« [No.605-2]カワイイうそ | トップページ | [No.606-1]天候不良 »

ホタル通信 No.242

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.388 想い出の道 
実話度:★☆☆☆☆(20%)
語り手:男性

冬のホタルでは、それぞれの小説が複雑に絡み合っている
ことが少なくありません。この話もそのひとつです。

この小説で言う想い出の道とは「No.302 早すぎたメール」に
登場した道です。そして、No.302を始まりとして様々な話へリ
ンクして行きます。
暗に別れを切り出されたメールの話、それから数ヵ月後に再
びメールが届く話・・・などへと展開して行きます。
そもそも初期の冬のホタルを支えてくれていた人物ですから
遠まわしにその人物を描いた話が必然的に多くありました。

話を戻すと、想い出の道に良い想い出はありません。むしろ
苦い想い出です。一瞬の判断の誤りから二人の関係がギク
シャクし始めた道ですから・・・。
ただ、ある日、偶然その道を通ることになった時、その苦さも
随分和らいでいました。あの時はあの時で、精一杯だった自
分を思い出すと、今となっては笑ってしまうほどです。

あらためて、関連する話を読み直していると、ついあの頃を想
い出してしまい、今回はかなり書き終わるまでに時間が掛かっ
たホタル通信になりました。
T242

web拍手 by FC2

| |

« [No.605-2]カワイイうそ | トップページ | [No.606-1]天候不良 »

(109)通信No.226~250」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.242:

« [No.605-2]カワイイうそ | トップページ | [No.606-1]天候不良 »