« [No.601-2]大切なものはなにか | トップページ | [No.602-1]チャレンジャー »

ホタル通信 No.240

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.384 青空に聞く
実話度:★★☆☆☆(40%)
語り手:男性

言い訳がましいですが、冬のホタルはあくまでも「小説風」
なので、いわゆる“伏線”をあまり仕込んでいません。

・・・ですが、時々、意図的に伏線を仕込むことがあります。
今回の小説で言えば「自分の存在を否定しようと“行動”に
出るんだ」の部分が、それに該当します。
当然、伏線があるいうことは、それに呼応する部分もあるわ
けです。

その呼応する部分は後ほど・・・ということで、実話度につい
て少し書いておきます。
登場人物や場所についてはすべて創作であり、元カノ自体
や元カノにまつわる部分が事実です。
なぜ、青空と元カノの話を結びつけたのか、正確には覚えて
いませんが、誰かを想う時、フッと青空を見上げることが多い
ため、自然とそうなったような気がしています。

さて、後回しにした呼応する部分ですが、それはラストの2行
になります。
オブラートに包まず書けば「生きて青空を下から見上げてい
る」と「亡くなっていて空の上から見守ってくれている」という
ことになります。
つまり、伏線の部分は“自ら命を絶つ行動”と言い換えること
ができます。

ホタル通信にも何度か書いたこともありますが、冬のホタル
の原点は、このような小説たちです。
逆に、作者に筆を取らせたのも間違いなく、小説上の元カノ
なんですよ。
T240

web拍手 by FC2

| |

« [No.601-2]大切なものはなにか | トップページ | [No.602-1]チャレンジャー »

(109)通信No.226~250」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.240:

« [No.601-2]大切なものはなにか | トップページ | [No.602-1]チャレンジャー »