« [No.597-2]資格取得 | トップページ | [No.598-1]風化 »

ホタル通信 No.238

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.379 中華街
実話度:★★★★★(100%)
語り手:女性

登場人物の設定とラストを除いては、ほぼ実話と言って良い
でしょう。

あまり意識はしていませんが、冬のホタルには“ハト”がよく
登場します。出会う機会が多い、身近な存在だからかもしれ
ませんが、小説にも書いたように彼らに苦笑させられることが
シバシバあります。
もはや、立派にレギュラーの存在感で、今となっては欠かせ
ない存在です。こうしてホタル通信を書いている最中も、ひと
つの出会いがありましたから。

さて、実話度は100%なので、読んでいただいた通りの内容
です。
経験上、ハトには丸々と太ったイメージしか持っていなかった
のですが、中華街で出会ったハトはそれとは大きくかけ離れ
ていました。
場所柄、おこぼれにあずかることが多いと思っていただけに
そのギャップが筆を取らせるきっかけだったことを、今でも覚
えています。
そんな彼らに対して「肉饅頭の欠片を落とす」という行為は、
実際にはしていません。その時は不思議と、そうしようとは思
いませんでした。

ただ、なんか憎めない奴らなんですよね。人間社会に溶け込
んで必死に生きている姿に、何かを重ね合わせているんでし
ょうか・・・。
S238

web拍手 by FC2

| |

« [No.597-2]資格取得 | トップページ | [No.598-1]風化 »

(109)通信No.226~250」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.238:

« [No.597-2]資格取得 | トップページ | [No.598-1]風化 »