« [No.603-2]未来への伝言 | トップページ | [No.604-1]道すがら »

ホタル通信 No.241

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.376 御札の効果
実話度:★☆☆☆☆(20%)
語り手:女性

この話は、とある小説と少なからずリンクしています。その
小説の後日談的な立ち位置です。

その小説は「No.112 願い事~鈴虫寺から~」であり、真相
は「ホタル通信 No.014」で書いたとおりです。
早い話、鈴虫寺に行った本当の目的を、No.376で描いてい
ます。
ただ、自分でもビックリするほど、かなり後にこの話を書いて
います。その理由はあるような、ないような・・・。

後日談的ではありますが、実話度は低めです。全体的には
創作で、所々のニュアンスが実話です。
“悪いことが続いた”のは事実であり、厄年と相まったから
こそ、御札を買おうとなったわけです。
別に御札の効果を本気で信じていたわけではありませんが
そうでもしないと心穏やかではいられませんでした。

さて、その御札は今でも名刺入れに忍ばせています。
苦しかったこと、辛かったこと・・・一番身近で感じとってくれ
たでしょうから。
T241

web拍手 by FC2

| |

« [No.603-2]未来への伝言 | トップページ | [No.604-1]道すがら »

(109)通信No.226~250」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.241:

« [No.603-2]未来への伝言 | トップページ | [No.604-1]道すがら »