« [No.599-2]お手入れ | トップページ | [No.600-1]ふたりの行方 »

ホタル通信 No.239

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.393 恋の練習
実話度:★☆☆☆☆(20%)
語り手:男性

作者が男性か女性は別にして、「元カレあるいは元カノに似
ていたから」という部分は事実です。

小説上の私(男性)が彼女を選んだ理由は、もちろん顔だけ
ではありませんが、大勢の女性の中では、どうしても目が行
ってしまうのは避けられません。
ただ、元カノに似ているからではなく、単に顔の好みだけの
ことかもしれず、自分ではよく分かっていません。
ですから、気付いてみれば外見的に、似たような人を好きに
なることが多いような気がします。

そんなこんなを小説にしてみようと書き始めましたが、意外な
ほど早く書き終えることができました。
オチは、現在の彼女が「自分は元カノに似てるから選ばれた」
となる部分を逆手にとった感じです。
「過去の恋は私と恋をするための練習に過ぎない」というわけ
です。実際、そんな感じの彼女でしたから。

あまり良いイメージではないかもしれませんが、今でも好意を
抱く人は、同じような顔の人です。
前述したように、これが生まれつきそうなのか、最初に付き合
った人の影響なのかは分りません。
少なからず、面影を重ねながらも、性格までもが同じというこ
とはなく、そのギャップに一喜一憂するのもまた恋愛の楽しみ
なんでしょうね。
T239

web拍手 by FC2

| |

« [No.599-2]お手入れ | トップページ | [No.600-1]ふたりの行方 »

(109)通信No.226~250」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.239:

« [No.599-2]お手入れ | トップページ | [No.600-1]ふたりの行方 »