« [No.625-2]歴史の時間 | トップページ | [No.626-1]“正”小説 »

ホタル通信 No.252

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.395  漢字検定
実話度:★☆☆☆☆(20%)
語り手:女性

タイトルやテーマである漢字検定から少し話は反れますが
一昔前の時代が見えてくる小説です。

「ケータイでも調べられるでしょ?」このセリフ、今なら「スマ
ホでも調べられるでしょ?」になります。
それにメールがどうのこうの・・・と書いてありますが、これも
LINEに置き換わりますよね?ホタル通信を書くにあたって読
み返した時、テーマよりも先にこのことが気になりました。

実話度は低めです。漢字検定を持っている人が居ること以
外はほぼ創作です。
いつも通り、オチを決めずなんとなく書き始めると、ごく自然
に手紙の話へと繋がりましたが、この時点でオチはまだ考え
ていませんでした。
で、そのまま書き進めていると、漢字検定と手紙の相性が良
い事に気付き、「添削」という言葉でお互いを結び付けたのが
オチになります。

ホタル通信では度々書いていますが、“商業的な小説”のパ
ターンですね。つまり、ショートショート的な構成です。ただ、
自分の作品でありながら、商業的な物はあまり好きではあり
ません。
読者の皆様には、こちらの方が良いとは思っているのですが
あえてそうしないことで、個性を出しているつもりなので、大目
に見て頂ければ。
T252

web拍手 by FC2

| |

« [No.625-2]歴史の時間 | トップページ | [No.626-1]“正”小説 »

(110)通信No.251~275」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.252:

« [No.625-2]歴史の時間 | トップページ | [No.626-1]“正”小説 »