になったな・・・」

正確に言えば、随分可愛がってもらった。
おばさんだけでなく、おじさんも、そして目の前の・・・。

「ここに来るのが楽しみだったし」

歳が離れていたこともあり、弟のように可愛がってくれた。

(No.632-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

ホタル通信 No.255

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.210 記事を読む理由
実話度:★★★★☆(80%)
語り手:男性

自分で言うのも変ですが、“冬のホタル”らしい作品ですね。
何が何だかよく分からない内容だと思います。

オブラートに包まずに書けば、小説上の僕が記事を読む理
由は「新聞に自殺の記事」が掲載されてないかを確認する
ためでした。
「えっー!?」と思いますよね?でも、本当のことなんです。
自殺した人が全員新聞に掲載されるとは思っていませんが
時々、掲載されていることはあります。
だからこそ、市内の記事・・・つまりローカルの話題が掲載
されている面を読むんです。

この小説は他の小説へ直接的にリンクしないものの、“死”
をテーマに取り上げた話の“ひとつ”です。
更に言えば、時系列で考えると、最後の小説とも言えます。
ある女性が死のうと試みたこと、それを前して僕に連絡をし
て来たこと、そして現場に行ったこと・・・。
これ以外にもこの一連の流れに相当する小説は数多く作っ
ています。

何度が書いていますが、冬のホタルは彼女の存在があった
からこそ生まれたようなものです。
様々な逆境の中にある彼女を世間の皆さんに知ってもらい
たかったのかもしれませんね。
T255

web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.631-2]夏の終わり

No.631-2

「まさか、うちに居るとは考えてもみなかったよ」
「でしょ~!私もそうだったもん!」

ただ、彼女から話を聞いていたせいか、免疫は出来ていた。

「で、結局なんの幼虫なの?」

心当たりはある。
小さい頃はよく虫を取ったし、育ててもいた。

「残念ながら、カナブン系だろうな」

見た目の上では、カブトムシの可能性もないわけじゃない。
だからこそあえて調べてみた。

「そうなの!?」
「特徴からすれば、多分そうだと思うよ」

期待していなかったと言えば嘘になる。
カブトムシの幼虫なら育てたかったからだ。

「それなら・・・その幼虫はどうしたの?」

とは言え、殺したり捨てたりするには忍びない。

「それなりの容器があったので・・・」
「まさか・・・育てるの!?」

けど、手厚く育てるつもりは毛頭ない。

「たださぁ・・・なんていうか・・・」

またベランダに出る楽しみが出来た。
S631
(No.631完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
 ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.631-1]夏の終わり

No.631-1

登場人物
男性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
全く予期していなかったわけじゃない。
けど、それなりにビックリはした。

「・・・以前、話してくれたよね?」

早速、昨日の出来事を話した。

「うん・・・確か去年の今頃だったよね?」

彼女とは家庭菜園仲間だ。
共に僅かなベランダながら、そこで楽しんでいる。

「・・・ということは・・・出たんだ!?」
「うん・・・出た」

話の一部だけ聞かれると、ホラー話と勘違いされそうだ。

「土を捨てようとして掘っていたら・・・」

ペットボトルを切って作った即席のシャベルだった。
それで土をすくっていた。

「丁度、頭が見えて」

すくう所を一歩間違えば、それこそ“ホラー”になっていた。

「ん!?って感じで、慎重に手で掘ってみたら・・・」
「居たんだ・・・?」

体調は2cmくらいはあっただろうか?
見覚えのあるやつがそこに居た。

(No.631-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.630-2]ふるさと

No.630-2

「・・・違う気持ち?」

5年も経てば家も、ましてや親も歳を取る。

「当たり前だけど、僕も・・・ね」

彼女の言うとおり、今まで意識し過ぎていたのかもしれない。
それが歳を重ねるに連れて薄れ始めている。

「あらためて、ふるさとっていいなぁ・・・なんて」

不思議と今までこんな気持ちになったことはない。

「あなたが言う通り、みんな歳を取ったからじゃない?」

前よりも老けた親を見た時、“ふるさと”を強く意識した。

「実家を離れるのが心寂しかったよ」

結局、姉だけではなく、弟も駆け付けてくれた。
久しぶりに家族が揃った。

「良かったじゃん」
「まぁ・・・ね」

とは言え、僕の居場所がもうないのは理解している。
僕は“お客様”として扱われているからだ。

「でも、また今度行ってみようと思う」

もうひとり、客人を連れて。
S630
(No.630完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
 ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.630-1]ふるさと

No.630-1

登場人物
男性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
「ねぇ、昨日はどうだった?」

こう聞かれるのは分かっていた。

「まぁ・・・特には・・・」
「特に・・・って、だって久しぶりの帰省だったんでしょ?」

久しぶりどころか、かなり久しぶりだった。
それもあってか、姉も実家に顔を出してくれた。

「そうだね・・・姉とは5年振りに顔を合わせたよ」
「えっ!そうなの?・・・サラッと言うわね」

理由があって、実家に寄り付かなかったわけじゃない。
きっかけと言うか、いつもタイミングを逸していた。

「きっかけ?実家に帰るのに遠慮なんて要らないでしょ?」
「そりゃそうなんだけど・・・」

自分は自分で生活の基盤も出来ている。
あえて、肩身の狭い実家に行く必要もない。

「前にも話したけど、そこに自分の居場所はないからね」

高校の卒業と共に実家を離れた。
そして実家とは遠く離れた場所で生活を始めた。

「それは私も同じだけど、意識し過ぎじゃない?」
「・・・かもしれないけど」

ただ、今回の帰省では今までと違った気持ちが芽生えた。

(No.630-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

ホタル通信 No.254

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.307  蜘蛛の糸
実話度:★★☆☆☆(40%)
語り手:女性

蜘蛛の糸が自転車に張られていたことは事実ですが、二度
も張られたことは創作です。

蜘蛛の糸そのものだけでは小説になりにくいですが、そこに
場所が加わると話が大きく展開してきます。
今回は自転車という思わぬ場所に糸が張られていたことが
小説を書くきっかけです。いつも通り、自転車で会社に行こ
うとしたら・・・と言う訳です。

別に蜘蛛がかわいいとは思いませんが、けなげに糸を張っ
ている姿を見ると、少なくとも“殺意”は芽生えません。
蜘蛛って決して害虫ではないわけですし、逆に特に家の中
にいる蜘蛛って大げさですが、“家の守り神”的な存在です。
ですから、多少気持ち悪くても「殺しちゃいけない」という心
理が家の外でも働いたと思っています。

冒頭記載した通り、小説では糸を二度張られていますが、
事実ではありません。
どうして、二度目の展開にしたかと言えば、少しだけ罪悪感
があったからです。つまり、折角の居場所を奪ってしまった
ことに対する“お詫び”みたいなものでしょうか・・・。

最後に話は少しそれますが、似たテーマで言えば時期的
に“セミ”の季節ですね。それも、これから・・・ではなく、命
が終えるほうです。ここ数年、彼らも小説のテーマを私に
与えてくれてるんですよ。
S254

web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.629-2]ラジコンカー

No.629-2

「とにかく良かったじゃん!」
「そうなんだけど・・・」

当然、外でラジコンカーを走らせた。
家の中では無理なことに加えて、もうひとつ別の理由もあった。

「お披露目というか、見せびらかす意味で・・・でしょ?」
「・・・正解」

既に持っていた近所の子らの中に、意気揚々と飛び込んだ。
そして、初走行をさせた。

「そしたら、あることに気付いて」

僕のラジコンカーはどうやら左しか曲がらない。

「壊れてたの?」
「その瞬間は、そう思ったんだけど」

よく考えれば、操作するコントローラは押しボタンがひとつしかない。
つまり、ボタンを押せば曲がる仕組みだ。

「で、みんなのコントローラを見たら」

僕と全然違った作りになっていた。
もちろん、左右どちらにも曲がれるし、バックもする。

「結構、トラウマになったよ」
「・・・かもね」

ラジコンカーを見るたびに今でもそんなことを思い出してしまう。
けど、今となっては笑い話のひとつになっている。S629
(No.629完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
 ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.629-1]ラジコンカー

No.629-1

登場人物
男性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
「どうしたの?・・・ジッと見つめちゃって」
「あぁ・・・うん・・・ほら、これ・・・」

それをひとつ手に取った。

「クルマのおもちゃ?」
「まぁ、そうだね」

女子からすればそんな程度の認識だろう。

「正確にはラジコンカーだけど」

ここの通りは、そんな物で溢れている。

「そんな趣味あったっけ?」
「いや、そうじゃないんだけど・・・」

小さい頃、ラジコンカーは憧れのおもちゃだった。
憧れだけに子供には手が出ない金額でもあった。

「今じゃ、ほら・・・」

この程度の物なら、かなり気軽に買える。
今の自分なら2、3台でも楽に買える金額だ 。

「でも、金額のことじゃなくて・・・」

手に取った理由は別のところにあった。

「小学3年生・・・だったかな?」

いきさつは覚えていないけど、ラジコンカーを買ってもらえた。

(No.629-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »