« [No.617-2]ある猫の物語 | トップページ | [No.618-1]プールの時間 »

ホタル通信 No.248

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.203  夕焼けの秘密
実話度:☆☆☆☆☆(00%)
語り手:女性

簡単に言えば「なぜ夕焼け空は赤いのか?」を、かなり遠ま
わしに小説にしたものです。

小説にも書いた通り、“夕焼け空”という、聞きなれた言葉を
印象付けるために、前半はソーラー発電ウンヌン・・・とあえ
て小難しく展開させています。
従って実話度が物語っている通り、そのあたりはほぼ創作
です。

ただ、全く無関係ではなく、たまたまソーラー発電に関する
記事を読んでいた時に、天候による発電量の違いから端を
発して、そのうち夕焼け空へと繋がって行きました。
「夕焼け空はなぜ赤いのか?」メルヘンの世界だけで片付
けても良いのでしょうが、科学的な真実を知るのも興味深
いものがありますよ。

全体としてはダラダラした作りになっており、何を伝えたい
のかハッキリしない内容です。
さらにラストは夕焼けではなく、空の青さ、さらにはブルー
な気持ちです。これ、答えがありません・・・つまり、思わせ
ぶりなことを書いたにもかかわらず、想定した答えや展開
を用意していません。
だからこそ、読み手の方々で色々広げて欲しいのです。
それこそ、どこまでも広がる青い空のように。
T248

web拍手 by FC2

| |

« [No.617-2]ある猫の物語 | トップページ | [No.618-1]プールの時間 »

(109)通信No.226~250」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.248:

« [No.617-2]ある猫の物語 | トップページ | [No.618-1]プールの時間 »