« [No.623-2]ダイエットの教訓 | トップページ | [No.624-1]ネコの親子 »

ホタル通信 No.251

小説名:No.202  第一印象
実話度:★★★☆☆(60%)
語り手:男性 

いつものことながらホタル通信を書くにあたって、小説を読み
直してみる。あぁ、彼女の両親と初対面する話なんだと・・・。

・・・と思っていたら、最後の一行ですね。
最後の一行を読むまでそう思っていました。自分で作ったと
は言え、久しぶりに読み直したこともあり、すっかり騙されま
した。これを人は手前味噌と呼ぶんでしょうね。

実話度はそこそこ高めで、彼女の両親ではなく、飼っている
犬と初対面する話です。ありがちですが、それを隠して、さも
彼女の両親に“挨拶に行く”のようなシチュエーションを演出
しています。
小説を書き始めた時は、そんなつもりではなかったのですが
あえて描写を手抜きする手法で書くことが多いので、結果的
にこのようなかたちになりました。
普通に書いていたら「あれ?これなら・・・」と思い、あえて犬
のことには触れませんでした。

でも、彼女の両親だけでなく、そもそも“人に会う”とは書いて
いません。
そんなに意識して緻密にも書いてもいませんが、「『また来て
ね!』って言ってたわよ」「ほんと?」という会話に対して、「表
情を見れば分かるわよ」というように返しています。
つまり“声は発していない、あくまでも表情だけ”ということを暗
に説明しています。

今回は妙に理屈っぽいホタル通信ですが、この小説自体は、
No.371 誘われた夜」と「No.372 誘った夜」へリンクする話な
んですよ。
T251

web拍手 by FC2

| |

« [No.623-2]ダイエットの教訓 | トップページ | [No.624-1]ネコの親子 »

(110)通信No.251~275」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.251:

« [No.623-2]ダイエットの教訓 | トップページ | [No.624-1]ネコの親子 »