« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月

[No.610-2]恐竜と怪獣

No.610-2

世界的なキャラクターと言えども、案外そんなものだ。
ましてや、男子のエリアだ。

「ゴジラはそっちだよ」

彼女が手にしたのは、ゴジラではなく恐竜だった。
正確には、ティラノサウルスだ。

「へぇ~そうなんだ・・・」

僕からすれば、ふたつは全くの別物だ。
色も形もまったく異なる。

「みんなゴジラだと思った」
「・・・だと思ったよ」

無理もないだろう。
その証拠が、このふたつの存在なんだから・・・。

「証拠?」
「あぁ・・・母親も同じように間違ってね」

クリスマスのプレゼントにサプライズで貰った。

「ゴジラだよ・・・ってね」

今思えば、別の意味でサプライズだった。

「おかげで、ふたつ貰うことになったけどね」
S610
(No.610完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
 ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.610-1]恐竜と怪獣

No.610-1

登場人物
男性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
「これ、ゴジラだよね?」
「そうだよ、よく知ってるね」

ただ、ここからが問題だ。

「小さい頃、母親に買ってもらったものだよ」

かなりの年代ものだ。

「そんな雰囲気あるよね~」

確かに見た目は随分、痛んではいる。
それにところどころに落書きもしてある。

「じゃぁ・・・そのゴジラ、取ってくれないかな?」
「いいよ」

意地が悪いけど、ちょっと彼女を試してみた。

「案外、軽いのね」

案の定とは、このことだ。

「これさぁ・・・」
「ゴジラじゃないんだよね・・・」
「えっ!うそでしょ!?」

彼女が手にとったのは、ふたつある内のひとつだった。
ゴジラは彼女が手に取らなかった方だ。

(No.610-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

ホタル通信 No.244

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.304 言えない一言
実話度:★★★★☆(80%)
語り手:男性

今年の4月14日に、「No.600 ふたりの行方」を発表しました。
ごく簡潔に言えば、過去の出来事を振り返っている話です。

実はその「ふたりの行方」で振り返っている過去の出来事が
No.304になります。ただ、内容は全く同じもではなく、やや切
り口を変えています。
No.600で振り返った過去は、部屋を借りる、借りないの葛藤
をサラリと描いたものに対して、No.304は泥臭く、お金を絡ま
せて、その葛藤を描いています。
セリフのひとつひとつに目を向けると、創作の部分も少なくな
いのですが、全体的な雰囲気や流れはほぼ事実です。

わけありな彼女との出逢いが、良くも悪くも僕の生活を一変
させたのは間違いありません。
ホタル通信でも何度か書いていますが、ブログを始めた切欠
も、そして今でもこうして続けているのは、その彼女が影響し
ているからです。

「一緒に暮らそう」と言うセリフが何度も口から出そうになりま
したが結局、伝えることができませんでした。間もなくして、突
然彼女と音信普通になってしまうからです。
それが最近発表した「No.608 消えてしまいたい」なんですよ。
T244

web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.609-2]超前向き

No.609-2

「・・・うそでしょ!?」
「そんなビックリしないでよ、たかが2時間くらいよ?」
「たかがじゃないよ!その距離は・・・」

でも不思議と辛くはなかった。
むしろ、今の私には丁度良かった。

「・・・丁度良い?」
「うん、ダイエット中だし」

もしかしたら、これが歩こうと思ったきっかけかもしれない。

「ほんと、前向きね」
「そう?」

自分ではあまりそんな風には思わない。

「いざとなったら、歩いて帰れることが証明できたし」

いわゆる帰宅難民は免れそうだ。

「無茶したらダメだよ」
「分かってる・・・あっ!そうだ・・・」

少し離れた位置に私鉄が走っていることを知った。
その駅から歩いて15分程度・・・といったところだった。

「今回の一件がなかったら・・・」

新しい発見はなかったかもしれない。

「・・・さっきの“前向き”って言葉取り消すわ」
「“超”!前向きよ、あなたは」

S609
(No.609完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
 ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.609-1]超前向き

No.609-1

登場人物
女性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
「昨日は本当にまいったわね・・・」

朝からそのセリフをあちらこちらで耳にする。
無理もないだろう・・・あれだけ電車が止まれば。

「・・・の割には、やけに涼しい顔じゃない?」
「そうかな?」

改札を通った後に、事態に気付いた。
確かに私も、それに巻き込まれた。

「私なんか、3時間も足止めされて」

ホームは人で溢れていた。
丁度、大学の下校時間に重なったことも影響した。

「女子会には行けなくなるし・・・」
「最悪の日だったわ」

ホームでは怒号が飛び交っていた。
そのほとんどが、恐らく大学の女子だっただろう。

「私はそうでもなかったわよ」
「彼にでも迎えに来てもらったわけ?」
「・・・居ないの知ってるよね?」

すぐに異変に気付いて、あわてて改札へUターンした。

「でも、他に交通手段ってあった?」

自宅に帰るには、その電車しかない。

「ううん、だから歩いて帰ったの」

(No.609-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.608-2]消えてしまいたい

No.608-2

「正直、分からない」

電話もメール繋がらない。
だから、本当にどうなっているか分からない。

「その彼女がさ・・・そんなことをよく口にしてたから」

死ぬことに恐れはない。
けど、命を絶つことに抵抗がなかったわけじゃない。

「その葛藤の先にあったものが、それだと思う」

実際、その現場にも出くわしたこともある。
彼女の涙を見て、ようやくその意味が分かった気がした。

「その時は、未遂で終わったんだけどね」

だから、日々その不安を抱えていた。
そこに来て、突然連絡が途絶えてしまった。

「心配ね・・・」
「あぁ・・・無事を祈るばかりさ」

どこかで生きていて欲しい。
そんなことを想う、毎日だった。

「根拠は何もないけど生きてるわよ、きっと!」

彼女の言葉は誰よりも説得力がある。
S608
(No.608完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
 ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.608-1]消えてしまいたい

No.608-1

登場人物
男性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
「どうしたの?テレビに見入っちゃって・・・」
「ん?ちょっとな・・・」

とある有名人が亡くなった。

「ファンだっけ?」
「いいや、全然・・・」

名前を知っている程度だ。
その人が活躍していた時代までは知らない。

「そのわりには、何か言いたそうじゃん」
「ほら、遺書にさ・・・」

ちょっと引っかかるものがあった。

「消えてしまいたい・・・ってあっただろ?」

死を前にしながらも“死んでしまいたい”ではない。
“消えてしまいたい”だからだ。

「以前・・・身近な人もそんなこと言ってたんだ」

当時はどちらも同じ意味だと思っていた。

「・・・聞きにくいけど・・・今、その人は?」

ある日突然、連絡が途切れた。
あれから、もう5年にもなる。

(No.608-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

ホタル通信 No.243

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.299 スクラッチ&ビルド
実話度:★★☆☆☆(40%)
語り手:女性

小説の主軸と言ってもいい“会社の女子寮”ですが、これに
ついては事実ではありません。

ただ、これを正確に書いてしまうと作者の自分像が特定され
てしまうために、あえて伏せさせて頂きますね。
男子寮かもしれませんし、社宅かもしれませんし、はたまた
大学の女子寮かもしれません。

いずれにせよ、その建物が取り壊されることになり、そのこ
とに軽く一喜一憂しているさまを描いたものです。
ふと、気付いたのですが、冬のホタルでは“建物”に関する
話も少なくありません。
特に、“あったはずの建物がなくなった”から、展開する話が
代表的な例です。

ラストの部分は、小説ほど大袈裟ではありませんが、建物
がなくなってみて、初めて隣に公園があったことに気付きま
した。
実は、建物がなくなったことより、公園を見つけたことの方が
印象的であり、これが小説を書くきっかけになりました。
S243

web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.607-2]謎のヒーロー

No.607-2

「問題?」

もしかしたら、ちょっとどころではないかもしれない。

「なんの人形か分からなくて」

つまり、何のキャラクターなのか・・・。

「普通、流行りや人気のヒーローとかだろ?」

けど、一度も見たことがないものだった。

「それに・・・」

子供から見ても作りが雑で、安物感が半端ない。
おもちゃ屋ではなく、スーパーに売ってそうなものだった。

「うれしいやら悲しいやらで複雑な心境だったな」
「でもね・・・当時、親ってそんなに情報通だった?」
「そんな時代じゃなかったような気がする」

確かにそうかもしれない。
それに良い意味で、親子には距離があった時代だ。 

「精一杯の愛情表現だったと思うな」
「・・・それは分かっているつもりだよ」

実際、子供ながら気を使った覚えがある。
無邪気に喜んで見せた。

「良い想い出じゃない?」
「まぁね・・・けど想い出とはちょっと違うかな」

色も形も随分と変わってしまったそれを今でも持っているからだ。
S607
(No.607完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
 ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.607-1]謎のヒーロー

No.607-1

登場人物
男性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
「ねぇ、母の日は何にするの?」
「そうだな・・・」

・・・とは言え、答えは決まっている。

「いつも通り花かな?」

ただ、花の種類や色は変えているつもりだ。

「案外、悩むよね」
「けど、誕生日に・・・というわけにはいかないもんな」

もう、誕生日を祝う歳でもない。
それにお互い照れくさくもある。

「悩むと言えば・・・」

僕らが悩むのと同じように母も悩んでいたはずだ。

「・・・悩む?」
「あぁ・・・小学生の時だったかな?」

僕の誕生日に母からプレゼントを貰ったことがある。
毎年の恒例行事ではなかっただけに驚いた。

「なに貰ったの?」
「それが、さぁ・・・」

今でもハッキリ覚えている。
肌色一色のゴムで出来た人形・・・。

「手のひらサイズだったかな?」

ただ、ちょっとした問題があった。

(No.607-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.606-2]天候不良

No.606-2

「種まきした途端、これなんだもん!」

雨や曇りの影響で気温も下がり気味だった。

「心配で心配で」
「農家の人と同じね」

ある意味そうだ。
作物の生育は、天候次第だからだ。

「で、大丈夫なの?」
「うん、とりあえず芽は出てきたよ」

ようやく、産声を上げ始めた。
土を押しのけて生まれて来た姿が何とも力強い。

「来週からは良い天気がしばらく続くそうよ」
「そうだと良いんだけどね」

これから一気に成長する時期に入る。
水やりも大変ながら苦にはならない。

「ところで、何育ててたんだっけ?」
「きゅうりとトマトよ」

育て方も簡単で、そこそこ収穫も期待できる。

「そうなの!?なら、来週からちゃんと晴れてもらわないと!」

きゅうりとトマトが大好物らしい。
S606
(No.606完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
 ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.606-1]天候不良

No.606-1

登場人物
女性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
(今日も・・・か)

振り返ってみれば、晴れた日は数える程度しかない。
そんな数週間だった。

「そんなに天候を気にするタイプだっけ?」
「アウトドア派じゃないよね?」

矢継ぎ早に友人から質問を浴びせられる。

「う、うん・・・基本インドアなんだけど」

特にスポーツもしていないし、屋外での趣味もない。
ただ、数年前からベランダ菜園を始めた。

「ほら、植物の生育には適さないでしょ?」
「・・・そう言えば、毎年ベランダで何か育ててたわね」

まだ友人には“何か”のレベルしかない。

(まぁ、そんなに積極的には話してないからだけど・・・)

「うん・・・」
「・・・でね、今年も種まきしたんだ」

寒さも和らいだ、ある暖かい日を選んだ。

「そのまま、この天候が続くと思ってたから」

けど、種まきした翌日はどんよりした曇り空だった。
それが結果的に、しばらく続くことになった。

(No.606-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

ホタル通信 No.242

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.388 想い出の道 
実話度:★☆☆☆☆(20%)
語り手:男性

冬のホタルでは、それぞれの小説が複雑に絡み合っている
ことが少なくありません。この話もそのひとつです。

この小説で言う想い出の道とは「No.302 早すぎたメール」に
登場した道です。そして、No.302を始まりとして様々な話へリ
ンクして行きます。
暗に別れを切り出されたメールの話、それから数ヵ月後に再
びメールが届く話・・・などへと展開して行きます。
そもそも初期の冬のホタルを支えてくれていた人物ですから
遠まわしにその人物を描いた話が必然的に多くありました。

話を戻すと、想い出の道に良い想い出はありません。むしろ
苦い想い出です。一瞬の判断の誤りから二人の関係がギク
シャクし始めた道ですから・・・。
ただ、ある日、偶然その道を通ることになった時、その苦さも
随分和らいでいました。あの時はあの時で、精一杯だった自
分を思い出すと、今となっては笑ってしまうほどです。

あらためて、関連する話を読み直していると、ついあの頃を想
い出してしまい、今回はかなり書き終わるまでに時間が掛かっ
たホタル通信になりました。
T242

web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.605-2]カワイイうそ

No.605-2

「フンは沢山落ちていたわね」

友人が悩まされる理由が分かる。
この距離で鳴かれた確かにたまらない。

「まぁ、最近はあまり見掛けなくはなったけど」
「まだバチあたりなことしてるわけ?」

悩まされているとは言え、友人の行動は好きじゃない。

「たかが懐中電灯よ?」
「・・・そうだけど」

特に動物好きじゃないけど可哀想な気がする。

「その効果で最近は見掛けなくなったのよ?」
「そのうち居なくなるわよ」

そりゃ、暗闇でそんなことされたら・・・。

「もう・・・ほどほどにね」
「ハイハイ!ところでさぁ・・・」

明日は休みでもあり、長い夜になりそうだ。
頼むから、明日の早朝は静かにしていて欲しい。
せっかくのウソがバレないためにも。
S605
(No.605完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
 ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.605-1]カワイイうそ

No.605-1  No.578 バチあたりな行動

登場人物
女性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
「ねぇ、居た?」
「えっ!?何の話・・・」

友人の家に入るや否やそう聞かれた。

「誰か居るわけ?」
「・・・ある意味そうね」

その割には、深刻な顔はしていない。

「もしかして、アレの続き?」
「そうよ!よく気付いたわね」

かれこれ数ヵ月前にさかのぼる。
友人からある話を聞かされた。

「まだ、悩まされているの?」
「ううん、今はそんなんでもない」

ただ、全くのゼロでもないらしい。

「あらためて聞くけど、居た?」
「・・・居なかったわよ」

友人宅は初めて訪れた。
でも、散々話を聞かされていたせいで自然にそこに目が向いた。

(No.605-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.604-2]道すがら

No.604-2

「普通に食べて飲んで終わったけど・・・」

結局、彼とは一言も言葉を交わさなかった。

「うそでしょ!?」
「半径1m以内にも入らなかったわよ」

チャンスはあった、何度も。
でも、不思議とそんな気持ちにはならなかった。

「念のため確認するけど・・・好きなんだよね?」
「好きよ、とっても」

自分の言葉に矛盾を感じないわけではない。

「だったらなんで・・・」
「だから、言ったでしょ?」
「良い天気だって」

バーベキューの会場は最寄駅からやや距離があった。
でも、道すがら心地よい風と木漏れ日が私を後押ししてくれた。

「意味わかんない!?」
「だから、そういうこと」

自分でも不思議だと思う。
確かに駅を降りるまでは意気揚々だったからだ。

「道すがら・・・ねぇ・・・」
「会場に着く前に、もう十分!って感じだったの」
S604
(No.604完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。

ブログランキングへ
 ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.604-1]道すがら

No.604-1

登場人物
女性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
「ねぇ、ねぇ!昨日はどうだった?」

いつになく、友人の声が弾んでいる。

「どう・・・って・・・」
「またまた!もったいぶらないで教えてよ?」

友人が聞きたいことは分かっている。
昨日の今日だ・・・アレしかない。

「良い天気だったよね」

じらすつもりはないが、実際良い天気だった。

「・・・で、来たんでしょ、カレ?」

関係ない話には乗ってこないみたいだ。

「来たわよ」
「それで、進展はあった?」

通う大学で好きな人が出来た。
そのことを友人に打ち明けていた。

「今時、大学生にもなって片思いなんて流行らないわよ?」

その言葉通り、片思いのままだった。

「お肉のひとつでも当然、焼いてあげたんでしょ?」
「それとも、食べさせてあげたとか!?いやだぁ!」

あることないことひとりで盛り上がっている。

(No.604-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »