« [No.621-2]二人連れ | トップページ | [No.622-1]気になる視線 »

ホタル通信 No.250

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.350  どしゃぶりの雨の中で
実話度:★★★☆☆(60%)
語り手:女性

改めて読み直してみると、「こんなのも書いてたんだな」と
つくづく思いました。

実話度は比較的高めで、雨にまつわることはほぼ事実な
んですよ。実際、傘を買うのを躊躇した結果、どしゃぶりの
雨の中を滑走することになりました。
話は少しズレますが、全力で自転車を走らせるので“疾走”
の方が適切なのかもしれませんが、ここではあえて滑走と
いう表現にしています。半端ない大雨で道路が軽く冠水した
ような状態であったため、水上を滑るように走るイメージから
この言葉を選びました。

そのどしゃぶりの雨に、無理矢理感は否めませんが、恋愛
を引っ掛けてみました。無理矢理・・・というくらいですから、
これに関しては創作です。
ただ、ドラマや映画では見掛けなくもないシーンだと思って
います。雨と失恋・・・絵になりますよね?
失恋という心の痛手を、雨に打たれる自分で表現しているよ
うに思えます。でもそこには悲しみだけではなく、それを乗り
越えようとする決意も含まれているような気がします。

ラストの1行は最初から考えていたわけではありません。
記憶は曖昧ですが、“雨と一緒に苦しみも流れてしまえ”と
いうセリフがあったからこそ、そこから自然にラストが決まり
ました。
T250

web拍手 by FC2

| |

« [No.621-2]二人連れ | トップページ | [No.622-1]気になる視線 »

(109)通信No.226~250」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.250:

« [No.621-2]二人連れ | トップページ | [No.622-1]気になる視線 »