« [No.615-2]追憶~その後~ | トップページ | [No.616-1]雨上がりのメリーゴーランド »

ホタル通信 No.247

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.391 知らない車
実話度:★★☆☆☆(40%)
語り手:女性

この小説は後半からラストに向かって実話度がどんどん高
くなって行く構成です。

ある時、フッと以前住んでいたアパートがどうなっているのか
気になり、グーグルマップで調べたことがことの始まりです。
ですから、小説のように話題のスイーツ店を探す行為から発
展したものではありません。

ストリートビュー機能を使って、かつての自宅前を見てみると
知らない車が停まっていた・・・これが発端です。
たかが・・・と思われるかもしれませんが、自分でも驚くほどに
切なさを感じました。
話が飛躍し過ぎているかもしれませんが、元カレにバッタリ会
って、その傍らに彼女が居た・・・ような感覚です。

借家とは言え、想い出が詰まるその場所に、表現は不適切で
すが、土足で入られたような気もしなくはありません。
ただ、小説にも書いた通り、そこにリアルな生活感を見たから
だと思います。
“想い出は美しいもの”と決め付け、きっと今でもあの時のまま
だろう・・・なんて考えていました。

ラストの二行は事実であり、実際にその場所に足を運んでみま
した・・・昔、そこに置き忘れた忘れ物をとりに。
T247

web拍手 by FC2

| |

« [No.615-2]追憶~その後~ | トップページ | [No.616-1]雨上がりのメリーゴーランド »

(109)通信No.226~250」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.247:

« [No.615-2]追憶~その後~ | トップページ | [No.616-1]雨上がりのメリーゴーランド »