« [No.627-2]活躍の場 | トップページ | [No.628-1]秋に触れて »

ホタル通信 No.253

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.353  ひろめ
実話度:★★★☆☆(60%)
語り手:男性

たまに書くことがある“名前にまつわる小説”ですが、明るい
話ではありません。

小説後半の“ノートに落書きした”あたりから創作です。逆に
それまではほぼ事実なんですよ。
ただ、後半にも出てくる美保子(みほこ)さん自体は実在の人
物で、ひろめさんを含めて僕たち3人は同級生でした。

ある日、彼女のノートを目にした時、そこに“ひろ子”と書いて
ありました。
小学6年生にもなって自分の名前を間違える人なんて、さす
がに居ませんよね?だから、それを目にした瞬間、「もしかし
て・・・」と直感的にあることが頭に浮かびました。
僕も含めて男子としては、変わった名前をただイジっていた
感覚しか持っていませんでしたが、彼女はそうとは捕らえて
いなかったことに気付いた瞬間でもありました。

名前を書き換えていたことに僕しか気付いていなかったのは
小説の通りです。
ですが、この先の「ノートに落書きして名前を消す」という行為
は実際には行っていません。徐々にイジられることが少なくな
って行ったからです。
その理由は不明ですが、小説に書いたように「飽きっぽさもま
た小学生ならではだった」からかもしれませんね。T253

web拍手 by FC2

| |

« [No.627-2]活躍の場 | トップページ | [No.628-1]秋に触れて »

(110)通信No.251~275」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.253:

« [No.627-2]活躍の場 | トップページ | [No.628-1]秋に触れて »