« [No.619-2]檻に咲く花 | トップページ | [No.620-1]血が騒ぐ夏 »

ホタル通信 No.249

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.320 靴の中から
実話度:★★★★★(100%)
語り手:男性

久々に実話度100%の小説の紹介です。小説の冒頭にも
書いた通り、嘘のようで本当の話なんですよ。

二人の関係が、彼女の彼氏にバレているかも・・・そこから
始まります。
頻繁にメールをしていたわけでもなく、ましてや電話で話し
たことは数える程度しかありません。それでも、なんとなく
感付かれていたようです。
まぁ、こんな場合を想定していたからこそ、僕のニックネー
ムは“ホタル”でした。男性とも女性とも言い難く、それこそ
源氏名でも通ります。
実際、彼女もそんな関係の仕事をしていたので、それ自体
は不自然なものではありませんでした。

靴の中からメモ書きが・・・は本当なんですよ。
連絡の手段がケータイ全盛だからこその盲点でしょうね。
でも、今考えると、こっちのほうがバレるリスクが高いのか
もしれません。
とにかく、靴の中から出てきた時は、ビックリしたものの、
彼女らしい行動に大笑いしたものです。

実話度100%な小説だけに、読み返してみるととても懐か
しく思います。大袈裟ですが、僕の人生に大きな影響を与
えてくれた彼女ですから。
T249

web拍手 by FC2

| |

« [No.619-2]檻に咲く花 | トップページ | [No.620-1]血が騒ぐ夏 »

(109)通信No.226~250」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.249:

« [No.619-2]檻に咲く花 | トップページ | [No.620-1]血が騒ぐ夏 »