« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

2015年6月

[No.617-1]ある猫の物語

No.617-1

登場人物
女性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
ある猫のおかげで、その駅は息を吹き返した。

「あらためてすごい人気よね」

その猫が先日、天国に旅立った。

「思い出す・・・ね」

私たちも、その駅を訪れたことがあった。
もちろん、目的は“駅長”にあうことだ。

「猫好きとしては、外せないでしょ!」

猫好きならずとも一度は訪れたくもなる場所だ。
色々な意味で“救われた”人も多いだろう。

「そう言えばさぁ、あの時・・・」
「・・・そうそう!!」

こうして、大きく報道までされる人気者だ。
私たちの思い出も尽きることがない。

(No.617-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.616-2]雨上がりのメリーゴーランド

No.616-2

「えっ!?どこ・・・あっ・・・」

流木に混じって、一際目立つ物が流れてきた。

「傘・・・よね?」

ピンク色の傘が流れてきた。
それも逆さまに開いた状態で・・・だ。

「思い出さないか?」

彼の言葉を聞く前に、もうピンと来ていた。
昔、彼と乗ったメリーゴーランドに似てる。

「・・・アレだよね?」

普通に考えれば似ても似つかない代物だ。
でも今はそれにしか見えない。

「また乗れるかな?」
「バカ言うな・・・もう無理だよ」
「・・・だよね」

そのために駅に向かっているのだから。
だからだろうか・・・これを最後に会話が途切れてしまった。

『でも、忘れないさ・・・ずっと』

彼の最後のセリフだった。
電車が行った後に、Lineにそうメッセージが届いた。
あの写真と共に。
S616
(No.616完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
 ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.616-1]雨上がりのメリーゴーランド

No.616-1

登場人物
女性=牽引役  男性=相手
-----------------------------
川沿いの道を歩いている。
特別な意味はない。
駅へ行くのまでの合理的なルートだからだ。

「昨日、雨すごかったよね?」

それほど大きな川じゃない。
それだけに増水の名残が良く分かる。

「そうだっけ?」

あれほどの雨だ。
気付かない方がおかしい。

「ほら、色んな物も流れて来てるでしょ?」

普段はごくおとなしい川だ。
でも、今は少しだけやんちゃな状態だ。

「・・・みたいだな」

さっきから気のない返事が続いている。

「ほんと大雨の次の日って感じね」

それは私も同じかもしれない。
どうでもいい話を続けている。

「・・・あっ!アレ見てみろよ」

今までとは打って変わった彼の声だった。

(No.616-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

ホタル通信 No.247

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.391 知らない車
実話度:★★☆☆☆(40%)
語り手:女性

この小説は後半からラストに向かって実話度がどんどん高
くなって行く構成です。

ある時、フッと以前住んでいたアパートがどうなっているのか
気になり、グーグルマップで調べたことがことの始まりです。
ですから、小説のように話題のスイーツ店を探す行為から発
展したものではありません。

ストリートビュー機能を使って、かつての自宅前を見てみると
知らない車が停まっていた・・・これが発端です。
たかが・・・と思われるかもしれませんが、自分でも驚くほどに
切なさを感じました。
話が飛躍し過ぎているかもしれませんが、元カレにバッタリ会
って、その傍らに彼女が居た・・・ような感覚です。

借家とは言え、想い出が詰まるその場所に、表現は不適切で
すが、土足で入られたような気もしなくはありません。
ただ、小説にも書いた通り、そこにリアルな生活感を見たから
だと思います。
“想い出は美しいもの”と決め付け、きっと今でもあの時のまま
だろう・・・なんて考えていました。

ラストの二行は事実であり、実際にその場所に足を運んでみま
した・・・昔、そこに置き忘れた忘れ物をとりに。
T247

web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.615-2]追憶~その後~

No.615-2

「・・・仮に・・・ね」
「えっ!?なに・・・」

彼が照れくさそうに話はじめた。

「仮に僕が札幌に居たとしたら飛んで来てくれる?」
「・・・お葬式ってこと?」

彼が小さくうなづく。

「縁起でもない話・・・しないで」
「・・・だから、あくまでも仮にだよ!」

とは言え・・・可能性はゼロじゃない。

「そうね・・・行かないかも」
「そ、そうなんだ・・・」

嘘は付いていないつもりだ。

「だって、もう死んじゃった後でしょ?」
「ハッキリ、言うなぁ・・・」

だからこそ、しなくてはならないことがある。
それは、友人の死で分かったことだ。

「だから・・・」
「元気なうちに会いに行く・・・どんなことがあっても」
S615
(No.615完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
 ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.615-1]追憶~その後~

No.615-1   No.612 追憶

登場人物
女性=牽引役  男性=相手
-----------------------------
「もう、落ち着いた?」
「・・・うん、ありがとう」

あれから数週間が過ぎようとしていた。
彼に会うのも久しぶりだった。

「最後はあいにく雨だったけどね」

そんなに親しい仲ではなかった。
けど、大切な仲間のひとりだった。

「そっか・・・」

目の前の現実、そして後悔・・・。
友人の死は、私に色々なことを教えてくれた。

「今は晴れ晴れしてるけどね」

別に心情を天気に引っ掛けたわけじゃない。

「でも、大変だったな・・・距離的にも」

大阪と札幌・・・
飛行機を使えば思うほど遠くはない。
けど、その時の状況による。

「そうね、急いでる時は遠く感じる」

物理的な距離ではない。
何も考えず電車に飛び乗る・・・そんなことが出来ないからだ。

(No.615-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.614-2]掃除のおじさん

No.614-2

「居そうでいないよ、そんな人」

その言葉通りかもしれない。
見られていなかったら、手抜きする人は多いだろう。

「・・・そうだな」
「仕事って、パフォーマンスもあるわけじゃない?」
「いかにも仕事してます!って」

彼女の言葉がグサリと胸に突き刺さる。
まるで僕のことを言っているかのようだった。

「それは私も同じ」
「評価ばかり気にしてる」

もちろん、僕も彼女もそればかりじゃない。
ただ、往々にしてそんなことが多い。

「だから、掃除のおじさん・・・本当にすごいなって」

置かれている環境は違うけれど。

「自分がそうなら同じことできる自信がないや・・・」
「・・・それは私もよ、だからね・・・」

そう言葉を続けると突然、おじさんに歩み寄った。

「お疲れ様です、いつもありがとう!」

人が人を突き動かし、それがまた人を突き動かす。
S614
(No.614完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
 ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.614-1]掃除のおじさん

No.614-1

登場人物
男性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
「ほんと、感心しちゃう・・・」
「・・・何がだよ?」

週末は彼女が住むマンションで過ごしている。

「ほら、掃除のおじさんいるでしょ?」
「・・・あぁ」

エレベーターホールから少し離れた位置で床を磨いている。
僕も何度か見掛けたことがある。

「いつも熱心に掃除してるのよね!」
「だって、それが仕事だからだろ?」

僕にはごく当たり前のように映るが・・・

「あなたも同じようにできる?」
「掃除を・・・か?」

専用の道具は見えども、さほど難しくはないだろう。

「そうじゃなくて・・・」
「人が見てなくても手抜きせすにできるかってこと!」

確かに僕らを気にしている様子はない。

「いつも床とか綺麗にしてくれるんだよね」

当たり前と言えば当たり前だ。
でも彼女の言葉通り、手抜きも可能だ。
誰かがいつも見ている訳じゃないからだ。

(No.614-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

ホタル通信 No.246

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.399 幼い恋
実話度:★★☆☆☆(40%)
語り手:男性

この小説は、悪く言えばエピソードを寄せ集めてきた構成に
なっています。

コミュニティサイトでの出会い、大きなカバン、薄化粧、かえる
のご隠居、バナナ入れ・・・これらがそのエピソードになります。
記憶は曖昧ですが、別に“集大成版”を作成しようとは思って
いませんでした。
タイトルからも分かるように、主軸はあくまでも“幼い恋”であり
それを強調させるための演出として、それっぽいエピソードを
集めてきました。

前述した5つのエピソードのうち、4つは小説化しているのです
が、1つだけハッキリとした形では小説化をしていません。
いずれのエピソードも比較的、明るい内容で、だからこそエピ
ソードとして採用したのかもしれません。
それにエピソードとしてはかなり初期のものが多く、冬のホタ
ルを立ち上げた当初の想いが再現されています。

小説上の僕(男性)と彼女・・・。
まるで、ままごと遊びのような付き合い方でした。彼女は現実
逃避することで、崩壊という魔の手から自分自身を守っていた
ように思えてなりません。
今となっては良い思いです。そんな彼女から、たくさんのことを
学び、そして僕の生き方を変えてくれました。
T246

web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.613-2]雨男の正体

No.613-2

「それで、研究の成果は?」
「そうねぇ・・・」

正直、彼女の言うことを信じてはいない。
けど、絶対に有り得ないかと言われると、強くは否定できない。

「なにか分かった?」

単なる都市伝説やオカルトでは片付けない。
あくまでも科学的にアプローチするところは評価できる。

「成分の殆どが“やさしさ”で構成されてることが分かったわ」
「・・・なんだよ、それ・・・」
「だから、雨男の正体よ」

意味がよく理解できない。

(・・・正体?)

「科学的にアプローチしてみたわ」
「雨男さんは、ほとんどやさしさで出来てるみたい」

「・・・ちょ、ちょっと待ってよ!?」

急な話の展開に戸惑っている自分がいる。

「じゃあ、残りの成分は何なんだよ?」

とりあえず、話の腰を折ってみた。

「私のことが好きみたい」

さすが研究者だ・・・データに誤りはない。
S613
(No.613完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
 ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.613-1]雨男の正体

No.613-1

登場人物
男性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
「ねぇ、昨日どうだった?」
「どう・・・って」

うそを付く必要はない。
正直に事実を伝えるまでだ。

「あっ!やっぱり!」

嬉しそうな表情がなんとも腹立たしい。

「これでまたひとつ“観測データ”が増えただろ?」
「そう怒らないでよ・・・真剣に調べてるんだから」

僕が雨男であることは疑いのない事実だ。
昨日も回復に向かっていた空が急変した。

「昨日もさ・・・外に出た途端だぜ?」

乾き始めていた道路に大粒の雨が踊った。
偶然で片付けるレベルはとっくに過ぎている。

「だから、こうやって調べてるんじゃない?」

僕の体が天候に何らかの影響を及ぼしている。
彼女はそう考えているようだ。
研究室に勤める彼女らしい発想だった。

「あくまでもプライベートな“趣味”としてね」

体の分子がどうとか雨の分子とか・・・大真面目に説明してくる。

「・・・僕への興味は尽きないだろ?」
「まぁね」

研究対象として僕は、このうえない上物だろう。

(No.613-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.612-2]追憶

No.612-2

「・・・今日ぐらい、晴れてくれればいいのにね」

今日はあいにくの雨だった。
それも手伝って、余計に悲しみが増して行く。

「私たちはここでお別れね」
「・・・そうだね」

関係者がそそくさと乗り込むバスを遠くから見ていた。
別れが近づくにつれ、雨足も強くなってきたように感じる。

「悲しみの雨・・・か」

友人がポツリとつぶやいた。

「そうかもね」

単なる偶然でも、今はそう思いたい。

「喜んでいるのはカエルだけね」
「ん?あぁ・・・アレね」

雨足に呼応するかのように、田んぼからの鳴き声が大きくなる。

「でも、あの人ならこっちじゃない?」
「・・・どういう意味?」

笑顔が絶えない人だった。

「悲しみの雨じゃなくて、喜びのカエルかな・・・なんて」

バスが視界から消えようとしている。
それに合わせ、カエルの鳴き声もやさしく消えて行った。
S612
(No.612完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
 ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.612-1]追憶

No.612-1  [No.588-1]トナカイのかぶりもの

登場人物
女性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
「・・・そう」

訃報はいつも突然だ。
心の準備など待ってはくれない。

「昨日・・・だって」

昨日、自分は何をしていたのだろう・・・。
あらためて問い直してみた。

「あれから、数ヶ月よね?」
「そうね」

あれからとは、私たちが写メを送った時からだ。
大真面目なトナカイのかぶりものだった。

「すごく喜んでくれてたよ」
「・・・というより、大笑いされた」

それでいい。
目的は大いに果たした。

「昨日・・・普通にショッピングして、カフェでお茶して・・・ね」
「・・・分かってる」

しばらく沈黙が続いた。
訃報を聞いて思い出した・・・そう言えば闘病していたことを。

「出てくる涙も何に対しての涙なんだろう?」

出てくる涙が嘘っぽい。
今は自分で自分を責めていたい。

(No.612-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

ホタル通信 No.245

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.317 胸が見えた!? 
実話度:★★☆☆☆(40%)
語り手:男性

タイトルにもなっている「胸が見えた!?」はエピソードとして
も、それを彼女に伝えたことも事実です。

高校生の時つきあっていた彼女と、とある公園へ行き、よくそ
こで話し込んでいました。暗くなるのも忘れて。
その時、ベンチらしきものに並んで座るため、どうしても彼女
を横から見る格好になってしまいます。
夏場になると薄着になることもあって、ある日、小説のように
ブラウスに隙間があり、下着がチラチラ見えていました。もし
かしたら誘惑されていたかもしれませんね。

「普通、言わないんじゃない?」という元カノのセリフは文字か
ら受ける印象ほど、冷たくもなく、怒った様子もありませんでし
た。多少の驚きと照れがあったように記憶しています。
冬のホタルでは珍しい、そっち系の話ですが、これも青春の1
ページだと思って読んで頂ければ幸いです。

いつも通り、事実をもとに淡々と書き上げ、ラストの展開にも
困った記憶はありません。
手前味噌にはなりますが、ラストを決めずに書き進め、それ
なりのラストを迎えられるのは不思議と言えば不思議です。
事実と創作を織り交ぜることで、ラストには「こうあって欲しい、
こうなって欲しい」という願望を書くことが多いのではと思って
います。

今回は、そっち系ながら、少し「クスッ」と笑っていただけるラ
ストで締め括りました。
T317

web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.611-2]心にキラリ

No.611-2

「拾えない!?」
「危険なもの?それとも重量物?」

そのどちらでもない。

「スパナよ」
「・・・ネジなんか回すやつだっけ?」

役目は違うけど、イメージはできているようだ。

「そうよ、それの小さいタイプかな?」

もっと大きなものを見たことがあるからだ。

「それなら簡単に拾えるじゃない?」
「それがね・・・埋まっていたの」
「・・・ん?」

意味は伝ってもすぐには理解できないだろう。

「アスファルトの道路にね・・・埋まっていたの」

もちろん、初めてそんな光景を見た。

「1ヵ月前くらかな・・・」

確か、その道路の舗装工事をしていた記憶がある。

「その時に誤って埋めてしまったんじゃないかな」
「それは珍しい光景ね」

あの道を通る人はみんな驚いているだろう。

「きっと友達とかに話してるんじゃない?キラキラしながら」
S611
(No.611完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
 ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.611-1]心にキラリ

No.611-1

登場人物
女性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
(・・・えっ!?)

通り過ぎてから驚いた。
反射的に振り向き、あらためてそれを確認した。

「朝からツイてたわね?」
「100円?それとも500円?」

「・・・どっちでもない」

今朝、道路にキラリと光るモノを見つけた。

「なんだ・・・50円か・・・」

確かに銀色に光る・・・とは言った。
けど、それがお金であるとは言っていない。

「お金に似た何かを、間違えて拾った話?」
「まぁ・・・良くあることよ」

突っ込みたくなる自分を抑えた。

「あのね・・・」

勝手に話を広げて、勝手に結論付けている。

「拾ったのは・・・」
「・・・違う!違う!そもそも拾ってないし!」

いつの間にか、友人のペースに引きずり込まれていた。

「じゃあ、何が落ちてたのよ?」

確かに道路にそれは落ちていた。
決して拾うことは出来ないが・・・。

(No.611-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »