« [No.613-2]雨男の正体 | トップページ | [No.614-1]掃除のおじさん »

ホタル通信 No.246

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.399 幼い恋
実話度:★★☆☆☆(40%)
語り手:男性

この小説は、悪く言えばエピソードを寄せ集めてきた構成に
なっています。

コミュニティサイトでの出会い、大きなカバン、薄化粧、かえる
のご隠居、バナナ入れ・・・これらがそのエピソードになります。
記憶は曖昧ですが、別に“集大成版”を作成しようとは思って
いませんでした。
タイトルからも分かるように、主軸はあくまでも“幼い恋”であり
それを強調させるための演出として、それっぽいエピソードを
集めてきました。

前述した5つのエピソードのうち、4つは小説化しているのです
が、1つだけハッキリとした形では小説化をしていません。
いずれのエピソードも比較的、明るい内容で、だからこそエピ
ソードとして採用したのかもしれません。
それにエピソードとしてはかなり初期のものが多く、冬のホタ
ルを立ち上げた当初の想いが再現されています。

小説上の僕(男性)と彼女・・・。
まるで、ままごと遊びのような付き合い方でした。彼女は現実
逃避することで、崩壊という魔の手から自分自身を守っていた
ように思えてなりません。
今となっては良い思いです。そんな彼女から、たくさんのことを
学び、そして僕の生き方を変えてくれました。
T246

web拍手 by FC2

| |

« [No.613-2]雨男の正体 | トップページ | [No.614-1]掃除のおじさん »

(109)通信No.226~250」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.246:

« [No.613-2]雨男の正体 | トップページ | [No.614-1]掃除のおじさん »