« [No.628-1]秋に触れて | トップページ | [No.629-1]ラジコンカー »

[No.628-2]秋に触れて

No.628-2

「雰囲気からして、在り来たりの答えじゃなさそうね」
「とは言え、とんでもないものでもないよ」

同僚が必死で考えている。

「人や犬猫でもないだろうし・・・」
「・・・乗り物でもないよね?」

どちらかと言えば、人や犬猫に近い。

「生物ってこと?」
「そうだよ」
「在り来たりな生物じゃないわけだし・・・」

とんでもない生物の名を言われそうな雰囲気だ。
ややこしくなる前に答えを言ったほうが賢明だろう。

「とんぼよ・・・多分、赤トンボ」
「えっ~!折角、色々考えていたのに~!」

今度、暇があったらその“色々”を聞くことにしよう。

「でね、前の方から私の顔めがけて飛んできたの」

考える間もなく、反射的に避けてしまった結果・・・。

「それで・・・汚れちゃったんだ」
「倒れた先が、草むらでよかったよ」

ススキの群生がクッション代わりになってくれた。

「できたら、もう少しスマートなかたちで秋に触れたかったけどね」S628
(No.628完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
 ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| |

« [No.628-1]秋に触れて | トップページ | [No.629-1]ラジコンカー »

(026)小説No.626~650」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.628-2]秋に触れて:

« [No.628-1]秋に触れて | トップページ | [No.629-1]ラジコンカー »